ダブルス

ミックスダブルスで、「また組みたい!」と女性に感じてもらうコツ7つ

ミックスダブルス、で女性ペアを探している男性のみなさんへ。

私が今まで見てきて、感じたこと、を改めてまとめてみたいと思います。

男性プレイヤーのみなさん、ミックスダブルスをどこか軽く考えていませんか?

ミックスダブルスをしっかり磨けば、アナタ自身の男子ダブルス、シングルスにもすごく活かせる。

その為に、しっかりとパートナーである女性の方の気持ちをつかむこと、大事です。

 

ミックスダブルスで、「また組みたい!」と女性に感じてもらうコツ7つ

 


 

1.まずは「聞く」

普段一緒にテニスをしない、または初対面の女性の方と組む場合には、まず色々と聞いてみましょう。

「普段、どちらでテニスされてますか?」

「並行陣は、使いますか?」

みたいな感じで良いと思います。

大事なのは、積極的に前に出るタイプか、後ろでじっくり打ち合うタイプか、は見極めておきたいところ。

何かの作戦を押し付けるのではなく、しっかり相手から聞いておくことで、女性の方も好印象なはずです。

 

2.前衛でしっかり動く

男性のアナタ自身、まずこれを実行しないとダメ。

ストレートを抜かれても良いので、しっかり前衛で動く、ポーチに出る。

これが出来ないと、ミックスダブルスの信頼関係は構築されていきません。

女性を助ける、じゃなくて自分の存在感をしっかりアピールして、相手にプレッシャーをかけること。

この意識が大事、なんです。

 

3.「どこを任せて欲しい」のか、伝える

例えば、「ロブは自分が取ります」というのでも良い。

または「浅いボールは、走りますね」でも良いでしょう。

男性でも「全部取ります」というのは無理ですから、どこを自分が担当するのか、相談して決めてみて下さい。

この時も、女性の方に得意なプレースタイルを聞いておけば、楽ですよね。

自分優先ではなく、あくまでパートナーの女性優先でコミュニケーションが基本です。

 

4.女性の武器を活かす作戦を

ミックスダブルスは、女性が動かないと勝ち目はありません。

ですので、いかに「パートナーの女性の強みを活かすのか」が大事。

ここをしっかり、2人で考えられるように、会話をリードしていくのは男性の役目。

とはいえ、「得意なショットは、何ですか?」と聞いても、答えに困るでしょう。

「普段、どんな練習をしていますか?」くらいから入っていけると、女性の方も話やすいと思いますよ。

 

5.ポイントを決めても、褒め過ぎない

こういう男性は、悪くないんですけど軽く見えます。

それに、毎回褒めていると、「この人本気かな・・・?」と思われてしまう。

ここぞという場面で、しっかり取れた時には全力で褒める。

それ以外は、「当然ですよね、それくらいは」みたいな感じで良いと思います。

あくまで対等に、試合を勝つ為のパートナーですから。

 

6.先、先を歩いていかない

あくまで、ペースは揃える。

試合会場でも、自分1人でスタスタ歩いていくような男性、いませんか?

チェンジコートでも、勝手に先にコートに入って女性が慌てて追いかける・・・みたいなペア、ダメです。

しっかりとお互いでペースを合わせて、隣を歩くことがダブルスの基本。

細かいようですが、こういう気遣いが無いと男性はダメ。

プレーにまで影響してくるでしょう。

 

7.組んでくれた御礼を、しっかりと

ミックスダブルスって、やはり女性は大変です。

相手男性のペアのボールは厳しいし、パートナーの足を引っ張らないように、と考えて必死なんです。

ですから、「今日は組んでくれて、本当にありがとう御座いました」という御礼は、しっかり伝えること。

この一言、があると無いとでは、その後の印象は全く違うでしょう。

また組みたい、と思ってもらえる男性は、自然にこういう一言が出るんですよね。

 

しっかりと会話する、試合以外の時間でも相手の話を聞く。

これが出来れば、男性のアナタもミックスダブルスで自然と良いパートナーに出会えるでしょう。

良い試合を、ミックスダブルスで重ねていくことはものすごく大事。

良い機会ですので、ぜひ対女性とのコミュニケーション、考えてみませんか?

これも、テニスに真剣に取り組んでいる私たちの特権、ですから。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ゲームメイクと展開力」を身に付ける為に必要な意識とは?

    ダブルスが上手い選手は、ゲームやポイントを作っていくのが上手いと言われ…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスパートナーとの話し合い」テニスの試合で必要な、情報共有のポイント5つ

    強いダブルス、というと皆さんはどんなイメージを持ちますか?私は…

  3. テニス 攻撃

    ダブルス

    浅いストロークこそ、実はポーチのチャンス

    ダブルスの試合で、雁行陣同士の戦い。後衛がストロークで打ち合っ…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでのコミュニケーションが苦手・・・な人、私は応援したい

    頂いたアンケートをじっくり読んでいて、目に留まった1つのお悩みがありま…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスペアの一体感、言葉にするのは簡単

    試合で勝ち上がっていくのに、ダブルスでのペアの一体感は欠かせません。…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣、「ストレートロブを落としてしまうペア」は、前にいる意味が無いのでは?

    ダブルスの試合で、2人でネットプレーに挑む並行陣。なかなか学生…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュは逆クロスのコースが、試合では決まりやすい
  2. テニス セルフジャッジ

    ストローク

    ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ
  3. テニス ダブルス

    サーブ

    センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する
  4. テニス ストローク

    その他

    アナタのテニスは、「たくさんの人に支えられている」ということだけは、覚えておいて…
  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの前衛の極意は、「横取り」にある
PAGE TOP