テニス サーブ

フットワーク

打つコースを2つ用意しながら、ボールを追いかけるのが試合の基本

試合で走りながら、自分が打つコースを考える。

これが、ちゃんと出来ている人って実は少ないんですよね。

私は、そう思います。

ちゃんと考える、ということは、選択肢を持つということ。

相手が打つ前、から勝負は始まってますよ。

 

打つコースを2つ用意しながら、ボールを追いかけるのが試合の基本

 

1.打つコースを考えるタイミングって?

みなさん、どうでしょうか。

相手が打って、自分がそれに反応して走って追いついて、打ち返す。

この中で、自分が打つコースを考えるのって、いつでしょう?

試合では、基本は相手が打つ前、です。

相手が打つ前に、自分が打ち返すコースも考えておく。

前後左右、「ここに来たら、こうだな」というのを、ある程度決めておく。

そして、それが単独のコースだけだと厳しいんです。

選択肢を、複数持っておかないと、試合では勝てません。

 

2.走りながら、A案B案を選択する

実際の試合では、相手がいます。

自分が打とうと思っていたコースに、先回りされているかも知れない。

ロブを打とうと思って準備してたけど、相手が下がるのが見える、ことだってありますよね。

そんなときの為に、絶対に選択肢は複数欲しい。

最低でも2つ、違うコースを用意しておいて選択する。

出来れば、3つ欲しいくらいです。

この発想を、しっかり相手が打つ前から用意しておかないといけない。

何となく、でしかラリーしていない人は、いつまで経っても選択肢が一つしかない。

相手にとっても、読まれやすいプレースタイルになっていくのです。

 

3.選択肢を増やす為に、必要な考え方は・・・?

私はいつも、「打点」を変えるようにして、コースを変える。

複数の選択肢、の基本は、ストレートかクロスか、で良い。

ギリギリまでこの打ち分け、が出来るようにしておくと、相手はすごくプレッシャーになる。

選択肢を増やす、とはつまり、しっかりストレートとクロス、両方の打つコースをイメージしながら走るということ。

練習からこれに慣れておかないと、試合で頭が真っ白になりますからね。

 

4.決断は「身体が反応出来る」ようになる

最後に、AとBどちらかを選ばないといけない。

ここでの選択、は練習次第。

ボールを見ながら、相手コートも周辺視で確認しつつ、今までの傾向でどちらが良いのか、考えて打つ。

これは、身体で反応出来るようにならないといけない。

テニスのラリーは、途中で止めることが出来ませんからね。

止めたら負け、失点です。

だからこそ、アナタ自身はコースを選択する為に時間を使えない、ということ。

身体が反応して、良い選択が出来るように。

普段から、しっかり練習しておきましょう!

 

打つコースの選択肢を増やす、と考えるとテニスの幅がすごく拡がります。

ストローク、ボレー、でしっかりコースを打ち分けるには、フットワークの中で決断していかないといけない。

その大前提は、相手が打つ前にコースを考えておくということ。

テニスって・・・大変ですね。

だから、試合は楽しいんですけど。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの試合では、「打点に入るフットワークの速さ」で勝負が決まる

    フットワークが鋭い、そう、速いのではなく鋭い選手がいる。それは…

  2. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスにおいて、「打った後に戻る」は基本であり絶対では無い

    「打ったら戻って!構えて!」こういうアドバイス、皆さんもたくさ…

  3. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスのテニスの試合で、「左右に大きく走らされたとき」に必要な返球意識4つ

    左右のフットワークはテニスの基本。しっかりした守備力には体力が…

  4. テニス ボレー

    フットワーク

    ネットプレーに苦手意識がある人は、下半身を身軽にする意識が大事

    前衛でのプレーが苦手な人は、どこが違うのか。上手い人を見ている…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスのポジショニングが分からない人は、「自分の守備出来るテリトリー」を把握しよう

    テニスの試合に出ていると、「守備のときに予測ができない・・・」という声…

  6. テニス ミス

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で勝ちたければ、「オムニコートが得意な選手」、「ハードコートが得意な…
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスのラリー戦では、「チャンスを引き出すボール」を自分の武器として磨いてい…
  3. ボレー

    ダブルスの試合で、「バックボレーだからポーチに出れない」という前衛発想は、もった…
  4. テニス マナー

    戦術

    「初心者」という意識を捨てた人から、テニス選手として巣立っていく
  5. テニス スライス

    ボレー

    相手の足下にショットが打てるときには、迷わずポジションを前に上げよう
PAGE TOP