ストローク

シングルスの試合で、バックハンドを集中攻撃されて負ける人は、「ストロークのコース取り」を間違えている可能性大

ストローク、バックハンドに悩みを抱えている方はまだまだ多い。

試合では、当然相手にも狙われますよね。

ですが、このモヤモヤを抱えたままでは、アナタは強くなれない。

そもそもバックハンドが苦手なのに、「バックハンド側に来やすい」ような配球になってはいませんか?

 

シングルスの試合で、バックハンドを集中攻撃されて負ける人は、「ストロークのコース取り」を間違えている可能性大

 


 

■バックハンドが苦手なのに、バックハンドの打ち合いで挑んでいないか?

シングルスの試合を観ていて、一番気になるのはこのポイント。

バックハンドが苦手、なのに相手にバックハンドでの打ち合いを挑んでいるような選手が多い。

自分のバックハンドに打たれる機会、自分で増やしてしまっている方が多いんです。

例えば、相手のバックハンドを自分から狙う。

そうなると、当然クロス方向で自分のバックハンドに打たれる可能性は増えてくる。

相手がバックハンドが得意な選手なら、もう勝負有り。

クロスのバックハンドの打ち合いになっては、勝てないでしょう。

 

■バックハンド側を狙われたくなければ・・・どうする?

私なら、右利きの相手ならフォアハンドに積極的に展開する。

なるべく相手を向かって左側、に寄せておけばそこからダウンザラインがキレイに入らないと、自分のバックハンドには来ない。

フォアハンドのクロスラリー、にどんどん展開を寄せていくように調整します。

自分はコートの少し左側に寄って、バックハンドのスペースを消す。

相手のバックハンドには、ここぞという場面しか展開しない。

これくらいの意識で、実はちょうど良いのです。

 

■自分の打ったコースによって、ポジションを変えていこう

とはいえ、自分が狙ったコースに毎回打てる訳じゃない。

打ったコースが甘ければ少し下がるし、浅くなったら角度を付けたショットもケアする。

この微調整をしつつ、出来るだけ自分のフォアハンド側にボールを集めるような配球を組み立てていくことが大事。

不用意に相手バックハンドに打って、バックハンド同士のラリーにならないこと。

この意識だけで、バックハンドを狙われて負ける回数は減らせるはずです。

 

相手が打つボール、それにはアナタが打ったコースからという前置きがある。

だからこそ、もっと自分が打つボールの配球にこだわって欲しいのです。

何も考えないで、相手のバックハンド狙いに屈する・・・なんて、恥ずかしい。

全てはアナタが要因、なのですから。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    深いボレーを下がってストローク、でその後は?

    ダブルスの試合になると、ストローク対ストローク、の打ち合いは少なくなる…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    意外と打つ機会が多い、ネットに出たけどワンバウンドさせての処理について

    ストローク、ボレー、スマッシュ。サーブにリターン・・・。それ以…

  3. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合では、「ボールを追いかけて背面ショット」の技術も必ず求められる

    テニスの試合、いつも前を向いてショットが打てるとは限らない。そ…

  4. テニス フットワーク

    ストローク

    低い打点のストロークのミスが多い人は、「伸び上がって頭がグラグラ」になっている人が多い

    低い打点のストローク、難しいですよね。特に身長が高い人、身体が…

  5. テニス 構え

    ストローク

    相手の深いストロークを、いかに振り切れるかが試合では大事

    試合の中で、相手から深いボールで攻撃される。その時に、つい「何…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    スピンがあるからスライス、スライスがあるからスピンが活きる

    回転系のショット、が試合では主役になる。なぜなら、ラケットを振…

特集記事

  1. ダブルス

    ダブルスでネットに詰めて良い場面5つ
  2. テニス 部活

    その他

    アナタのテニスを強くするヒントは、「実は対戦相手が持っている」ことに早く気付こう…
  3. 戦術

    調子の良し悪しこそ、自分の実力
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「バックボレーが決まらない」なら、改革が必要
  5. テニス メンタル

    戦術

    粘ってもミスしてくれない、相手には攻めないと試合には勝てない
PAGE TOP