テニス サーブ

フットワーク

打つコースを2つ用意しながら、ボールを追いかけるのが試合の基本

試合で走りながら、自分が打つコースを考える。

これが、ちゃんと出来ている人って実は少ないんですよね。

私は、そう思います。

ちゃんと考える、ということは、選択肢を持つということ。

相手が打つ前、から勝負は始まってますよ。

 

打つコースを2つ用意しながら、ボールを追いかけるのが試合の基本

 

1.打つコースを考えるタイミングって?

みなさん、どうでしょうか。

相手が打って、自分がそれに反応して走って追いついて、打ち返す。

この中で、自分が打つコースを考えるのって、いつでしょう?

試合では、基本は相手が打つ前、です。

相手が打つ前に、自分が打ち返すコースも考えておく。

前後左右、「ここに来たら、こうだな」というのを、ある程度決めておく。

そして、それが単独のコースだけだと厳しいんです。

選択肢を、複数持っておかないと、試合では勝てません。

 

2.走りながら、A案B案を選択する

実際の試合では、相手がいます。

自分が打とうと思っていたコースに、先回りされているかも知れない。

ロブを打とうと思って準備してたけど、相手が下がるのが見える、ことだってありますよね。

そんなときの為に、絶対に選択肢は複数欲しい。

最低でも2つ、違うコースを用意しておいて選択する。

出来れば、3つ欲しいくらいです。

この発想を、しっかり相手が打つ前から用意しておかないといけない。

何となく、でしかラリーしていない人は、いつまで経っても選択肢が一つしかない。

相手にとっても、読まれやすいプレースタイルになっていくのです。

 

3.選択肢を増やす為に、必要な考え方は・・・?

私はいつも、「打点」を変えるようにして、コースを変える。

複数の選択肢、の基本は、ストレートかクロスか、で良い。

ギリギリまでこの打ち分け、が出来るようにしておくと、相手はすごくプレッシャーになる。

選択肢を増やす、とはつまり、しっかりストレートとクロス、両方の打つコースをイメージしながら走るということ。

練習からこれに慣れておかないと、試合で頭が真っ白になりますからね。

 

4.決断は「身体が反応出来る」ようになる

最後に、AとBどちらかを選ばないといけない。

ここでの選択、は練習次第。

ボールを見ながら、相手コートも周辺視で確認しつつ、今までの傾向でどちらが良いのか、考えて打つ。

これは、身体で反応出来るようにならないといけない。

テニスのラリーは、途中で止めることが出来ませんからね。

止めたら負け、失点です。

だからこそ、アナタ自身はコースを選択する為に時間を使えない、ということ。

身体が反応して、良い選択が出来るように。

普段から、しっかり練習しておきましょう!

 

打つコースの選択肢を増やす、と考えるとテニスの幅がすごく拡がります。

ストローク、ボレー、でしっかりコースを打ち分けるには、フットワークの中で決断していかないといけない。

その大前提は、相手が打つ前にコースを考えておくということ。

テニスって・・・大変ですね。

だから、試合は楽しいんですけど。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス メンタル

    フットワーク

    走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い

    「なぜ、あの人はあんなに走れるのか・・・」「どこに打っても、拾…

  2. フットワーク

    「打ちやすい追いかけ方しなきゃ」骨盤で反応するとテニスに最適な横向きが作れます

    テニスというスポーツの特徴は「打つ」というのが主流だけど、それ以外にも…

  3. テニス ボレー

    フットワーク

    縦ポーチの極意は、とにかく相手に近づくこと

    縦ポーチ。この武器を、T-PRESSを読んでいるみなさんには、…

  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    実戦的なスプリットステップは、「スタンス広めで沈み込む」のが基本です

    何となく、出来ているようで出来ていない・・・のがスプリットステップ。…

  5. テニス ボレー

    フットワーク

    フェイントは大事だけど、それだけでは「本物のプレッシャー」になり得ない

    フェイントの重要性、は何度も書いてきました。ですが、いくら熱心…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスで守備力が高い選手は、「キャッチ力が高い」だけでは無い強さがある

    守備力が高い選手は、何が上手いのか?ラケットでのキャッチ力?…

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスのラリー戦では、「チャンスを引き出すボール」を自分の武器として磨いてい…
  2. テニス ボレー

    その他

    自分が予測して待っていたボールが来たときこそ、「平常心で仕留める」ことを心がけよ…
  3. テニス スポーツ

    メンタル

    自分を持ってさえいれば、どんな試合の結果でも受け入れることが出来る
  4. テニス 確率

    メンタル

    「ネガティブ思考は、スポーツに不向き・・・?」いや、テニスには向いている気がしま…
  5. テニス スマッシュ

    ダブルス

    相手が深いボールをストロークで凌ぐときには、「基本はクロス」と決めてポーチに出よ…
PAGE TOP