ダブルス

みっともないミックスダブルスをした男性ほど、その後のテニスは強くなる

みなさんは、ミックスダブルス、プレーされる機会はありますか?

学生の方ですと、あまり無いかもしれませんね。

社会人になってから私もプレーするようになったミックスダブルスですが、これは本当にテニスの上達に役立つ。

「え?それは女性がじゃなくて?」と思っているみなさん、大きな勘違いです。

ミックスダブルスは、男性こそ強くしてくれる最高の種目ですよ。

 

みっともないミックスダブルスをした男性ほど、その後のテニスは強くなる

 


 

1.ミックスダブルスは、男性にとって鬼門

実際にやってみて、そう感じると思いますよ。

とにかく男性である自分は、ミス出来ない。

ミス出来ないし、しっかり相手を攻撃していかないといけない。

このプレッシャーを乗り越えようとして、必死になりますよね。

夫婦やカップルで組む機会も多いですから、なおさら力が入るでしょう。

こういう「ミス出来ない」というプレッシャーって、なかなか経験出来ないじゃないですか。

だからこそ、ミックスダブルスは男性にとって鬼門であり、乗り越えていくべき壁なんです。

メンタルも強く、たくましく変えていける力は、ミックスダブルスで養えるんです。

 

2.それでも、「みっともない試合」は絶対に経験することになる

と、覚悟しておいた方が良いでしょう。

私も経験あります。

上手く試合が運べない、サーブも入らないしリターンもミス・・・ミックスダブルスの試合の中でイライラして、パートナーに八つ当たりしたり。

本当に、思い出しても恥ずかしいような経験、たくさんしてきました。

もしみなさんも近しい経験をしているなら、ぜひ胸を張って欲しい。

だって、そうやってみっともない姿になるくらい、勝ちたいと思って頑張って試合を進めていたから、じゃないですか。

勝ちたいからこそ、感情的になる。

ミックスダブルスでもそのモチベーション、が持てることがまず大事。

だって・・・変な人、いっぱいませんか?ここの部分。

 

3.一番みっともないのは、勝つ意識が無い男性プレイヤー

だと、私は思います。

まぁ、ミックスを舐めてるんですよね。

自分が頑張っても、女性にボールを集められたら厳しいと思って諦める。

全体的に、軽くいないして遊びな雰囲気。

こういう男性プレイヤーが、私は一番みっともないと思います。

何せ、自分で気付いていないですからね。

みっともない経験、に気付いていないからこそ、一番みっともない。

ミックスダブルスって、こういう人間の素の部分、がすごく出やすいと思うんです。

 

4.ミックスダブルスから学ぶべきもの、とは?

男性のみなさんは、ぜひミックスの試合に出て欲しい。

そして、ぜひ試合全体を客観視してコントロールしていく、という視点を磨いてほしいんですよね。

男子ダブルスよりも、少しペースはゆっくりになりますから、より配球やポジショニング、駆け引きといった部分が際立つのがミックスダブルス。

その感覚は、間違いなく男子ダブルスやシングルス、にも活かされるでしょう。

それも、みっともない試合を経験するくらい、真剣にやった人だけが気付くこと、ですけど。

 

試合に出ていたら、色々な経験をするのが当たり前。

これを避けては通れないのがテニス、ですから。

男女で組むミックスダブルス、避けてしまいがちな人もいると思いますけど・・・怖がっている自分から一歩踏み出すこと。

それがアナタ自身の上達、につながるはずです。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    「サーブが強い、ボレーも手堅い・・・」そんな強豪ダブルス並行陣ペアを倒すのに、必要な意識4つ

    ダブルスの試合をしていて、サーブもボレーも強力で手強い。並行陣…

  3. テニス リーダー

    ダブルス

    団体戦のダブルスに、必要な要素とは?

    団体戦を、チームとして勝ち抜いていきたい。そう考えるときに、肝…

  4. ダブルス

    ミックスダブルスこそ、女性は強気が基本

    ミックスダブルスの試合、プレーを頑張る女性のみなさん。何だかん…

  5. ダブルス

    ストレートを抜かれても、カバーできる後衛はどんな感じ?

    ダブルスの試合で、雁行陣でのラリー。そこから味方の前衛が動いた…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで試合では、一人狙いで8割のポイントを獲れる

    ダブルスの試合、大事なのは「一人狙い」。あえて、このポイントに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ボレーは「グリップの握り込むタイミング」で伸びが変わる!意識したいポイントは?
  2. テニス チャンス

    練習メニュー

    「良いフォームは自分で開発出来なきゃなきゃダメ!」テニスの試合で苦しいときに実力…
  3. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で「リターンから強気に攻撃する」ために必要な練習方法5つ
  4. テニス メンタル

    ストローク

    試合でエースを欲しているときは、アナタの歯車が狂い始めている予兆
  5. テニス メンタル

    戦術

    大事なテニスの試合を戦う準備、5つの心得
PAGE TOP