スマッシュ

スマッシュのコースを隠したいなら、相手に背中を向けて構えよう

スマッシュをしっかり決め切る、そのために打つコースを隠したい。

この意識がある人は、きっとまだまだテニスが強くなる。

テニスの試合におけるスマッシュは、威力よりもコース。

それも、いかに相手に読ませないか・・・が大事になります。

 

スマッシュのコースを隠したいなら、相手に背中を向けて構えよう

 


 

1.コースを隠せれば、スマッシュは決まる!

例え深いロブ、で追い詰められていても大丈夫。

そこから、自分が打てるコースを隠して打つことが出来れば、試合では十分です。

でも、実際は・・・どうでしょう。

身体が正面を向いてしまって、打点も低い。

打つ直前には、もうコースがばれているようなスマッシュ、が多くないですか?

これには、身体の使い方の改革が不可欠です。

 

2.窮屈なくらい、相手に背中を向けてみよう

肩を入れて、しっかり相手に背中を向ける。

これくらいの準備、がスマッシュには必要になります。

横向きでクロスステップ、で下がりながら、右利きの方であればしっかり左の肩を入れてパワーを溜める。

相手に背中を見せるような感じだと、コースが上手く隠れます。

実際にやってみると、すごく窮屈でしょう。

でも、この窮屈さが良いんです。

身体をしっかりひねっておけば、それだけ打てるコースが広がりますから。

 

3.逆クロスは楽に打てるし、クロスへはスライススマッシュでOK

この打ち分け、をしっかりイメージしましょう。

逆クロスには、これだけ肩が入っていれば自然に打てる。

問題は、クロス方向でしょうか。

打つ方向が全く見えませんが、スライス回転をかけてボールの横を打つ、と思えば楽。

腕のスウィングでコントロールしようと思うから、身体が開いてしまうんです。

相手に背中を向けた状態から、そのまま逆クロス、またはスライスでクロス方向に。

この打ち分けこそ、スマッシュの基本です。

 

4.打つコースは、ロブが頂点にいくまでに決める!

これは、私が試合で意識していることです。

打つコースは、ロブの軌道が頂点に届くまでに決める。

実際は、ロブを打たれた瞬間に、もう決めるケースがほとんどだと思いますが。

打ち分けられるんだけど、コースは迷わない、早く決めておくこと。

これが大事、ですね。

 

打つ前の構え、を自分で見てみましょう。

反対側から動画を撮ってみて、自分のスマッシュのコースが読めるかどうか。

バレバレ、になっているようだと、改善しないといけないですからね。

相手に背中を向けるような構え、をしっかり意識してみましょう!

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    後ろ方向へのポーチスマッシュこそ、アナタのダブルスに必要な発想なはず

    ダブルスの試合、陣形に関わらず「スマッシュ」をいかに打てるのか。…

  2. テニス ロブ

    スマッシュ

    スマッシュをしっかり振り切れば、相手はロブという選択肢が無くなる

    スマッシュが苦手な人は、どうしても打とうとして任せる・・・ハイボレーで…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「肩を入れた構え」が出来れば、スマッシュは楽に逆クロスに打てる

    スマッシュに苦手意識がある人は、まずこの意識から。逆クロス方向…

  4. テニス サーブ

    スマッシュ

    グランドスマッシュは、バウンドとテイクバックを合わせれば楽に打てる

    グランドスマッシュ、試合で1回打つ機会があるか無いか、でしょう。…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「厳しいロブをスマッシュで打ち込む」為には、ボールから目線を切ることも必要!

    テニスの試合結果を左右する大きなポイント、いくつかありますが、厳しいロ…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニス初心者が身に付けたい、「スマッシュの基本」4つ

    この春から、新しくテニスを始める方も多いはず。テニスのショット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 打点

    ボレー

    テニスはいつも、「ラケット面真ん中に当たるのが一番」だと考えている人は、永遠に中…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    逆クロスのフォアハンドストロークは、空間を作る意識で回り込もう!
  3. 練習メニュー

    「今日やった練習だけを記録するテニスノート」では物足りないから、自分の感触や考え…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが入って、「安心する一瞬の隙」を無くしていこう
  5. テニス メンタル

    その他

    Q&A「テニスをするには、性格が優し過ぎると言われてしまいます。良いア…
PAGE TOP