フットワーク

浅いと思ったら深い、深いと思ったら浅い

テニスについて、よく知っている。

試合で強い人は、この前後の動きが早くて正確。

みなさんも、まだまだここに苦戦をしている方は多いと思います。

浅いのか、深いのか、正確に判断してポジションを取ること。

でも、多少迷ったらとにかく「浅い前提」で良いと思いますよ。

 

浅いと思ったら深い、深いと思ったら浅い

 


 

1.ボレー対ストロークで、2バウンドになる理由

なかなか、ボレー対ストロークのラリーで続かない。

どうしても、ストローク側の選手が2バウンドしてしまうようなケースはよくありますよね。

「深い!」と思ったら浅かった・・・というようなケース、みなさんも試合でも多いと思います。

これって、どうやれば防げるのか?

まずは、ボールが浅い、短くなりそうな雰囲気を察すること。

足下のボレーや、当たり損ないそうな時には、浅くなるケースが多いですよね。

それを感じたら、もう前に入って良いと思いますよ。

 

2.「浅いと思ったけど、深かった・・・」は、テニスではOK!

なぜなら、ボレーで返せるからです。

浅い!と思って前に出たけど、実際は深いボールだったら、ノーバウンドで打って良い。

もし、テニスがノーバウンドのボレー返球が禁止なら、これは使えません。

でも、テニスではこれがOK。

だったら、「浅いと思って前に出る、深かったらノーバウンド」が基本で良くないですか?

私はいつも、試合でもちょっとでも浅くなりそうならすぐ前に出ます。

だって、自分の脚力自体も衰えてますし、ノットアップが怖いから。

浅いと思って深い、は対応出来るのがテニスです。

 

3.その逆、「深いと思ったけど、浅かった」は手遅れになる

ドロップショット、なんかまさにそうですよね。

相手のボールが深い!と思ったけど、浅かった・・・という時、テニスでは対応が難しい。

もう、手遅れでしょう。

相手の攻撃ならまだしも、普通のショットで自分が予測を誤ったりしたら、もったいない。

試合で使えない、練習でもラリーが続かない、原因はこの勘違いや読み違い、があるからなんです。

深いと思ったけど浅い、というミスを、無くしていくこと。

これがアナタ自身に、必要なことだと思いますよ。

 

4.本当に「深いボール」が来る相手なのか?

私が試合を観ていて、すごく感じること。

それは、「そんなに深いボールが来ていないのに、なんでみんな下がるんだろう?」ということ。

もちろん、強い相手は打って来ますよ。

でも、そんなに深いボールが無い、むしろ当たり損なって浅いボールも多い相手に、なんで下がって待つ作戦ばかりなのか。

これに、理由は無いでしょう。

いつもいる場所、で待ちたいだけ。

それでは、成長もしないし、もったいない失点は減りません。

もっと、ポジションは前で良い。

特に、深いボールが来ないような相手だと、それが自分を守ることになるんです。

 

浅いと思って深かった、というシチュエーション、ショートラリーでも練習出来ます。

たまにノーバウンド、で飛んできたボールをボレーで返す、ことも良い練習ですよね。

これがとっさに出来る人は、試合でも強い。

似たような場面、結構ありますから。

そしてどんどん、前に出れる強い選手になっていくでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. フットワーク

    ネットプレーに強い人は、これを意識している

    試合の中で、前でポイントが取れる。ボレー戦に強い、前衛が得意…

  2. テニス 守備

    フットワーク

    テニスのフットワークは、「左右よりもまず前後から」が基本です

    テニスの試合、フットワークで差が出る部分。それは間違いなく、「…

  3. テニス メンタル

    フットワーク

    サーブを打つ前の静寂、「キュ、キュ、キュ、キュ!」

    ハードコートの試合で、レベルが高い試合になると・・・。この音が…

  4. フットワーク

    良いショットで悪いポジション、悪いショットで良いポジション

    試合だけでなく、練習でもミスは多い。これ、テニスという競技の…

  5. テニス 錦織圭

    フットワーク

    テニスの試合で「守備が苦手・・・」な人は、自分が打ったコースと守るテリトリーを意識しよう

    テニスの守備意識、皆さんはどうでしょうか?試合に勝てない、相手…

  6. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手のドロップショットを読めるようになるには、フライングダッシュを繰り返すのが一番

    試合の中で、強い相手にドロップショットを繰り返される。ドロップ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    強く跳ね上がるサーブ、ストロークは、どうすれば上手く返せるだろう?
  2. テニス テニススクール

    ボレー

    「ココには速いボールが入ってくるな」と感じることが、ネットプレイヤーの第一歩
  3. テニス ルール

    テニス知識

    「カウントコール」を忘れてしまうのは、カウント毎のプレーを変えていないから
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    練習すればするほど・・・テニスは下手になる!?
  5. その他

    西岡選手を応援したくなる、その理由
PAGE TOP