テニス スマッシュ

ダブルス

ポーチが上手い選手が意識している、5つのコツ

ダブルスの試合で、ポーチに出て決める。

カッコ良いですよね、ダブルスパートナーとしては頼もしい。

大会の会場では、ほぼ「出る人、出ない人」に分かれてしまうのが現状でしょう。

さぁ、アナタ自身が「出る人」になるには何が必要か。

本当に、ちょっとしたコツなんです。

 

ポーチが上手い選手が意識している、5つのコツ

 


 

1.センターに寄る

前に詰める、だけじゃ足りません。

センターに寄る、ことが大事なんです。

ポーチで攻撃出来る前衛は、すごくセンター寄りのポジションで相手が打つ瞬間、を待ち構えている。

ストレートを抜かれても良い、しっかりとプレッシャーをかけること。

なかなか、このセンターに寄って待つことが出来ないんですよね、前衛として。

ポジションを変えることこそ、一番のコツです。

 

2.ポイントを考えてプレーする

相手が、クロスに打ちたくなる場面。

試合でどんな場面でしょうか?

私なら、「負けている状況なら、まず安全にクロス」と考えます。

リードしてから、ストレートアタックや変わったことをしたい。

だからこそ、ポイントシチュエーションを考えて、自分たちがリードしたらどんどんポーチに出る。

相手が何を考えているのか、どんなプレーを選択しやすいのか。

考えておくと前衛として動きやすいですよ。

 

3.相手の癖を読む

例えば、バックハンドはスライスのような相手。

これはポーチに出やすいですよね。

小さいことでも良い、必ず相手はヒントをくれます。

どんな場面で、スライスなのか、クロスなのか。

浅いボール?深いボール?

きっと、クロスに打つ癖があるショット、は見つかるはずです。

 



 

4.「行き過ぎポーチ」になれている

ポーチが上手い人って、飛びつく感じじゃない。

むしろ、早く動き過ぎて、行き過ぎてしまって逆でボレー、なんてことが多い。

これらも、全て想定内なんです。

フォアハンドでポーチに出たけど、右に行き過ぎてバックボレーになってしまった、なんてことは日常茶飯事。

これに慌てないように、普段から逆に来ても良いように準備しておきたいですね。

 

5.ドロップボレーのコースを用意しておく

いざポーチに出たけど、相手のボールが低い。

こんな時に、慌てていてはダメ。

落ち着いて、前に落とすようなイメージも用意しておきましょう。

バン!と叩くだけがポーチ、と思っている人は自分の首を絞めているだけ。

上級者しか出来ないショット?

そんなことはありません。

まずはやるか、やらないか。

消極的な姿勢では、ポーチの経験値は積めませんから。

 

動き出す勇気、速さは、みなさん結構身に付いて来たんじゃないでしょうか。

あとは、本当に細かいコツ。

考えながらではなく、身体に染み付かせるまで練習や試合で繰り返しましょう。

「前衛なら、ポーチに出るのが当たり前」になりましょう。

動かないこと、が例外なんだと。

私は、そんな感じです。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合において、「ダブルスでペアの連携力を高める」ことができるオンコートでの習慣5つ

    ペアの連携力、日々アップさせていきたいですよね。でも具体的に何…

  2. ダブルス

    ダブルスの試合での、連続攻撃の基本について

    ダブルスの試合で、有効な連続攻撃。強いペアは、ここぞというポ…

  3. テニス チャンス

    ダブルス

    「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる

    並行陣、イマイチポジションが分からない・・・という方。「ロブケ…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「ペアに任せる勇気」は、試合でなかなか持てない

    試合で自分のペアを、しっかりと信じ切る。これ、出来ているようで…

  5. ダブルス

    ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイント

    ダブルスは前衛、後衛と求められる役割が違う。硬式テニスでは前衛…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で鉄壁な並行陣は、「センターの守り方」が優れているから抜かれない!

    この夏こそダブルスで並行陣にトライしたい、または並行陣の強いペアを倒し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    相手が仰け反った瞬間、そのストロークは浅くなる
  2. テニス シングルス

    サーブ

    サーブを打つ位置、「自分が打ちやすい場所から」って安易な発想
  3. テニス 調子

    テニススクール

    コーチ次第、じゃなくて、自分次第ですから
  4. テニス テニスボール

    その他

    オリンピック開幕直前!今振り返りたいテニス競技の名勝負動画
  5. その他

    一緒に練習するテニス仲間が、「いつの間にか画一化された集団」になっていないか、立…
PAGE TOP