テニス ラケット

スマッシュ

スマッシュでガシャる人は、「ボールが近付いて来てから」打点を決めようとし過ぎている

スマッシュのチャンスで、当たり損ない、試合で多いですよね。

何気ないようなポイントですが、こういう人はなかなか直らないでしょう。

ガシャってしまう原因、が分かっていないですし、改善策が無いですからね。

スマッシュの打点、自分で一定に保てれば強いですよ。

 

スマッシュでガシャる人は、「ボールが近付いて来てから」打点を決めようとし過ぎている

 


 

1.上手い人は、毎回同じ打点

スマッシュも、打点は一定。

これがテニスでの大原則です。

下がりながら厳しいスマッシュを打つ時も、自分の中で「ここで打つんだ」というポイントがあるはず。

このポイントからずれてしまうから、ガシャってしまう。

毎回同じような打点で打てる人は、それだけでミスが少ないですしね。

相手のロブを追いかけながら、自分のいつもの打点をイメージする。

この決断力、の速さが大事です。

 

2.決めるのが遅い人は、結果的に待っている

ロブが落ちて来るのを待ってスマッシュ、こういう人はミスが多い。

待って待って、良いところで打とうとしても、なかなか上手く打てないでしょう。

自分の打点があるなら、そこから逆算して速く動く。

速く打点に入って、自分から上方向に打ちにいく。

これが大事、なんですよね。

決断が遅い自分に気付かないと、試合でスマッシュはガシャってばかり。

苦手意識がずっとぬぐえないまま、ですよ。

 

3.早く決めるから改善出来る、成長出来る

「でも、どこに落ちて来るか分からないから・・・」と、不安な方も多いでしょう。

気持ちは分かりますが、だったら大胆に失敗しても良い。

予測して、ここだ!と思ったところが外れたら、それも良い経験。

しっかり外したら、何が要因だったのか、自分の想定はどうだったのか、を本気で考えるようになりますよね。

スマッシュが苦手な人は、これが出来ない。

最後の最後まで、自分の調整が効くと思ってるんです。

それは、大きな間違い。

素早く動くためにも、速い決断力が大事。

そしてその速い決断があるからこそ、打点が一定に保てるんです。

 

4.頭上よりも、少し後頭部よりが打ちやすい

では、その肝心の打点について。

私は、スマッシュは頭上よりも少し後ろ目、が打ちやすいと思っています。

後ろに傾きながらでも打ちやすいし、下がりながらのスマッシュに向いている。

ここで一定の打点で打てるようになっておくと、すごく実戦向きのテクニックになります。

頭上、だと甘いロブしか打てないですよね。

試合では、厳しいボールを後ろに追いかけてのスマッシュばかり。

しっかりと、自分の打点を確認しておきましょう。

 

いつもスマッシュは、ここで打つ!と決めておく。

当然、厳しいロブはそうもいかないケースもあるでしょう。

本来、それはハイボレーでカット、ですね。

スマッシュはいつも、同じ打点、身体の位置で。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. スマッシュ

    「逆クロス方向への構え」を基本に考えると、スマッシュはもっと楽に打てる!

    スマッシュに苦手意識を持っている方は、シンプルに得意のコースを一つ作る…

  2. スマッシュ

    高いロブでのスマッシュは、「自分のイメージよりも早く」上方向にラケットを降り出そう

    高いロブ、皆さんはスマッシュでしっかり打ち切れていますか?高い…

  3. テニス ロブ

    スマッシュ

    テニスの試合、下がりながらのスマッシュは「ラケットを振る腕と反対の脚を上げる」ことでバランスを取りや…

    下がりながらのスマッシュ、ダブルスでもシングルスでも打つ機会が多いと思…

  4. テニス サーブ

    スマッシュ

    身体を後ろに傾けて打つスマッシュ、が実は9割

    スマッシュを試合の中で打つイメージ、皆さんはどんな「身体の使い方」を想…

  5. テニス リターン

    スマッシュ

    スマッシュを打った後、スタンス広めで次に備えること

    テニスの実力が一番現れるショット、はスマッシュ。と何度か書いて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    前衛を視界に入れながら後衛に打つ、ショットのレベルを上げよう
  2. テニス ダブルス

    サーブ

    「なぜアノ人は上達が早いのか?」テニス初心者でもサーブの上達が早い人の特徴5つ
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「目の前のリード」など、一瞬の安らぎにもならない
  4. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミ…
  5. テニス 読書

    その他

    その瞬間、瞬間を必死に戦えば、同じような場面でいずれ余裕が出てくるはず
PAGE TOP