ダブルス

ミックスダブルスこそ、女性は強気が基本

ミックスダブルスの試合、プレーを頑張る女性のみなさん。

何だかんだ言って、結構大変ですよね。

相手の男性のプレーを受け止めて、自分のパートナーを活かす。

男女の組み合わせですので、難しいことも多いと思います。

だからこそ、楽しいミックスダブルス。

私が推奨したいこと、女性の考え方や姿勢について、改めて書いてみたいと思います。

 

ミックスダブルスこそ、女性は強気が基本

 

1.対戦相手の男性、の立場から言わせてもらうと・・・

私も、30代になってからミックスダブルスの試合に多く出るようになりました。

そこで感じたのは・・・「相手の女性、ミックス上手い!」という方が本当に多いということ。

正直、テニスの技術レベルじゃないんですよね。

上手い女性は確かに脅威ですが、それ以上に脅威なのは「強気」な女性。

大事なところで動いて来るし、守備の意識が高いし、しぶとい。

強気なメンタルで、相手の男性に一歩も引かない。

これは、ミックスダブルスで大事な基本の部分、だと思います。

 

2.「でも、男性と打ち合うのはしんどい・・・」なら、強気の発想で!

強気な選手は、非常に客観的。

強気だからと言って、ムキになって男性とラリーしたりはしない。

男性サーブをスライスでロブリターン、のような「かわし方」が上手いんですよね。

これって、強気だからこそ出来るプレーですし、きっと日頃からしっかり練習してるんでしょう。

打ち合うのがしんどいけど、試合に勝ちたい、ならどうするのか、を自分で考えることが出来る。

積極性が強いと、相手男性も「サーブ、全然怖がってくれないな・・・」となっていく。

ミックスダブルスが強いペアは、いつだって女性の意志が強い。

だから、簡単には負けないし崩れないんですよね。

 

3.自分が狙われること、大歓迎!のスタンス

こういう覚悟がしっかりしている女性は、強いですよ。

「自分は狙われるから、自分の守備力が鍵」だと分かってますからね。

いかに凌いで、相手のミスを誘えるのかを考えている。

普段から、速いストロークをボレーで返球したり、スマッシュにも喰らい付いてくような姿勢があるんだと思います。

狙われることを、大歓迎!と考える。

そこで凌いで、自分が試合を動かしていく覚悟がある。

いや、そんな女性に向かって強引になって攻めれないですよ、相手の男性も。

だって、守備の意識が高い相手に、自滅が怖いですからね。

 

4.大事な場面で、ポーチに動く!

3.で堅実さをアピールしたら、次はそれを活かす。

守備を攻撃につなげていく、そのイメージがしっかり固まっている女性は、もうミックスダブルスの主役です。

大事な場面で、しっかり前衛で動ける。

何でも男性任せ、になっているようなミックスペアはもちろん勝てない。

ただこれは、非常に男性の責任も大きいですね。

強気な女性、をしっかり育ててプレーさせていく男性、の役割も大きいでしょう。

このあたり、しっかりペアで話し合って方針を決める。

強気な女性、がしっかり活躍出来るミックスダブルスのペア、一緒に作っていきましょう!

 

自分を変えていく勇気、私は何度もこのサイトで書いて来ました。

アンケートやお便りを拝見していると、女性の方はどんどんチャレンジしていける。

男性の方が、プライドが高くて自分を変えられない、試合でもなかなか結果が出ないで悩んでいる方が多い。

強気になるには、上手くならないといけない?

もちろんそうですが、強気な姿勢にテニスが付いて来る、のがほとんどです。

ぜひ、強いミックスダブルスに向けて、男女それぞれで考えていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    試合に強いダブルスは、「0-40、15-40からスコアを戻せる」その為の作戦意識について

    ダブルスの試合、ペアでスコアに応じた作戦、皆さんはどうでしょうか?…

  2. ダブルス

    ダブルスの試合では、コートの端にいてもボールは永遠に飛んで来ません

    ダブルスが強いペアは、2人の距離が近くポジションがセンターに集まってく…

  3. テニス ストローク

    ダブルス

    右利きプレイヤー視点で、ダブルスのリターンサイドを考えてみると・・・?

    今回は、ダブルスのリターンのサイド、について考えてみたいと思います。…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合で「後衛の前にドロップショット」を打たれたら?

    テニスのダブルスの試合、よくあるケースだと思います。相手が意図…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合、「自分がミスして終わりたくない」のは、テニススクール生の性

    女子ダブルスの試合、観ていると気付くことがあります。「あ、この…

  6. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、並行陣にこだわり過ぎていると「並行陣慣れ」しているダブルスペアには勝てない

    ダブルスの試合は、大学生くらいから特に男性は並行陣が主体となる。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    「ダブルスでサービスキープ率を上げたい!」ために必要な4つの意識と準備を考えてみ…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップの腕、「トスを上げて終わり」じゃない
  3. テニス 準備

    ボレー

    オープンスタンスでのボレーの時に、しっかり「ドロップボレーの準備」も頭にイメージ…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで顔を残すことが出来れば、打てるコースは自然に拡がる
  5. テニス リターン

    リターン

    試合で使えるリターンが1種類?それじゃ、勝てないですよね
PAGE TOP