リターン

ダブっても打ってくる、そんな相手は嫌なもの

昨日の錦織選手の試合、悔しかったですね・・・。

みなさんも、同じ想いなはず。

試合の後半、最後は崩せそうだったのに、相手の強気な姿勢が嫌でしたよね。

ダブルフォルトは、確かに痛い。

でも、上手く覚悟しておくことで、強気の姿勢が相手のプレッシャーになると思うんです。

 

ダブっても打ってくる、そんな相手は嫌なもの

 


 

1.ティエム選手のメンタリティが、すごかった

やっぱり、凄かったと思います。

何でしょう、あの躍動感。

ストローク一つにしても、ジャンプしながら打つ、もう見ていてこちらが疲れるくらい。

あのテニスで試合を最後まで出来るんですから、相当体力には自信があるんでしょうね。

そして、あのサーブ。

決して緻密なコントロールがある訳ではないですが、要所でしっかりワイドに振り切れる。

ダブルフォルトも、気にしない。

この姿勢、私たちにも学ぶ点が多いと思いますよ。

 

2.ダブった後のサーブ、が一番大事

みなさんも、試合でそうじゃないですか?

ダブルフォルトした後のサーブ、ここに真価が問われる。

ティエム選手は、ダブった後にファーストサーブでエース・・・まるで、気にしていないように感じてしまう。

相手にとって、これは嫌ですよね。

リターンで強気にいこうとしても、なかなか踏み込めない。

私たちは、ついダブった後はファーストサーブも入れにいってしまうじゃないですか。

でもそれって、結局叩かれて終わるか、そのファーストが入らなくてセカンドになって、さらにドツボにはまっていく・・・。

そういう試合って、みなさん経験無いですか?

 

3.ダブっての失点も、同じ1点

ダブルフォルトでの失点、確かに痛い。

でも、相手から攻撃されて失点したと思っても、それは同じ失点。

試合の現場では、重たく考える必要は無いでしょう。

次のポイントに引きずってしまうのが、私たちの悪い癖。

ダブっての失点、の準備次第。

いつでも、ダブって崩れていく自分、をどこかで変えないと。

難しいことですけどね。

 

4.ダブルスの試合、ペアを敵にしてない?

私が気になるのは、この点。

ダブルスの試合、味方のペアに気を遣い過ぎて、ダブルフォルトを重ねる人いませんか?

「申し訳ない」という気持ちばかりで、どんどん打てなくなる。

ダブルスの試合、ペアの顔色を伺ってばかりの人は、ダブルフォルトが多いような気がします。

ペアを敵に回していては、当然試合に勝てる訳が無い。

意外と、女子ダブルスの方に多いような気がしませんか?

 

ダブルフォルトは、反則でも何でも無い。

攻めた結果、なら気にしなくて良い。

試合前から、どう準備しておくのか。

準備しておいて試合で結果が出るなら、必ずアナタ自身の糧になりますからね。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス 守備

    リターン

    横に曲がるスライスサーブ、リターンでの対策は?

    最近、個人的につかんだ感覚。みなさんの参考になるかも知れないの…

  2. リターン

    サーブのプレッシャーが無い、レベルは3回戦まで

    みなさんも、トーナメントを勝ち進んでいくと感じるはず。3回戦く…

  3. テニス ボレー

    リターン

    左利きのサーブに苦戦してるなら、思いっきり外側に立とう

    左利きのサーブに、苦戦を強いられる。これは、右利きのテニスプレ…

  4. テニス ストローク

    リターン

    このペアは強い、と思ったら迷わずストレートにリターンを

    ダブルスの試合、私は決めていることがあります。以前にも書きまし…

  5. テニス サーブ

    リターン

    サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない

    今回は、すぐに実践出来て試合で効果的な作戦、をご紹介します。私…

  6. テニス ストローク

    リターン

    スライスサーブのリターンのコツ、教えます

    試合に出て、打たれるサーブ。実際には、スライスサーブが多いと思…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス知識

    痙攣は、慌てなければおさまることも多い
  2. テニス ストローク

    サーブ

    速いサーブを打つパートナーなら、リターンの球筋は割れていく
  3. テニス 壁打ち

    メンタル

    いくら打っても無駄だ…と、相手に思わせれば勝てる
  4. テニス ダブルス

    戦術

    80点のテニスを、相手と作り上げていくのがテニスの試合
  5. テニス 居場所

    ストローク

    アナタのドロップショットを、今すぐ0式に変える方法とは?
PAGE TOP