テニス サーブ

フットワーク

どんなに上手い選手でも、テニスは自分のポジショニングによって打てる場所は限られる

テニスが上手い人、対戦相手って「いつもでもどこでも、好きな場所に打てる」ように感じること、ありませんか?

凄く上手い人って、何を考えながらテニスしているんだろう・・・と、私も本気で考えたことがあります。

ですが、話を聞いてみると意外と「セオリー通り」にしか打っていない、と彼らは答えてくれる。

そう、決して無理している訳じゃない、んですよね。

 

どんなに上手い選手でも、テニスは自分のポジショニングによって打てる場所は限られる

 


 

■テニスは自分のポジションによって、打てるコースが変わってくる

テニスというスポーツはネットを挟んで打ち合うスポーツ。

まずはこの障害物を超えて、相手コートにボールをバウンドさせないといけない。

そう考えると、実は自分が今いるポジションから、打てるボールは限られてくるのです。

例えばセンター、からはワイドに打ち辛い。

なぜかと言えばワイド、つまりサイドライン添いにバウンドさせようと思ったらネットの中心に近いところを通さないといけませんよね。

サイドライン近くにバウンドさせることは出来ても、そのまま外方向に逃げていくショット、はセンターからは打ち辛いのがテニス、です。

 

■相手をセンターに寄せれば、打てるコースは限られてくる

ダブルスでもシングルスでも、まずは相手を「センター」に寄せておく。

そうすれば、打たれるコースは限られてくるのがテニス、です。

特にサーブをしっかりセンターに入れると、相手のリターンのコース=ネットの上のどこを通すのか・・・は、限られてくるから前衛が動きやすい。

テニスって、意外と「相手をコート端に動かす」と、同時に守る範囲も広くなる。

相手を振り回しているようで・・・最後は自分が振り回されて終わる、みたいなポイント、多いですよね。

 

■相手を「振り回している」雰囲気が、一番怖い

シングルスの試合でもダブルスの試合でも、相手を「走らせている」ことに満足してはいないか?

確かにコートの端から端、に動かすことは攻撃の基本。

ですが、同時に相手がコートの端、にいるときは反撃の危険性が高まっているということも準備しておく。

なぜならコートの端からは、ネットの上を通すという意味では通せる範囲は広くなっている、ポール回し、なんて技術もありますしね。

アナタ自身が攻撃して相手を振り回していても・・・油断は禁物です。

 

文章だけですと、伝わりにくい部分が多々ありましてすみません。

皆さんからのご要望もあり、出来るだけこういった内容は動画でお伝えできればと思ってまして、今準備しています。

テニスが上手い人も、実は自分のポジションに応じて苦渋の選択をしているとき、多いですからね。

そう考えると・・・まずはそこから潰してみる、のが有効な作戦ですね。

自分なりに考えて、試合の中で実践してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス 走力

    フットワーク

    相手に攻撃されそうなときには、「とにかくスタンスを広くする」だけで守備力が上がります!

    サッカーのゴールキーパー、野球の内野手・・・に共通するのは、「高い守備…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    〇〇が出来るようになれれば、テニスは各段に上のレベルにいける

    相手の打つコースに先回り、カウンターショット・・・。皆さん、こ…

  3. フットワーク

    「ザーッと滑りながら追いかける」オムニコートのテニスの試合で必要な技術とは?

    日本のテニスコート、今ほとんどが砂入り人工芝のコートになってきたね。…

  4. テニス ダブルス

    フットワーク

    「結果的に入っても取れる」フットワークを

    セルフジャッジ、の試合でよくある光景。そして、試合に勝てない人…

  5. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスの試合で「ボールへの反応を速くしたい!」と思う人に贈る4つのヒント

    試合で相手のボールに対して「反応が速い人」と「遅い人」がいます。…

  6. テニス フットワーク

    フットワーク

    ラケットを先に出すと、人は走れない

    足が速い人、遅い人。私は、この走力ってテニスですごく大事だと考…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    前にドロップショット、フォアハンドで拾うことが一番
  2. 戦術

    試合では「落としても良いポイント」が大事な、その理由
  3. 戦術

    テニスの試合で勝つために必要な「展開力」を身に付ける為の4つの意識
  4. テニス テニススクール

    日々の雑記

    日本のテニスの草トーナメント大会って、本当にピンキリ
  5. テニス 雑記

    日々の雑記

    「当たり前のことを、何回も言うなよ・・・!」と思ったら
PAGE TOP