ダブルス

ミックスで女性に打てない男子、覚悟が足りない

読者のみなさんからのお悩み相談で、多いのがコレ。

男性の方から、「ミックスダブルスをどう戦えば良いのか、分からなくて・・・」という、切実な声をよく耳にします。

今回は、私の意見やスタンスで書かせて頂きます。

男性のみなさん、覚悟を決めましょう。

 

ミックスで女性に打てない男子、覚悟が足りない

 


 

1.余力を残して勝てる時代、は終わった

それこそ、30年以上前のミックスダブルス、なら違うと思います。

ウッドラケットで、女性が男性のボールを打ち返すのは、本当に大変だったことでしょう。

でも、今の時代は違います。

最新のラケット、ガット、ストローク技術で、私は男女の力の差はかなり狭まっていると感じています。

男性が強打したボールでも、しっかり打ち返せる女性は多い。

ですから、「余力を残して打って、勝とう」なんていう甘い考えは捨てましょう。

しっかり打って、打ち合っていくんだと。

女性相手でも、振っていくテニスを変えない、ことが男性のみなさんにとって大事なポイントです。

 

2.「言い訳」をしたいからじゃない?

「女性相手に、打てなくて・・・」と、もしアナタが思っているなら、それは甘えでしかありません。

打てない、という言い訳を残しておきたいだけ。

本当は、そんなに余裕も無いんじゃないですか?

こういう人は、まず試合で勝てないし、男子ダブルスでも結果は出ない。

言い訳出来る幅を残して試合をすること、で自分を守っているだけですからね。

周りから、無能と思われたくないから、試合後も言い訳ばっかり。

そんな人、一緒にいるだけで負のオーラをもらいそうですから、さっさと離れていきましょう。

 

3.女性に打つ、こっちも打たれる

ですが、当然相手の男性も打って来ます。

私はミックスダブルスを組む女性の方に、試合前にこんな話をします。

「相手の女性にも打つので、打たれると覚悟してください」と。

当然ですよね、相手だって勝ちたいから。

ミックスダブルスの試合、男性がどれくらい相手の女性に打つか、は様子を見て調整してくる人がほとんどでしょう。

私はガンガンストレートも狙うし、サーブでもコースを突く。

ただし、いつも通り少し遅めのコントロールショットで、です。

強打するんじゃなくて、走らせるイメージで。

こうやって戦う、という覚悟が出来ているかどうか、は大事ですよ。

 

4.パートナーの女性を、もっと信頼しないとダメ

大抵、相手の女性に遠慮している男性は、パートナーにも遠慮している。

言いたいことが言えず、でも不満が溜まり、フォローしないといけないと勝手に思っている。

こういうのって、女性の方は敏感ですから気付いているケースがほとんどです。

「何だか、頼りにならないな・・・」と思いながら、プレーを合わせているだけ。

もっと、信頼していきましょうよ。

作戦を共有して、やって欲しいこと、出来ることを確認していく。

ミックスダブルスと、しっかり向き合う。

この覚悟が足りない男性が、結局は相手の女性に打てないで負けていく。

ただ、それだけの話だと思いますよ。

 

必要なのは、答えじゃない。

テニスの技術でも無い、ただ「覚悟」です。

ミックスダブルスをしっかり戦う、相手女性と自分のパートナーと向き合うこと。

打っていく、そのラケットを動かす心のスタンスを変えれば、ミックスダブルスは面白くなります。

そして、自然と結果も伴ってくるでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合での、ボールを打っていない人の考え方

    ダブルスの試合で、ボールを打っていない選手の動きはどうか。こ…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスにおいて「ショートクロスはあくまで見せ球」、センターへの突き球と組み合わせて並行陣を崩す

    学生の皆さんのダブルスを観ていると、並行陣に対してショートクロスで攻撃…

  3. テニス ドロップショット

    ダブルス

    ダブルスの試合では、積極的に自分が「オトリになる」意識を持ってパートナーを活かそう!

    他の競技を観ていると、「オトリ」になるような作戦は結構ありますよね。…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    「ペアと仲良く」テニスのダブルスの試合で分担する為に、基本的な優先権を確認する

    ダブルスの試合中、パートナーと声を掛け合っている?もちろんポイ…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「一喜一憂しないこと」が、ダブルスパートナーへの信頼の証

    ダブルスパートナーとの、信頼関係。みなさん、しっかり築けている…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合、「ダブルスの前衛で、責任感の無い人」は絶対に成長しないその理由

    ダブルスが上手い人、ソフトテニスの経験者でもすごく多い印象です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「この練習、意味あるの?」テニスのスマッシュ練習でネットタッチを入れる意味は?
  2. 戦術

    決める力が無い、という勘違い
  3. スマッシュ

    決定力の無いダブルスペアが、変えるべきこと
  4. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの試合で「速いボールに対しても、安定感あるボレー」を継続する為に気を付けた…
  5. テニス 雨

    その他

    テニスのやる気が起きない時に、自分を責めるのは止めよう
PAGE TOP