テニス メンタル

スマッシュ

スマッシュの基本は、相手に優位性を渡さないこと

特にダブルスの試合、ではこの意識が大事。

無理に決めよう、として深いロブを無理して強打する必要はありません。

相手のポジションを確認しながら、スマッシュを続けること。

これが、勝てるダブルスのネットプレーの考え方です。

 

スマッシュの基本は、相手に優位性を渡さないこと

 


 

1.下がった相手に、スマッシュを続けることが大事

2人が前で、相手2人は後ろ。

こういうダブルスの陣形になって、スマッシュ対ロブ、というような場面、試合でありますよね。

アナタ側がスマッシュを打つ側、だったとしたら、必要な意識って何でしょうか?

私は、とにかく「スマッシュを打ち続けること」だと思います。

相手に優位性を渡さない。

これだけ考えておけば、ダブルスの試合はすごく楽。

みなさん、とにかく早く決めようと焦り過ぎだと思います。

 

2.相手のロブは、いつか甘くなる

スマッシュを続けていれば、いつかは甘くなる。

この甘いロブ、を引き出す為にもスマッシュを打ち続けることが大事。

深いロブでも、しっかりスマッシュを打つ。

その威力、は落としてもOK。

安易にハイボレー、で処理したら相手は一気に攻勢に出て来るでしょう。

スマッシュを続けていれば、必ずロブは甘くなる。

続けていくリズム、が大事になります。

 

3.深いポジション、でロブを待っても良い

相手が下がっているなら、こちらも少し下がる。

サービスライン付近に立っても良いでしょう。

この位置から、深いスマッシュを続けていく。

甘くなったら、角度を付ける。

深いロブは、相手コートのセンター深くを狙って、打ち続ける感じでOK。

プロ選手の試合でも、下がった相手に無理せずスマッシュを打ち続ける試合、は多いです。

下がられたら、そう簡単には決まらないですからね。

 

4.続けてロブ、「嫌だな」と思ったら負け

ここで根負けする人、はダブルスで勝てない。

何度でもロブ、「自分のところに飛んでこい!」と思えるようにならないと。

スマッシュで粘る、という意識は大事。

この決意がある人は、そう簡単にミスしない。

決めるのかつなぐのか・・・迷っているから、ミスしてしまうんです。

ですので、普段の練習から、ロブ対スマッシュ、を続けることはすごく大事。

これ、本当に見落とされがちですが良い練習なんですよね。

 

相手に、ロブを打たせるスマッシュ。

遅いけど深い、ようなスマッシュをしっかり続けて打てるように。

下がった2人を相手に、ロブで粘られてスマッシュ側がミス・・・。

の後に、試合の流れは大きく傾いていきます。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    深いロブのスマッシュは、後ろに傾きながら打って良い

    深いロブも、スマッシュで。これは、私自身がテーマに置いているポ…

  2. テニス サーブ

    スマッシュ

    意外とスマッシュ時に、横向きが出来ていない人が多い

    スマッシュの基本、だけど試合では難しいこと。横向きを作ってしっ…

  3. テニス ボレー
  4. テニス ロブ

    スマッシュ

    スマッシュを安定させるなら、スウィング後半はゆったりと

    スマッシュは力強く・・・でも、それって危険。試合で、なかなか入…

  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    テニスのスマッシュは、手打ちで全然良い

    「ストロークが手打ちになってるよ!」と、いつも怒られているみなさん。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスでポイントを失った時は、「ペアにゴメン、ではなく次にどうするか!」を伝え…
  2. メンタル

    「なぜアイツはいつも、強いのか‥?」と考えたときに、勝利への飢えが差になっている…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「セカンドサーブが入らない、ダブルフォルトするの」はメンタルが弱いのではなく、技…
  4. テニス リターン

    メンタル

    出る杭を伸ばすチームと、自分自身の心を
  5. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスの試合で「試合巧者」と呼ばれる選手は、相手の心を折るのが上手い選手です
PAGE TOP