テニス 準備

ダブルス

ミックスダブルスの試合を優位に進めたければ、「早めに男性を狙ったポイントを作る」ことが大事

私自身、最近はミックスダブルスに出る機会が多く、色々と研究する毎日です。

結構意識して効果的だったのが、「相手男性プレイヤーの自信を、いかに削いでいくか」です。

これは試してみると本当に効果的で、ぜひ皆さんにも試して欲しい。

そう思って今回は、書いてみたいと思います。

 

ミックスダブルスの試合を優位に進めたければ、「早めに男性を狙ったポイントを作る」ことが大事

 

■「アナタのこと、全然怖く無いですよ」というメッセージを試合の序盤に送る

男性が引っ張る、女性がそれに付いていくようなダブルスが、実際のミックスダブルスには多い。

そうなると、「男性頼み」な部分が崩れていくと、女性としては精神的にも不安定になり、普段出来ているようなプレーもおぼつかなくなる。

相手に揺さぶりをかける意味でも、あえて男性をしっかり狙って「アナタを怖がってはいません」というメッセージを相手に送りましょう。

てっきり自分は避けられて、女性ばかり狙われるだろう・・・と思っていた男性プレイヤーからすると、いきなりの奇襲に慌てるはず。

そう、しっかり男性にもボールを配球していくには序盤がベストです!

 

■男性プレイヤーを足止めしておけば、女性の側を狙うのも楽になる

男性側に配球しておけば、そう簡単に男性プレイヤーも女性側を助けにいけない。

これこそ、まさにこの作戦の狙いです。

試合の中盤では、しっかり女性を狙ってポイントを獲りたいので、その伏線として序盤の男性狙いがあるのです。

足止めさえしっかり出来ていれば、男性プレイヤーがどんなに上手くても楽。

ミックスダブルスの戦い方が、相当楽になるはずです。

 

■相手プレイヤーがどんなに上手くても、ミックスダブルスなら勝機はある!

不思議なもので、ミックスダブルスは「上手い男女」が組んでも強いとは限らない。

下手にプライドが高い選手同士だと、お互いを活かしきれないようなペアも多い。

大事なのは、事前の準備と役割分担。

特に準備の部分では、相手をどう攻めていくかをしっかりペアで確認しておきましょう。

間違っても、安易な女性狙いや、上手い男性を避けようとはしないこと。

ベテランで熟練したミックスペアにとっては、そんな作戦は10年前からお見通しでしょう。

 

これはミックスダブルスだけでなく、実力差があるようなダブルスペアでも応用可能な作戦です。

自分たちが守る立場になったときにも、参考になりますよね。

強い選手、ペアの主導権を握っている選手の出鼻をくじいて試合になるべく参加させないような攻撃、出来ていますか?

精神的に優位を保つためにも、試合の序盤の配球は大事です!

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜアナタのダブルスは勝てないのか?」を考えると、試合中にペアに謝ることの無意味さに行き着く

    「ダブルスの試合、どうしても勝てないんです。。」というお悩みの声を、た…

  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「試合前に決めておく大事なこと」を5つピックアップしてみた

    ダブルスの試合、初めてペアを組んで試合、みたいなケースも多いと思います…

  3. テニス ストローク
  4. テニス サーブ
  5. テニス ダブルス
  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛は、ネットに詰めてアングルボレーが基本です

    ダブルスの試合、強くなっていくには何が必要か。せっかくコート上…

特集記事

  1. ストローク

    「スライス回転のバウンドを予測する」ことが出来ないと、テニスの試合には勝てません…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう
  3. テニス メンタル

    戦術

    試合中のプレーに波がある人は、「上の部分」を抑えてコントロールしていこう
  4. テニス 練習

    シングルス

    シングルスの試合で求められるパッシングショットは、速いストレートとショートクロス…
  5. テニス テイクバック

    ストローク

    現代テニスでは、「ジャックナイフ式バックハンド」は打てないと弱点になる、くらいの…
PAGE TOP