リターン

ダブっても打ってくる、そんな相手は嫌なもの

昨日の錦織選手の試合、悔しかったですね・・・。

みなさんも、同じ想いなはず。

試合の後半、最後は崩せそうだったのに、相手の強気な姿勢が嫌でしたよね。

ダブルフォルトは、確かに痛い。

でも、上手く覚悟しておくことで、強気の姿勢が相手のプレッシャーになると思うんです。

 

ダブっても打ってくる、そんな相手は嫌なもの

 

1.ティエム選手のメンタリティが、すごかった

やっぱり、凄かったと思います。

何でしょう、あの躍動感。

ストローク一つにしても、ジャンプしながら打つ、もう見ていてこちらが疲れるくらい。

あのテニスで試合を最後まで出来るんですから、相当体力には自信があるんでしょうね。

そして、あのサーブ。

決して緻密なコントロールがある訳ではないですが、要所でしっかりワイドに振り切れる。

ダブルフォルトも、気にしない。

この姿勢、私たちにも学ぶ点が多いと思いますよ。

 

2.ダブった後のサーブ、が一番大事

みなさんも、試合でそうじゃないですか?

ダブルフォルトした後のサーブ、ここに真価が問われる。

ティエム選手は、ダブった後にファーストサーブでエース・・・まるで、気にしていないように感じてしまう。

相手にとって、これは嫌ですよね。

リターンで強気にいこうとしても、なかなか踏み込めない。

私たちは、ついダブった後はファーストサーブも入れにいってしまうじゃないですか。

でもそれって、結局叩かれて終わるか、そのファーストが入らなくてセカンドになって、さらにドツボにはまっていく・・・。

そういう試合って、みなさん経験無いですか?

 

3.ダブっての失点も、同じ1点

ダブルフォルトでの失点、確かに痛い。

でも、相手から攻撃されて失点したと思っても、それは同じ失点。

試合の現場では、重たく考える必要は無いでしょう。

次のポイントに引きずってしまうのが、私たちの悪い癖。

ダブっての失点、の準備次第。

いつでも、ダブって崩れていく自分、をどこかで変えないと。

難しいことですけどね。

 

4.ダブルスの試合、ペアを敵にしてない?

私が気になるのは、この点。

ダブルスの試合、味方のペアに気を遣い過ぎて、ダブルフォルトを重ねる人いませんか?

「申し訳ない」という気持ちばかりで、どんどん打てなくなる。

ダブルスの試合、ペアの顔色を伺ってばかりの人は、ダブルフォルトが多いような気がします。

ペアを敵に回していては、当然試合に勝てる訳が無い。

意外と、女子ダブルスの方に多いような気がしませんか?

 

ダブルフォルトは、反則でも何でも無い。

攻めた結果、なら気にしなくて良い。

試合前から、どう準備しておくのか。

準備しておいて試合で結果が出るなら、必ずアナタ自身の糧になりますからね。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合のリターンは、パートナーに「どう返す予定か」は伝えよう

    ダブルスの試合、リターンで大事なこと。それは、レベルに限らずコ…

  2. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る

    ボディへのサーブ、きっと最近増えています。こう感じるのは、男子…

  3. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で使える、「リターンで有効なコース」4つ

    シングルスの試合、意外とリターンのコース、迷いませんか?ある程…

  4. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で、リターンにロブを混ぜていくために必要な意識4つ

    ダブルスの試合、明日から勝ちたい人。すぐに強くなりたい、結果を…

  5. テニス リターン

    リターン

    「上級者限定!」ダブルスの試合でリターンするのときに、前衛を足止めする裏ワザ

    今回は、私が実際にトッププロとして活躍する選手に聞いた、ダブルスリター…

  6. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスで、スライスのリターンが有効なコース5つ

    ミックスダブルスで、有効なリターン。それは、スライスを上手く使…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールをストロークで足元に沈めるのは、技術的に難しい
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    踏み込んでストロークで攻撃、していくときには「高い位置でのテイクバック」で上から…
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスにおいて延長戦は、他種目以上に日常茶飯事です
  4. テニス ミス

    メンタル

    「負け癖」を拭い去っていく為に必要なのは、テニス以外の生活部分を変えること
  5. テニス ストローク

    ストローク

    厳しいボールをスライスで返球するときほど、しっかり肩を入れて上からラケットを入れ…
PAGE TOP