テニス ラケット

スマッシュ

スマッシュでガシャる人は、「ボールが近付いて来てから」打点を決めようとし過ぎている

スマッシュのチャンスで、当たり損ない、試合で多いですよね。

何気ないようなポイントですが、こういう人はなかなか直らないでしょう。

ガシャってしまう原因、が分かっていないですし、改善策が無いですからね。

スマッシュの打点、自分で一定に保てれば強いですよ。

 

スマッシュでガシャる人は、「ボールが近付いて来てから」打点を決めようとし過ぎている

 


 

1.上手い人は、毎回同じ打点

スマッシュも、打点は一定。

これがテニスでの大原則です。

下がりながら厳しいスマッシュを打つ時も、自分の中で「ここで打つんだ」というポイントがあるはず。

このポイントからずれてしまうから、ガシャってしまう。

毎回同じような打点で打てる人は、それだけでミスが少ないですしね。

相手のロブを追いかけながら、自分のいつもの打点をイメージする。

この決断力、の速さが大事です。

 

2.決めるのが遅い人は、結果的に待っている

ロブが落ちて来るのを待ってスマッシュ、こういう人はミスが多い。

待って待って、良いところで打とうとしても、なかなか上手く打てないでしょう。

自分の打点があるなら、そこから逆算して速く動く。

速く打点に入って、自分から上方向に打ちにいく。

これが大事、なんですよね。

決断が遅い自分に気付かないと、試合でスマッシュはガシャってばかり。

苦手意識がずっとぬぐえないまま、ですよ。

 

3.早く決めるから改善出来る、成長出来る

「でも、どこに落ちて来るか分からないから・・・」と、不安な方も多いでしょう。

気持ちは分かりますが、だったら大胆に失敗しても良い。

予測して、ここだ!と思ったところが外れたら、それも良い経験。

しっかり外したら、何が要因だったのか、自分の想定はどうだったのか、を本気で考えるようになりますよね。

スマッシュが苦手な人は、これが出来ない。

最後の最後まで、自分の調整が効くと思ってるんです。

それは、大きな間違い。

素早く動くためにも、速い決断力が大事。

そしてその速い決断があるからこそ、打点が一定に保てるんです。

 

4.頭上よりも、少し後頭部よりが打ちやすい

では、その肝心の打点について。

私は、スマッシュは頭上よりも少し後ろ目、が打ちやすいと思っています。

後ろに傾きながらでも打ちやすいし、下がりながらのスマッシュに向いている。

ここで一定の打点で打てるようになっておくと、すごく実戦向きのテクニックになります。

頭上、だと甘いロブしか打てないですよね。

試合では、厳しいボールを後ろに追いかけてのスマッシュばかり。

しっかりと、自分の打点を確認しておきましょう。

 

いつもスマッシュは、ここで打つ!と決めておく。

当然、厳しいロブはそうもいかないケースもあるでしょう。

本来、それはハイボレーでカット、ですね。

スマッシュはいつも、同じ打点、身体の位置で。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. スマッシュ

    「ダブルスのスマッシュ、打っていない方は何してる?」細かい意識の差が、ダブルスの実力差です

    ダブルスのペアでスマッシュが強い、という印象はどういう時に抱きますか?…

  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    テニスにおいて、「前方向に移動しながらのスマッシュ」は意外と難しいので、しっかり練習しておきましょう…

    スマッシュと聞くと後ろに下がりながら打つ機会が、圧倒的に多いイメージが…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「コートに叩き付けて相手に触らせないスマッシュ」を、最低限ネット近くでは打てるよう磨きましょう

    スマッシュをしっかり決めきる、というのはテニスの試合で最重要項目ですが…

  4. テニス ロブ

    スマッシュ

    スマッシュを安定させるなら、スウィング後半はゆったりと

    スマッシュは力強く・・・でも、それって危険。試合で、なかなか入…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュのフットワークが遅い人のほとんどは、「身体が正面向きで足が運べない」から遅くなる

    スマッシュはラケットワークと同じくらい、フットワークが重要な技術。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    ナダル選手の強みである、「相手を走らせて自分のフォアハンド側を空けて待つ」作戦を…
  2. その他

    「中学生なら高校生、高校生なら大学生」と、次のステージのテニスは早めに観て感じて…
  3. テニス ダブルス

    リターン

    優れたダブルスプレイヤーは、同じリターンを3回連続では打たない
  4. テニス 錦織圭

    その他

    「とりあえず上手い人を真似てみて、型から入る」ことが出来る人は、テニスの上達が早…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    リターン強打が得意な相手には、スライスサーブが有効な理由
PAGE TOP