ストローク

シングルスの試合で、バックハンドを集中攻撃されて負ける人は、「ストロークのコース取り」を間違えている可能性大

ストローク、バックハンドに悩みを抱えている方はまだまだ多い。

試合では、当然相手にも狙われますよね。

ですが、このモヤモヤを抱えたままでは、アナタは強くなれない。

そもそもバックハンドが苦手なのに、「バックハンド側に来やすい」ような配球になってはいませんか?

 

シングルスの試合で、バックハンドを集中攻撃されて負ける人は、「ストロークのコース取り」を間違えている可能性大

 


 

■バックハンドが苦手なのに、バックハンドの打ち合いで挑んでいないか?

シングルスの試合を観ていて、一番気になるのはこのポイント。

バックハンドが苦手、なのに相手にバックハンドでの打ち合いを挑んでいるような選手が多い。

自分のバックハンドに打たれる機会、自分で増やしてしまっている方が多いんです。

例えば、相手のバックハンドを自分から狙う。

そうなると、当然クロス方向で自分のバックハンドに打たれる可能性は増えてくる。

相手がバックハンドが得意な選手なら、もう勝負有り。

クロスのバックハンドの打ち合いになっては、勝てないでしょう。

 

■バックハンド側を狙われたくなければ・・・どうする?

私なら、右利きの相手ならフォアハンドに積極的に展開する。

なるべく相手を向かって左側、に寄せておけばそこからダウンザラインがキレイに入らないと、自分のバックハンドには来ない。

フォアハンドのクロスラリー、にどんどん展開を寄せていくように調整します。

自分はコートの少し左側に寄って、バックハンドのスペースを消す。

相手のバックハンドには、ここぞという場面しか展開しない。

これくらいの意識で、実はちょうど良いのです。

 

■自分の打ったコースによって、ポジションを変えていこう

とはいえ、自分が狙ったコースに毎回打てる訳じゃない。

打ったコースが甘ければ少し下がるし、浅くなったら角度を付けたショットもケアする。

この微調整をしつつ、出来るだけ自分のフォアハンド側にボールを集めるような配球を組み立てていくことが大事。

不用意に相手バックハンドに打って、バックハンド同士のラリーにならないこと。

この意識だけで、バックハンドを狙われて負ける回数は減らせるはずです。

 

相手が打つボール、それにはアナタが打ったコースからという前置きがある。

だからこそ、もっと自分が打つボールの配球にこだわって欲しいのです。

何も考えないで、相手のバックハンド狙いに屈する・・・なんて、恥ずかしい。

全てはアナタが要因、なのですから。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    騙されたと思って、「試しにドロップショットを打ってみて欲しい」そうすれば、世界が変わるから

    試合の中で、本当に大事な試合の中で、ドロップショットを打ったことはあり…

  2. テニス セルフジャッジ

    ストローク

    ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ

    試合の中で、苦しい場面。相手が強いと感じるのは、「つなげない」…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークの弱点である、「低く短いボール」への対処法は基本を徹底しよう!

    バックハンドストロークを両手で打っている方は、硬式テニスには多いはず。…

  4. テニス リターン

    ストローク

    「ゆるゆるテイクバック」が、テニスの基本です

    ストロークでもボレーでもそうですが、怪我が多い人ってグリップを強く握り…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク戦で相手のボールに押されていると感じるのは、「自分の打つ場所と打点がギリギリまで決まらない…

    ストロークの打ち合いの中で、自信が持てない、相手のボールに押されてしま…

  6. ストローク

    打点が遅れたと感じたら、前ではなく上方向に振り抜こう!

    ストロークの打ち合いで、相手から押されて打点が遅れる。格上相手…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークは、「インパクトと同時に曲げた膝を伸ばしていく」と威力…
  2. テニス 準備

    戦術

    試合でまずは、相手にプレッシャーをかける「ポイントシチュエーション」を作らないと…
  3. メンタル

    反応を鍛えているうちは、人生もしんどい
  4. テニス メンタル

    その他

    試合に勝つ為のテニスとは、「自分を殺したつまらないテニスか?」という問いかけにつ…
  5. テニス 走力

    サーブ

    テニスの試合で、「身長が低いけど、とにかく足が速い選手」を相手にしたときに、有効…
PAGE TOP