戦術

ミックスダブルスで、男性が女性を攻撃していく基本戦術について

ミックスダブルスの試合、こんな心理の男性プレイヤーの方は多いでしょう。

「相手の女性相手に、どこまで打てば良いものか・・・でも、打たないとやられるし・・・」

この問題について、改めて基本となる男性対女性、の雁行陣の考え方をまとめておきます。

強打を使わずとも、女性を動かしてポイントは取れる。

もちろん、容赦なく攻撃してく姿勢、が第一です。

 

ミックスダブルスで、男性が女性を攻撃していく基本戦術について

 


 

1.まずは、相手前衛の男性を足止めしよう

赤が女性、青が男性とイメージしてみて下さい。

この場合↓、ボールを打とうとしている男性がアナタ自身、です。

相手は前衛が男性、後衛が女性。

まずは、この場合相手の男性を足止めしないといけない。

当然、後衛の女性を助けるようにポーチに出て来ること、が多くなる場面ですよね。

こういうプレー、をさせないようにしっかりストレートに打つ。

抜こうと思わず、「ストレートにも打つからね」というメッセージを相手に送る。

まずはこの意識付け、をしっかりしておくこと。

そして、相手の女性側に打てるように下準備、しておくことが大事です。

 

2.狙いは、相手の女性の前のスペース

やはり、女性は前が弱い方が多い。

ダッシュ力も男性よりは劣りますから、後衛のポジションから前に走る、のは大変な方が多いでしょう。

逆に、後ろでのストロークは粘り強い方が多いですから。

ドロップ気味、のボールをこの辺りに打ちたいところ、ですが・・・。

普通に打ってしまうと、もしかしたら相手の前衛、男性がカバーに走ってくる可能性もあります。

ナイスなドロップ、ネット際に落ちるようなボールは、前衛よりも前にバウンドしてしまう。

そうなると、↑のようにカバーに走られて逆にこちら側の前衛、女性が攻撃されてしまいますね。

ですから、狙いは少しだけ後ろ、サービスラインの少し前くらいで良いでしょう。

そもそも、相手女性には、触らせて良いんです。

確実に、相手の後衛=女性に触らせる、ことが大事。

その次のボールから、どう展開していくかを考えてこのショットを打っていきましょう。

 

3.相手の女性が、どういうタイプか?を考えてみる

この作戦、の後は基本的には4人で前、のポジショニングにしたい。

打った男性、アナタ自身も前に出るとより攻撃的にプレー出来るでしょう。

ただ、注意したいのは、この女性がどういう返球をするのか。

打って来るのか、あるいはロブを使って来るのか・・・意外と、ミックスではロブを使って浅いボールを処理する方が多いように思います。

やっと触ったボールをロブ、も良い選択ですよね。

ですから、この作戦の前にパートナーの女性ともしっかり話しておく必要がありますね。

「前に引っ張り出して触らせるから、ロブをケアして下がって」という感じで、声をかけておくことも出来る。

もちろん、強気にクロスに打って来るような相手、なら男性がしっかり対応する。

この辺り、性格で結構変わりますからね。

 

4.相手女性が考え出せば、こちらのもの

上手い人ほど、警戒してくれます。

自分が浅いボールで動かされた後は、「また打たれるんじゃないか・・・」と思って、ポジションも前気味になる。

そうなると、今度はロブが効いてくるんですよね。

ストレートロブ、もしっかり打てると、相手の後衛の女性はもうパニックでしょう。

前も横も、守らないといけない・・・それなのに、パートナーの男性は動いてくれない、助けてくれない。

だって、ストレートにしっかり打って足止めされてますからね。

こうやってジワジワ、相手ペアの信頼関係を崩していく、ことが出来ればミックスダブルスは必ず勝てる試合が増えていくでしょう。

 

男性は、女性を動かす。

強打じゃなくて、ここで遠慮なく攻めていければ良いんです。

繰り返しますが、情け容赦なく、いきましょう。

そのためにまずは、女性としっかり戦えるように相手の男性を足止めしておくこと。

それから、前後に動かして迷いを誘うこと。

これが一番、ミックスダブルスでは大事な基本戦術になります。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. 戦術

    イレギュラーバウンドの多いコートで、必要な5つの意識

    テニスの試合、張り切って会場に到着してみると…。ボロボロのハ…

  2. テニス テニスノート

    戦術

    相手のナイスポイント、の後に間を空けて考えることは・・・?

    試合の中で、みなさんしっかり「間」を取れていますか?ポイント間…

  3. テニス 上達

    戦術

    アナタにとっての強み、弱みは、対戦相手によって変わってくる

    試合の中で、アナタの強みや弱み、弱点や武器。それは、対戦相手に…

  4. 戦術

    人を騙すのが苦手な人は、自分が騙されていることに気付かない

    テニスはある意味、騙し合い。これが良い悪い、の議論はさておき、…

  5. テニス サーブ

    戦術

    全米オープンまでに学んでおきたい「ハードコートでのテニスの試合」の基本戦術5つ

    プロテニス界は夏から秋のハードコートシーズンへ。その一大イベン…

  6. テニス ハードコート

    戦術

    テニスの試合では、「強い相手にこそ、先に仕掛ける」意識が絶対必要です

    テニスの試合、強い対戦相手との試合は避けて通れない。いや、これ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. リターン

    サーブのプレッシャーが無い、レベルは3回戦まで
  2. テニス ポジショニング

    フットワーク

    滅多に来ない厳しいボールを、待ち続ける悲しい人たち
  3. テニス 構え

    ストローク

    相手の深いストロークを、いかに振り切れるかが試合では大事
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが苦手で浅くなる人は、「もう一度踏み込む足」を意識して下半身から打とう…
  5. テニス ストローク

    シングルス

    上のレベルで結果を出すシコラーの選手は、ミスを待っているだけじゃなく「引き出して…
PAGE TOP