テニス ミス

シングルス

シングルス戦術の基本、相手に「片サイドを、徹底的に意識させる」ラリー戦に持ち込むには?

シングルスの戦い、みなさんはどんな戦術で挑んでますか?

細かいこと、はたくさんあると思いますが、今日はシンプルにいきましょう!

一番多く使われている作戦って、「相手を片サイドに寄せること」です。

徹底的に意識させれば、それだけで立派なチャンス拡大、の良い作戦になりますよ。

 

シングルス戦術の基本、相手に「片サイドを、徹底的に意識させる」ラリー戦に持ち込むには?

 

1.リターンから徹底的に「バックハンド狙い」でサイドを使おう!

まずは、リターンから。

サーブでもバックハンドを狙いたいところですが、リターンの方が狙いやすい、方も多いはず。

そこでリターンを徹底的に、バックハンド側のサイドを狙う。

それも、デュースサイド、アドバンテージサイド、両方から徹底して狙いましょう。

ライン際、でなくてかなり内側でもOK。

「狙ってるな・・・」と相手に思わせるには、1ゲーム丸々、全てリターンのコースを絞って返球するくらいで良い。

徹底的にやる、とは最初から最後までやり切ること、です。

 

2.相手に印象付けるには、「浅さ」が必要だった!

結論から言えば、欲しいのは「浅さ」です!

ストロークが得意な相手に、いくら後ろだけで走らせていてもなかなかミスしてくれない、プレッシャーにならない。

バック狙いだけで崩れてくれるのは、シングルス3回戦まででしょう。

そこから先は、バックハンドの「浅い場所」に動かすことで、「走らされたな・・・」という印象に変わって、かなり強く意識付けがされる。

ドロップショット、でも良いしショートクロスでも良い。

深く打っているボールを、少し浅目に打つことでコートの外にも走らせることが出来る。

横だけじゃない、浅さを出すことで相手は急激に、片方のサイドに「集められてる」感が出て来るんです。

皆さんも経験、無いですか?

 

3.浅いボールを浅く打つ、とチャンスは拡大する!

片サイドを意識させる、ときに浅目のボールを使う。

それはどういう場面で打つと、ミスを少なく効果的に展開出来るか・・・?

それは、相手のボールが浅いとき、です。

浅いボールはつい深くバーン!と打って攻撃したくなりますが、それも一つの手段でしかない。

浅いボールは、あえて相手の浅い場所、を狙うのも楽な場面。

ネットから近いだけで、プレッシャーも小さくなりますしね。

ドロップショットをドロップショット、で返しやすいように、ショートクロスもショートクロス気味、に返球しやすいのがテニス。

シングルスの試合なら、良い攻撃パターンになると思いますよ。

 

片サイドを意識させるには、まず徹底的に1ゲームを全て片サイドに打つ、くらいの気持ちで打っていくこと。

そしてその後に、浅いボールも同じサイドで使うこと。

この手順で、もう相手は片方のサイドに集中するはずです。

そうなると・・・もう、分かりますよね。

中盤から後半、大事な場面ではその反対、フォアハンド側で楽にポイントが獲れるようになるでしょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの練習こそ、チームで取り組むから成果が出る

    シングルスの練習、皆さんはどんな意識でやってますか?「自分一人…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「サーブで崩して次のボールから攻める」為に必要な意識4つ

    テニスにおいて、「3球目のイメージ」という言葉をよく聞きます。…

  3. テニス 言葉

    シングルス

    「ボールに勢いがない対戦相手」に苦労する、のは何でだろう?

    ポワーン、ポワーンとつないでくるだけのような相手。「勝ったな・…

  4. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備で!

    ストロークでの、ダウンザラインへの展開。シングルスでは、不可欠…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    「ポワーンとした、つなぐリターン」を許しているから、勝てない

    シングルスの試合、勝てないしどう戦って良いのか分からない・・・という方…

  6. テニス 調子

    シングルス

    今出来るテニスで精一杯戦うことは、アナタが思っている10倍は難しい

    自分が出来るテニスを、やり切ること。言葉では簡単なようで、何と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    相手の前衛は動く、と信じよう
  2. テニス メンタル

    戦術

    自分というテニス選手を、「監督と選手」に分けて考えてみよう
  3. テニス 調子

    戦術

    テニスの試合で調子が良いときこそ気を付けたい、「得意なショットとコース」に固執す…
  4. テニス アイシング

    テニス知識

    ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスのペアを大事に思うなら、厳しい意見も伝えるのが必要なステップ
PAGE TOP