テニス ストローク

スマッシュ

スマッシュの決定力を磨きたければ、サイドライン狙いでコートから追い出すイメージを!

スマッシュを打っても打っても、決まらない・・・うちに、ミスしてしまう。

強い選手って、絶対にスマッシュを決める、それも1発で。

その秘密は、コース取りの意識にあるのです。

 

スマッシュの決定力を磨きたければ、サイドライン狙いでコートから追い出すイメージを!

 

相手に触らせない為に、狙いはサイドライン

深いスマッシュは、下がれば取れる。

特に粘って足が速い、シコラータイプの選手はスマッシュを拾うのも慣れたもの。

ベースラインより深い位置で構えられたら、シングルスの試合でもなかなか決まらない。

ましてやダブルスなら2人いるので、より難しい・・・。

発想を変えて、しっかりサイドラインに狙いを置く。

それも、サービスラインより浅い位置、を狙ってみる。

そうすることで、「相手に触らせない」ようなスマッシュ、にしていくことが出来ます!

 

浅い位置に打ち込めば、触れないスマッシュになる

触れないスマッシュ、には良い浅さがある。

パチン!と打ってバウンドを高くする、またはスライス回転をかけて逃げていくような軌道にする。

言葉で言うほど簡単じゃないですが、まずはやってみないと話が始まらない。

ネットから近い位置、からのスマッシュは積極的にサイドラインを狙う。

この意識で、しっかりコースを狙っていきましょう。

 

ダブルスの試合であれば、シングルスサイドラインを狙う

やっぱりミス、は怖い。

ので、ダブルスの試合でも狙いはシングルスのサイドラインでちょうど良い。

多少ずれてもイン、になりますし、スマッシュ以外のショットでもシングルスコートに収める意識を持てれば気持ちも楽。

シングルスのサイドラインに弾ませる、ことが出来ればほとんどのスマッシュは触れない軌道になるはず。

「初心者だから、スマッシュは打つので精一杯で・・・」

という方ほど、最初から良いイメージを養うことが大事。

サイドライン狙いのスマッシュ、試してみて下さい。

 

実は、意外と簡単です。

なぜかって?

スマッシュでも何でも、「狙い」を作った方が楽だからです。

何も狙いがはっきりせずに、結論が出ずに・・・打つスマッシュ、ありませんか?

そこを直すだけで、だいぶ決定力は上がるはずです!

 

今回のまとめ

サイドライン狙いのスマッシュを身に付ければ、決定力が上がって試合に勝てる

 

関連記事

  1. テニス 準備

    スマッシュ

    テニスの試合で、「発想の転換でスマッシュ上手になれる」為に必要な意識とは?

    スマッシュは特に、パワフルなショット、というイメージが皆さんの中にはあ…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    「リストワークでコースを変える」スマッシュを身に付けるとテニスの試合でポイントを獲りやすい

    スマッシュのコースをギリギリまで隠す。テニスの試合でこれをやら…

  3. スマッシュ

    もしアナタが、「スマッシュに苦手意識」があるなら、最初の一球で相手を騙し通そう

    テニスの試合、アナタはどんな「武器」で勝負しますか?こういった…

  4. スマッシュ

    ダブルスの前衛にいて、「スマッシュが苦手なら後ろポーチ」を実践すれば、相手はロブを上げにくい

    ダブルスの前衛にいると、どうしても落ち着かない。なぜかと言うと、と…

  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

    頭上のショットは、人によって得意不得意が出やすい部分。アナタ自…

  6. テニス ストローク

    スマッシュ

    ダブルスの試合、「スマッシュのコースで迷ったらまずはセンター!」と割り切って打つこと

    スマッシュには決断力が不可欠。特に低くて速いロブに対しては、打…

最上部レクタングル広告

スカイクレイパー広告枠

  1. テニス 練習

    ストローク

    ラリー練習をしていて、「相手が打ったノーバウンドで飛んできて、アウトしそう・・・…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「下がりながらの守備的なハイボレー」は、後ろ足をしっかり止めると…
  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう
  4. ダブルス

    「モテモテダブルスプレーヤー」には共通点がある!テニスの試合で使える奴になろう
  5. ストローク

    シングルスの試合で、バックハンドを集中攻撃されて負ける人は、「ストロークのコース…
PAGE TOP