テニス シングルス

スマッシュ

深いロブは、ゆったりしたスマッシュで充分に対応出来る

相手の深いロブを、下がってスマッシュ。

これが出来る、出来ないで、ダブルスの実力はある程度把握出来ます。

縦のスペースに責任感が強い人は、下がってしっかりスマッシュを打てる。

何も、破壊力抜群のスマッシュなんて要らないですよね。

まずは打つ、という事実を作ることが第一なんです。

 

深いロブは、ゆったりしたスマッシュで充分に対応出来る

 


 

1.ゆったり振れば、山なりなスマッシュが打てる

深い位置からのスマッシュですから、直線的に打つ必要は無い。

むしろ、山なりで深い位置に打ちたい、じゃないですか。

だから、イメージとしてはセカンドサーブよりもゆったり、大きく振って良い。

しっかり振る、だけど速く振ろうと焦る必要は全くありません。

ゆったりと、息を吐きながら遅いスウィングスピードで良い。

まずは不格好でも、スマッシュの形にすること、が大事なんです。

 

2.スピン回転、スライス回転をかけてコートに収める

回転をかければ、深い軌道でも失速して相手コートに収まる。

これをしっかり、ゆったりしたスマッシュで打てるかどうか、が大事です。

深い位置でのスマッシュ、追い込まれて打点が後ろなら、フラットに当てても飛び過ぎるだけ。

しっかり、回転をかける、ことを意識しましょう。

回転をかけるから、軌道は高く、大きくて良いんだと。

少しだけ、気持ち的にも楽になりますからね。

 

3.スマッシュの構えなら、相手は前に詰めれない

これが、ハイボレーカットや落としてしまう、感じだとどうですか?

相手はスルスルっと前に出て来て、次のチャンスで決めることが出来る。

アナタ側は、大ピンチに陥ってしまいます。

でも、スマッシュを打つ感じ、を相手に見せることが出来ればどうでしょう?

例え速いスマッシュ、じゃなくても、一瞬足が止まるはず。

前に出る、のに躊躇してくれるはずです。

それくらい、テニスにおけるスマッシュって怖さ、があるんですよね。

だから、ゆったりしたフォームでも打つこと、が大事なんです。

 

4.高い軌道のロブは、最後に一気に加速してくる

打つときのコツ、でもう一つ。

高い軌道のロブは、結構最後に加速がキツイです。

待っている、感じだと絶対に差し込まれる。

だから、大事なのは自分から打ちにいく姿勢。

自分からスマッシュを打つ、上方向に振っていく、もうかなり早いタイミングで良いと思いますよ。

最後に加速する、ことを見越して早めに振り出してしまう。

これでかなり、深いロブでのスマッシュは安定するはずです。

 

打ちにいく、のは強引だけど、打ち方は強引じゃない。

無理しないで、ゆったり大きく振る。

これで充分、ロブと戦えるはずです。

深いロブもスマッシュで返球していれば、先に相手が折れてくれるでしょう。

そうなったら、どんどん前に詰めていけば勝てるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュは「打つだけ」で、相手へのプレッシャーになる

    打つだけで、相手のプレッシャーになる。それは、スマッシュの大き…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    「リストワークでコースを変える」スマッシュを身に付けるとテニスの試合でポイントを獲りやすい

    スマッシュのコースをギリギリまで隠す。テニスの試合でこれをやら…

  3. テニス 客観視

    スマッシュ

    なぜ私は深い位置からのスマッシュ、にこだわり続けるのか?の理由について

    基本的に、安定志向で粘り重視。こういう視点で、このサイトをご覧…

  4. テニス 練習

    スマッシュ

    威力のあるスマッシュは、打ち終わりでラケットの先が下を向く

    威力のあるスマッシュ、試合で打ちたいですよね。最近思うんですが…

  5. スマッシュ

    「スマッシュを自分の武器として育てていく」為に、テニスの練習で必要な意識4つ

    テニスもラケットスポーツの一種。その中では、スマッシュでポイン…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを打ち切る選手になりたければ、ダブルスこそ「縦割り担当」でいこう!

    どうしても、スマッシュが打てない、ビビッてしまう。そんな人は、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    フットワーク

    走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い
  2. テニス フェデラー

    メンタル

    「長いラリーのポイントを獲った後」には、声を出して鼓舞していこう
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    「当たり前」のレベルが高い人は、当たり前だけどテニスも強く成長出来る
  4. テニス メンタル

    メンタル

    アナタがテニスの世界を拡げたいのなら、「自分のテニスを否定してくれる人」を大切に…
  5. テニス 準備

    その他

    テニスオタクな彼と付き合うと気付く(はず)、な10のメリット
PAGE TOP