テニス 団体戦

メンタル

試合になると、相手が気になり過ぎる方へ

試合って、ほとんど初対面の人と打ち合いますよね。

相手が気になる、それが当然。

でも、必要以上に恐れる必要はありません。

今回は、試合に挑む時に必要なちょっとした意識、について書いてみます。

相手が気になってしょうがない、という方は必見です!

 

試合になると、相手が気になり過ぎる方へ

 


 

1.実力に、大きな差はない

まず、大前提としてこれです。

対戦相手と自分、そんなに違いはないんだと。

果てしなく強ければ、別な大会のカテゴリに出場しているはず。

だから、多少打ち込まれることはあっても、気にしない。

実力に大差は無い、だから恐れる必要は無いんだと。

この意識を持って入れば、客観的に観察出来るようになるでしょう。

これも慣れ、が大事ですが、試合に出続けて負け続けてしまうと、周りのみんなが強く見えてしまうこともありますよね。

自分を信じるというよりも、相手を信じる。

「自分とそんなに、変わらないですよね」と問いかけながら、試合をしてみましょう。

 

2.良いショットを打てば、動かれてもOK!

ダブルスでよくあるケースですが、前衛を避けようとしないこと。

良いボールを打てば、良いんです。

ポーチに出られても、何をされても怖く無い。

しっかり振り切ったショットであれば、相手もそう簡単に決めることは出来ない。

だから、自分は良いショットを打つことに集中する。

相手が気になっても、「触らせてあげようかな」くらいの感じで良い。

相手が触っても、そこからミスしてくれるかも知れないですしね。

テニスは、触っただけでは得点にならない。

何も、焦る必要は無いですよ。

 

3.「どう思われるか?」を、気にしても無意味

あとは、対戦相手に「自分はどう思われているんだろう・・・」と、気になる方も多いですよね。

これは、もう「敵」としか思われていない、と。

私はそう割り切っています。

敵として、どう思われているのかを考えましょう。

ボレーが上手いと思われているのか、サーブは大したことない、と思われているのか。

気にするなら、そこですよ。

人間としてどうとか、そういうのは一切考える必要はありません。

それに、そこまで相手に興味を持っている選手も少ないですよ、実際。

 

4.全てはアナタ自身の考え過ぎ

な可能性、大です。

相手はそこまで、何も考えていませんし、気にする必要は無い。

相手は自分にとって敵、だから倒す為に何が必要かを考える。

恐れる必要も無いし、試合が終わった後のことを考える必要もありません。

堂々と、良いボールを打って勝負する。

ダブルスなら、前衛は気にしない。

これで良いんじゃないですかね。

 

ダブルスでリターン、私はよくこの言葉をかけます。

「相手の前衛、気にしないで良いよ」と。

励ましでもなく、本当にそう思っているんです。

しっかり踏み込んだリターンなら、絶対に大丈夫。

このひと声があると、だいぶ違いませんか?

ぜひ、次の試合からパ―トナーに一言、声かけてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くなる

    テニスの試合、勝ってるときはすごく楽しい。疲労も感じないし、何…

  2. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合の中で、「自分にとってラッキーなポイント」があった後こそ、冷静な自分に戻ろう!

    テニスの試合は、色々なポイントがある。相手のダブルフォルトや、…

  3. テニス 気付き

    メンタル

    テニスの試合が上手く進んでいるときの心理状況って、どんな感じなのかまとめておこう

    試合がうまく進んでいる、自分なりに良い試合が出来た時。そんな時…

  4. テニス ストローク

    メンタル

    勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツではありません

    日本人は、「途切れること」「途絶えさせること」に対してどこか拒否感を持…

  5. テニス 試合

    メンタル

    テニスでミスが多いと嘆く人に声を大にして言いたい、「アナタのそれ、ミスではなく実力です」

    「あー、ミスった!」と言って、悔しがる風景、試合でも練習でもよ…

  6. メンタル

    勝った負けたより、真実が明らかになるということ

    試合に出ていれば、必ず勝敗はついて回ります。だからこそ、達成…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「速いサーブが打てる?」でもそれ、試合の緊張した場面で打てるかどうかが問題です
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ボレーヤーをストロークで崩すなら、ラストは前しかない!
  3. テニス ダブルス

    戦術

    強い人の強さが分かる、ことも大事な成長
  4. テニス 不安

    メンタル

    テニス選手なのに見苦しい「試合に負けて、言い訳ばかりする人」の特徴5つ
  5. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの試合では、「序盤に離されないで、安定したサービスキープ」をする為の準…
PAGE TOP