テニス ストローク

フットワーク

テニスの実戦では、「相手がボールを打ってから動き始める」では、いつまで経っても守備的なプレーしか出来ません

試合に出続けている人と、そうでない人の違いはどこに現れるのか。

私は、「相手の打つボールに対して、予測し慣れているかどうか」が、一つの要素として大きいと思います。

試合に出ていない人は、ポイントに対する執着心が薄いので失点してもあまり気にしない。

試合に出ている人は、どんな相手のナイスショットにでも、触ろうとして頑張る。

だから予測が大事になってくる、ということを知っているのです。

 

テニスの実戦では、「相手がボールを打ってから動き始める」では、いつまで経っても守備的なプレーしか出来ません

 


 

■「ボールより速く動くこと」は、絶対に出来ない

どんなスポーツもそうですが、人はボールより速く動くことは出来ません。

ですが、早くスタートを切ることは出来ます。

相手、つまりはボールと同時にスタートしても、追い付くのはもちろん難しい。

当然、追い付けるボールも中にはあるでしょうが、強い対戦相手になればなるほど、減ってくる。

まずはこの現実と、しっかり向き合いましょう。

 

■「予測」は常に、どんなときにも求められる

予測と一言で言うと、相手がチャンスボールを打ちこんできそうなときや、サーブのときなど、アナタが「守備的」な場面のみを想像していませんか?

テニスにおける予測は、全てのシチュエーションで求められるのです。

攻撃するときにも、相手はどこに「ヤマ」を張っているのかをイメージしながら攻撃しないと、カウンターを喰らうこともしばしば。

特に守備においては、重要な訳ですが、どんな意識で臨めば良いのでしょうか?

まずはチェック項目を洗い出すことです。

 

■グリップ、打点、フットワークから読み解く

ストロークにせよボレーにせよ、必ず相手には特徴があるはず。

スピン系が得意なのか、それともフラットか。

コースによって打点はどう変わっている?

こういう部分を、自分の中で「言葉」にして頭の中で会話してみて下さい。

そうすれば、相手が打つ直前のテイクバックや追いかけるフットワークから、何となくコースが見えてくるはず。

これがテニスにおける、シンプルな「予測」です。

 

恐らく、皆さんも何となくはこういった「予測」は出来ていると思います。

慣れた相手から雰囲気的に・・・感じることも大事ですが、大事な試合の本番では初見の相手も多い。

ぜひ、観察の精度は日々上げていけるように。

その為にはたくさんの試合を観たり、外での練習機会を増やす必要がありますね。

守備的なテニスにならないよう、予測からの一歩先回りの精度を上げていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. フットワーク

    あのスプリットステップ、にも弱点はある

    普段、何気なくやっているステップ。テニスの基本、スプリットステ…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    ドロップショットを有効に使うなら、その前後の動きを徹底して鍛えよう

    試合の中で、ドロップショットを使う機会は今後ますます、増えていくでしょ…

  3. フットワーク

    浅いボールを打ち込む、簡単なパワーアップ方法は?

    試合でもよくある、相手のボールが浅くてアプローチしていく場面。…

  4. テニス ポーチ

    フットワーク

    相手へのフェイントが効きやすいタイミング、を考えてみよう

    テニスでは、自分が打ったら次は相手。つまり、自分が2回連続でボール…

  5. テニス ボレー
  6. テニス 打点

    フットワーク

    攻撃的なボレー、あのフットワークが肝

    ボレーが弱い!と、お悩みのみなさん。なぜ、アナタのボレーが試合…

特集記事

  1. ボレー

    軸足が前に出ていくボレーは、試合で相当使える!
  2. スマッシュ

    強いスマッシュを打ちたければ、腕を振ってはいけない
  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの試合で「泥臭く勝っていく」ことは、走り回って粘ることとはちょっと違う
  4. テニス サーブ

    フットワーク

    サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う
  5. テニス ストローク

    ロブ

    ロブマスターになりたければ、自分の発射角度にこだわりを持とう
PAGE TOP