リターン

ダブっても打ってくる、そんな相手は嫌なもの

昨日の錦織選手の試合、悔しかったですね・・・。

みなさんも、同じ想いなはず。

試合の後半、最後は崩せそうだったのに、相手の強気な姿勢が嫌でしたよね。

ダブルフォルトは、確かに痛い。

でも、上手く覚悟しておくことで、強気の姿勢が相手のプレッシャーになると思うんです。

 

ダブっても打ってくる、そんな相手は嫌なもの

 


 

1.ティエム選手のメンタリティが、すごかった

やっぱり、凄かったと思います。

何でしょう、あの躍動感。

ストローク一つにしても、ジャンプしながら打つ、もう見ていてこちらが疲れるくらい。

あのテニスで試合を最後まで出来るんですから、相当体力には自信があるんでしょうね。

そして、あのサーブ。

決して緻密なコントロールがある訳ではないですが、要所でしっかりワイドに振り切れる。

ダブルフォルトも、気にしない。

この姿勢、私たちにも学ぶ点が多いと思いますよ。

 

2.ダブった後のサーブ、が一番大事

みなさんも、試合でそうじゃないですか?

ダブルフォルトした後のサーブ、ここに真価が問われる。

ティエム選手は、ダブった後にファーストサーブでエース・・・まるで、気にしていないように感じてしまう。

相手にとって、これは嫌ですよね。

リターンで強気にいこうとしても、なかなか踏み込めない。

私たちは、ついダブった後はファーストサーブも入れにいってしまうじゃないですか。

でもそれって、結局叩かれて終わるか、そのファーストが入らなくてセカンドになって、さらにドツボにはまっていく・・・。

そういう試合って、みなさん経験無いですか?

 

3.ダブっての失点も、同じ1点

ダブルフォルトでの失点、確かに痛い。

でも、相手から攻撃されて失点したと思っても、それは同じ失点。

試合の現場では、重たく考える必要は無いでしょう。

次のポイントに引きずってしまうのが、私たちの悪い癖。

ダブっての失点、の準備次第。

いつでも、ダブって崩れていく自分、をどこかで変えないと。

難しいことですけどね。

 

4.ダブルスの試合、ペアを敵にしてない?

私が気になるのは、この点。

ダブルスの試合、味方のペアに気を遣い過ぎて、ダブルフォルトを重ねる人いませんか?

「申し訳ない」という気持ちばかりで、どんどん打てなくなる。

ダブルスの試合、ペアの顔色を伺ってばかりの人は、ダブルフォルトが多いような気がします。

ペアを敵に回していては、当然試合に勝てる訳が無い。

意外と、女子ダブルスの方に多いような気がしませんか?

 

ダブルフォルトは、反則でも何でも無い。

攻めた結果、なら気にしなくて良い。

試合前から、どう準備しておくのか。

準備しておいて試合で結果が出るなら、必ずアナタ自身の糧になりますからね。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス 戦術

    リターン

    大事なポイントこそ、「ファーストサーブ、入ってこい!」のスタンスでリターンを

    テニスはメンタルより技術、ということを何度も書いて来ました。気…

  2. テニス メンタル

    リターン

    ダブルスのリターンをストレートに打つ、身体の開きを抑えよう

    リターンのとき、どんなときにミスが増えるのか・・・といえば、やはり身体…

  3. テニス ボレー

    リターン

    ボディへのサーブは、あの技術が無いとリターンで苦労する

    ボディへのサーブ、皆さん試合で苦労したことは無いですか?特に、…

  4. テニス メンタル

    リターン

    相手のサーブの本質を、を見抜こう

    試合の中で、リターンゲーム。テニスの試合は、必ずサーブかリター…

  5. テニス 戦術

    リターン

    ボディへの深いサーブは、「身体を逃がしながら顔を残す」だけで楽に返ります

    ボディへのサーブ、皆さんはしっかりリターン出来ていますか?テニ…

  6. テニス 客観視

    リターン

    「相手がクロスにしかリターン出来ない場面」を考えよう

    ダブルスの試合、いかに前衛が動くのか・・・は大事。何度も書いて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 守備

    ストローク

    テニスの試合では、「自分のショットが甘くなる」ことも想定して、素早く切り替えの準…
  2. テニス 打点

    リターン

    ダブルスで無理矢理なストレートリターンより、「スライスのチップ&チャージ…
  3. テニス シングルス

    メンタル

    テニスが楽しくない、というのは、ある意味楽しめている証拠かも
  4. テニス 練習

    その他

    身体能力が高い人が、必ずしもテニスが上手くなるとは限らない
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブこそ、最近の自分を動画で見ておかないといけないショット
PAGE TOP