テニス ストローク

戦術

テニスの試合で、主導権を握る方法5つ

試合の主導権を握っていきたい。

これは、誰しもが試合前から考えることでしょう。

でも、具体的にどうすれば良いのか・・・分からないし、そもそも実力に自信が無い、という方に。

自信が無いからこそ、自分から動いていかないと厳しい。

テニスの試合、誰でも出来ることだけど、大事なこと。

それが結果的に、試合の主導権を左右していくのです。

 

テニスの試合で、主導権を握る方法5つ

 

1.試合前に自分から話しかける

私たちの試合は、ほとんどがセルフジャッジの形式ですよね。

試合前に、トスしたり試合形式を確認したり、必ずコミュニケーションが発生します。

もう、ここから試合は始まっていると私は思いますよ。

自分から話しかける、積極的に試合の主催者になっていく。

こういう小さい意識から、全ては動き出していきます。

トスをする、ラケットを回すにしても、出来るだけ自分から。

この姿勢は、その後の試合にもつながっていくのです。

 

2.カウントコールを大きな声で

これも、試合をリードしている印象を相手に与える。

大きな声で、しっかりとカウントをコールする。

これは、試合の主導権を握ることにも大きくつながります。

小さい声でボソボソとコールしても、相手にも聞こえないし自分も盛り上がらない。

しっかり、声を出すということは大事です。

ポイント後に吠えるよりも、私はしっかりカウントをコールする声を大きくした方が良いと思いますよ。

 

3.各ゲームの最初の1ポイント目、に全力を

試合の主導権を握る、ということは、シンプルにリードしていくということ。

ついフワッと入りがちなゲームの最初のポイント、頭をしっかり取ることに全力を注ぎましょう。

しっかり最初のポイントを取れば、相手は気持ちが引いてくれる。

その後にもう1ポイント、取って30-0、0-30になれば、更に強気に出れる。

まずはきっかけとなる最初のポイント、が大事です。

 

4.サーブとリターンで、ミスを減らす

これも、3.につながる部分だと思いますが、まずこの2つのショットを最大限に正確に対応したい。

サーブとリターンのミス、をしっかり減らすことが出来れば、自然と主導権はアナタの側に来るはずです。

試合の主導権って、まずはラリーすることでリズムが出て来ますからね。

自分の側でラリーが終わる、というポイントを減らすだけで、自然と気持ちが盛り上がって来るでしょう。

サーブとリターンを、しっかり準備して入る。

球速を、落としても良い。

それくらいの覚悟、をしっかり持って試合に入ることが大事ですよ。

 

5.主導権は、握り返すくらいの気持ちで

試合の中で、何度か主導権は動きます。

流れが変わる、自分が良い時もあれば悪い時もあるでしょう。

この覚悟で、試合の序盤に悪い流れを戻す、自分で握り返すくらいの意識、アナタにはありますか?

アナタ自身、最初に少し相手の流れになるだけで、気落ちしてそのまま試合終了・・・にはなっていませんか?

主導権は、何度も動く、試合の中で。

であれば、気落ちしている暇なんて無いはずです。

 

試合の中で、自分がどういう意識で、何をやるのか。

試合の主導権を握るのに、必ずしも上手いショットや経験、なんて必要無いと思います。

初心者の方でも、「自分の試合」にもっていくのが上手い人、いるじゃないですか。

そういう人は、自然とこういう基本の部分、意識出来ているんだと思います。

まずは試合前のトス、のところですかね。

勇気を持って、自分からラケットを回してみませんか?

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス 陸上

    戦術

    楽して勝つのが許せない、という人は生涯トーナメントを勝ち抜けない

    先日、こんなご意見を頂きました。「サイトをいつも拝見しています…

  2. テニス サーブ

    戦術

    サービスキープに、プライドを

    いつの間にか、自分の中で失っているもの。私は何度も、「リターン…

  3. テニス リターン

    戦術

    テニスの試合で、「相手が打つボールを予測する」ときに必要な4つのポイント

    試合の中で、相手が打つコースを予測する。簡単なようで、テニスは…

  4. テニス 練習

    戦術

    相手のミスがこのまま続く、とは思わないこと

    私たちは、つい期待してしまいます。序盤のリード、このまま相手が…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「策があって負けるのと、無策で負ける」のでは大違い

    皆さん、試合の中で勝敗以外の部分、気にして振り返れていますか?…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「何をすれば、損なのか?」を、テニスの試合では考えよう

    試合に勝ちたい気持ち、みなさん強いですよね。でも、これが強すぎ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの攻撃の型は、「どちらか1人を崩して決める」がほとんど
  2. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合前、「トイレに行って鏡を見て」自分の時間を作ることをオススメします
  3. テニス スライス

    戦術

    スピン禁止、さぁどうする?
  4. テニス サーブ

    フットワーク

    サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    「大学に進学すると、高校時代より練習量が減ってしまう・・・」からこそ、必要な意識…
PAGE TOP