テニス ダブルス

スマッシュ

スマッシュがなぜ難しいのか、一番はコレです

上手い人は決める、そうじゃない人はミスする。

これが一番差になるショット、はスマッシュでしょう。

試合に強い選手って、まずスマッシュをミスしない、安定感がある。

なぜ、テニスにおけるスマッシュは難しいのか。

私が考える一番の要因、をまとめてみたいと思います。

 

スマッシュがなぜ難しいのか、一番はコレです

 


 

1.一言でスマッシュと言っても・・・全然違う!

例えば、ネット近くでのスマッシュ、それとベースライン近くでのスマッシュ。

この2つのショットは、全く別物、でしょう。

私は打ち方も変えますし、考え方も変える。

でも、これを同じと考えている人、多いと思います。

だから、試合でミスになるし、なかなか改善策が見いだせない。

試合でのスマッシュって、練習と違ってすごく深い位置、から打つこともあるじゃないですか。

こういうスマッシュは、ハッキリ何かを変えないとダメ。

ネット際で打つのとは、訳が違いますからね。

 

2.まず、狙う場所を変える

私は、スマッシュでまず狙う場所を変えます。

ネット近く、で打つスマッシュはなるべく相手コートの浅い場所を狙って叩きつける。

2バウンド目は出来れば相手を越えて、壁のネットに当たるくらいハッキリ高く弾ませたい。

でも、下がって打つベースライン付近からのスマッシュは、そうはいかないですよね。

出来るだけ相手コート深く、を狙うようにして長く打つ。

この違い、をハッキリ作ることがまず大切。

自分のポジションによって、狙う場所を変えれば意識も変わる。

打ち方も、当然変わって来ますよね。

 

3.ネット近くでは打点を前、ベースライン付近では少し後ろ

私は2.の打ち分けを、自分の打点で変えています。

ネット近くで叩き付けるなら、打点はハッキリ前。

そして、少し低くても良い。

手首を使ってボールの上を触って叩く感じ、ですね。

でも、ベースライン付近まで下がって打つ時は、少し打点を後ろに設定します。

イメージは、スピンサーブのような感じ。

実際にロブが厳しくて、こんな感じで打つ機会も多いですからね。

打点が後ろだと下には叩けないので、自然とボールは直線的か少し山なり、になります。

これで良い、相手コート深くに打つには、これくらいで良いんです。

少し苦しい態勢、で打って良い。

深い位置からのスマッシュは、打点が前だと逆に難しいでしょう。

 

4.「何を変えるのか」を明確にしよう

私は打点、を変えます。

みなさんは、何を変えますか?

それくらい、ハッキリとしておかないと、スマッシュは使い分けられない。

テニスにおけるスマッシュは、実は何種類もあるショットである、ことをまず自覚しましょう。

ネット近く、ベースライン近く、では全く違うショットになる。

だから、差をつけないと安定しない。

何を変えるのか、をイメージしながら練習出来ると確実に安定感は増します。

 

深いロブを打つスマッシュ、以上にネット近くでのスマッシュも難しい。

テニスって、そうじゃないですか?

普段の練習で、深いロブだけじゃなく浅いロブ、も練習しましょう。

自分でどこを変えて打つのか、を明確にしながら。

何種類も、試合ではスマッシュを打つんだと。

心に決めて、コートに入りましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    大事なポイントでのスマッシュは、打った後も空を見続けよう

    「ここを決めれば、勝ち!」のマッチポイント。自分の頭上にロブが…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス 前衛

    スマッシュ

    ロブを多用してくる相手には、どこかで先読みして下がらないと相手のペースになる

    ロブが得意な相手、女性の方でも多いですよね。こういう相手は、ど…

  4. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「ボールの落下点真下」に入ると、意外とスマッシュは打ち辛い

    スマッシュを打つ時の落とし穴。特に、厳しいロブよりも甘いロブ、…

  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

    頭上のショットは、人によって得意不得意が出やすい部分。アナタ自…

  6. テニス 練習

    スマッシュ

    スマッシュのコース、「迷ったら逆クロス方向へ」で決めて打ち切るようにすれば振り切れます!

    試合の中で大事な場面、スマッシュを打てるチャンスが巡ってきた・・・。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. メンタル

    「相手の好プレーに影響されてすぐムキになる人」ほど、対戦相手としてやりやすい相手…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの神様がいるのなら、アナタ自身は「テニスコート上でいつも試されている」とい…
  3. リターン

    「トップスピンストレートロブリターン」をダブルスの試合で打てると、安全かつ確実に…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サービスゲームで優位なカウントでは、積極的に「緩いサーブ」もファーストに入れてい…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    敗けた試合で、「自分のテニスが出来なかった・・・」と感じている人は、「なぜさせて…
PAGE TOP