テニス ストローク

ストローク

シングルスで使えるショートクロス、「高い打点から起動高め」でいこう!

最近のシングルスの試合での流行、の一つがショートクロスの使い方にある。

ジョコビッチ選手や錦織選手が、特にフォアハンドで使う機会が増えて見直されているように思います。

エースを獲る訳じゃなく、相手の態勢を崩して次で大きく展開していくためのショット。

難しいイメージがあるショットかも知れませんが、きっとアナタでも使えるようになるはずです!

 

シングルスで使えるショートクロス、「高い打点から起動高め」でいこう!

 

■そもそも、「ショートクロス」ってどんなショット?

文字通り、短くクロスに打つストロークのショット。

ネットプレイヤーの相手の足元に落としたり、並行陣を崩すためのショットとしてのイメージが強いですが、実際はシングルスでのベースラインでの打ち合い、にも大活躍。

深ければ良い、というストロークの発想は少し時代遅れ。

むしろ浅く打って相手の態勢を崩す、コートの外に追い出すにはストロークにもショートクロスのような「浅さ」が必要になります。

 

■まずは、サービスエリアにバウンドさせればOK!

狙いは最初はシンプルに。

アナタのストロークを、サービスエリアの中にバウンドさせるように打ってみましょう。

「え?それじゃただの浅いストロークで、危険じゃ・・・」と思った方、確かにその通り。

ここから徐々に、バウンドする箇所をサイドラインに近づけていく。

いきなりサイドラインを狙っても、引っ張り過ぎてミスになるだけ。

まずは浅く打つ、その為の回転量や打点、グリップを身に付けることが先決です。

 

■回転量を多くする為に打点を前、高い位置で打てればGOOD

成功の秘訣は、まず高い打点。

高い打点で打てれば、それだけ軌道も高く出来ますしネットミスが減る。

それからボールに与える回転量は、普段のストロークよりも多めに調整したい。

フォアハンド、であれば少しグリップを厚く握って打点をいつもの10cmくらい前、で打ってみましょう。

ラケットを横振りにするのではなく、あくまで縦スウィングで回転をかける。

スピンのバリエーションを増やしていけるように、練習してみましょう。

 

これから全米オープンも始まります。

よく弾むハードコートでは、こういったショートクロスを多用した攻防も見所の一つ。

ぜひ、意識して選手を観察してみてください。

「どんなタイミングで、どういう打ち方で打っているのか?」

片手バックハンドでも、使えるショットになるはずです。

きっと、すごくシンプルな感じだと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク戦で「先に走らされてるな・・・」と感じたら、ラリーの中でイーブンに戻すことを意識しましょう…

    ストロークで実力差があると、どうしても受け身になって「走らされる」こと…

  2. ストローク

    「両手から片手へ」テニスのストロークを改造するうえで注意したいこととは?

    テニスを始めたばかりの時、あまりにパワーが無かったから両手でフォアもバ…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    回転をたくさんかけるのが、良いショットだと思う?

    ストロークのボールの回転量、みなさんどうでしょうか?多いと思う…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで「ライジングショット」を打ちたいなら身に付けるべき4つの基本

    昨年からの錦織選手の活躍、テニスファンならずともテレビに観入ってしまう…

  5. テニス リターン

    ストローク

    フォアハンドストロークを、しっかり逆クロスに振り切るコツ4つ

    フォアハンドストローク、私はベテラン・シニアの方にも回り込んでいくスタ…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    「ビビッて置きに行くストローク」は、試合中に変えないと後悔だけが残る

    皆さんも、必ず経験があるはず。試合中、ビビッてラケットが振れな…

特集記事

  1. テニス 部活

    シングルス

    個人戦で結果を出したい!人が意識したい4つのこと
  2. テニス ストローク

    ダブルス

    雁行陣でドロップショットを打たれたら、どちらの選手が拾うのが良い?
  3. テニス メンタル

    ボレー

    「パートナーのサーブが遅い!」だからこそポーチに出れる、逆転の発想とは?
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    練習の後に気付きが無い人は、成長どころか衰退しかしない
  5. テニス テニスボール

    その他

    オリンピック開幕直前!今振り返りたいテニス競技の名勝負動画
PAGE TOP