テニス サーブ

リターン

左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう

スライスサーブに関しては、右利き相手でも同じですが・・・これが基本。

テニスのリターン、前に入ってリターンしないと鋭いサーブは返球出来ない。

これにプラスして、相手にばれないポジショニング、も意識していきましょう。

上のレベルのサウスポーは、アナタが思っている以上に色々なコースを準備しています。

 

左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう

 


 

1.曲がりを鋭くさせているのは、実はアナタ自身

「いやー、アイツのサーブは本当にすごい、曲がるよ・・・」と、負けた選手からの言葉。

ん?でもよく考えて欲しい。

その曲がり・・・を、助けているのはアナタ自身、じゃないですか?

確かに良い回転がかかったサーブを相手は打っている、でもアナタ自身のポジションが後ろだと、「曲がる為の時間」を作ってあげているだけ。

変化出来る空間、時間があるから、ボールはどんどん変化していく。

これを消す、ことはテニスで出来ることなんです。

 

2.どんな鋭いスライスサーブも、変化は基本「バウンド後」

空中よりも、バウンド後、にサーブは鋭く変化していく。

バウンドした瞬間が、一番横に滑るようにして変化して、その後もグイグイ曲がる。

テニスでは、バウンド前にリターンは出来ませんが、バウンド後ならいつ触ってもOK。

前に入るのも、どこまで前に入ってもルール違反にはなりません。

だったらなるべく、バウンド後からインパクトまでの時間を短くすることで・・・曲がりを「抑える」ことが出来るはず。

ただし、強い相手はセンターへのコントロールサーブも持っているはず。

ここを打たれると、確かに辛い。

でもまずは、しっかりワイドのスライスサーブから潰してこのセンターのサーブを引き出していく。

心理戦に持ち込むには、そこからです。

 



 

3.曲がりが少ないサーブなら、インパクト重視でコンパクトに

ただ、やはり前に入ることで「スピード」には対応しないといけない。

重たいサーブ、になるので自分でインパクトで負けないラケット面作り、に集中する。

しっかり打点に顔を残して前、で捕らえることが出来れば大丈夫。

曲がりの変化が少ないけど、速いサーブ、を自分から選択していく。

リターンは待ってるだけじゃだめ。

自分から選択して、戦う場所を選んでいく。

その覚悟を持って、左利きのスライスサーブにも挑んでいきましょう。

 

左利きのサーブ、苦しんでいる自分を卒業する。

その為には変化の理解と、選択の勇気。

技術がそれに付いて来る、つもりで意識して練習してみましょう。

右利きの選手しかいないチームでも、スライスサーブを打つ、対応する、という練習は絶対に大事。

試合で必ず、相対することになりますからね。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス シングルス

    リターン

    デュースサイドを手堅く、アドバンテージサイドで冒険

    これは、私がシングルスの試合で考えていること。リターンをずっと…

  2. テニス ストローク

    リターン

    片手バックハンドのリターンは、ココを意識すると上手くいく!

    バックハンドを片手にしてみたいけど、問題があって・・・。そう、…

  3. リターン

    両手バックハンドリターン、肩をぶつけるつもりでアタックしよう

    両手バックハンドリターンで、コントロール良く攻撃していく。その…

  4. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合の「ブレイクポイントでの勝負強さ」、必要なのはメンタルでしょうか?

    テニスの試合、相手のサービスゲームをどこでブレイクするのか。拮…

  5. テニス サーブ

    リターン

    センターへの厳しいサーブは、振り遅れて逆クロスくらいでちょうど良い!

    ストロークもリターンも、基本は打点を前!と、何度も書いてきました。…

  6. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合は、前に踏み込んでリターンするから最高のポーチ予防になる!

    ダブルスの試合、いかにポーチに出るのが大事か・・・を、何度か書いてきま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    雨の後のオムニ、男性は注意!
  2. テニス スライス

    ストローク

    テニスの試合では「浅いボールにいかに早く気付けるか」が、ストローク戦の結果を大き…
  3. テニス メンタル

    戦術

    「挽回っ!」という言葉だけ出す癖、負け癖への第一歩
  4. テニス 前衛

    ロブ

    ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で大事なのは、「ボールがバウンドした地点ではなく、バウンド後の伸び」…
PAGE TOP