テニス サーブ

リターン

左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう

スライスサーブに関しては、右利き相手でも同じですが・・・これが基本。

テニスのリターン、前に入ってリターンしないと鋭いサーブは返球出来ない。

これにプラスして、相手にばれないポジショニング、も意識していきましょう。

上のレベルのサウスポーは、アナタが思っている以上に色々なコースを準備しています。

 

左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう

 


 

1.曲がりを鋭くさせているのは、実はアナタ自身

「いやー、アイツのサーブは本当にすごい、曲がるよ・・・」と、負けた選手からの言葉。

ん?でもよく考えて欲しい。

その曲がり・・・を、助けているのはアナタ自身、じゃないですか?

確かに良い回転がかかったサーブを相手は打っている、でもアナタ自身のポジションが後ろだと、「曲がる為の時間」を作ってあげているだけ。

変化出来る空間、時間があるから、ボールはどんどん変化していく。

これを消す、ことはテニスで出来ることなんです。

 

2.どんな鋭いスライスサーブも、変化は基本「バウンド後」

空中よりも、バウンド後、にサーブは鋭く変化していく。

バウンドした瞬間が、一番横に滑るようにして変化して、その後もグイグイ曲がる。

テニスでは、バウンド前にリターンは出来ませんが、バウンド後ならいつ触ってもOK。

前に入るのも、どこまで前に入ってもルール違反にはなりません。

だったらなるべく、バウンド後からインパクトまでの時間を短くすることで・・・曲がりを「抑える」ことが出来るはず。

ただし、強い相手はセンターへのコントロールサーブも持っているはず。

ここを打たれると、確かに辛い。

でもまずは、しっかりワイドのスライスサーブから潰してこのセンターのサーブを引き出していく。

心理戦に持ち込むには、そこからです。

 



 

3.曲がりが少ないサーブなら、インパクト重視でコンパクトに

ただ、やはり前に入ることで「スピード」には対応しないといけない。

重たいサーブ、になるので自分でインパクトで負けないラケット面作り、に集中する。

しっかり打点に顔を残して前、で捕らえることが出来れば大丈夫。

曲がりの変化が少ないけど、速いサーブ、を自分から選択していく。

リターンは待ってるだけじゃだめ。

自分から選択して、戦う場所を選んでいく。

その覚悟を持って、左利きのスライスサーブにも挑んでいきましょう。

 

左利きのサーブ、苦しんでいる自分を卒業する。

その為には変化の理解と、選択の勇気。

技術がそれに付いて来る、つもりで意識して練習してみましょう。

右利きの選手しかいないチームでも、スライスサーブを打つ、対応する、という練習は絶対に大事。

試合で必ず、相対することになりますからね。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合のリターンは、パートナーに「どう返す予定か」は伝えよう

    ダブルスの試合、リターンで大事なこと。それは、レベルに限らずコ…

  2. リターン

    テニスのリターンで構えるときの基本は、「ワイドに速いサーブは捨てる」ことも大事

    テニスの試合のリターン、あえて言わせて頂きます。皆さん、「漠然…

  3. テニス ストローク

    リターン

    速いリターンで、サーバーはリズムを崩していく

    どんなにサーブが得意な選手でも、試合では必ずメンタルに左右される。…

  4. テニス ストローク

    リターン

    ダブルスのストレートアタックを成功させたいなら、リターンのポジションを1m前に設定しよう

    ダブルスの試合で、リターンに苦手意識がある人は、まずポジションを変えた…

  5. テニス ステップ

    リターン

    テニス選手なら身に付けたい、「リターンのときのスプリットステップのタイミング」とは?

    ストロークは得意なんだけど、リターンが苦手という人は多い。一番…

  6. テニス クレーコート

    リターン

    なぜフェデラー選手のリターンが凄いのか、を分析してみると・・・?

    昨日のウィンブルドン決勝、ご覧になった方も多いと思います。フェ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    予測力を磨けば「スマッシュは返球できる!」テニスの試合に必要な予測力とは?
  2. テニス 雨

    その他

    「リーダー作り」テニス部の部活動に必要なリーダーの育成について
  3. テニス 走力

    戦術

    ミスのレベルを上げていく、ことこそテニス選手としての成長
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    回り込みフォアハンドに必要な、クロスオーバーステップを使っていこう!
  5. テニス クレーコート

    サーブ

    「前後より上下動」テニスの試合ではサーブも横向き意識が重要!
PAGE TOP