テニス ダブルス

ダブルス

初対面の人とペアを組むときに、意識したいコミュニケーション4つ

社会人の方やスクールで頑張る皆さん、の中には、初対面の方とダブルスペアを組むケースも多いと思います。

「まぁ、初めてだしいきなり勝つのも・・・」と思ってしまいますか?

確かに難しいことも多いですが、初めて組むからこそしっかりしたプレーが出来ると、「また組みたい!」とアナタ自身思ってもらえるはず。

これって、テニスを上達させていく上ですごく大事なことなんです。

 

初対面の人とペアを組むときに、意識したいコミュニケーション4つ

 

1.ペアの良いところを見つけて伝える

いきなり初対面でペアを組む訳ですから、お互いに緊張しますよね。

自信も無くなる、こともあるでしょう。

だからこそ、ペアの相手の良い所を探して口に出す、伝えてあげる。

「リターンすごく安定してますねー」みたいな一言、だけですごくダブルスが楽に戦える。

試合の中で前向きなことを言ってあげれば、アナタも言ってもらえて乗っていけるはずです。

 

2.ラリーの中でポイントを獲った後は、手でタッチ

これ、恥ずかしがらずにやった方が良いです。

男女関係無く、良いポイント、ラリーが長くなったポイントの後にはハイタッチ、基本です。

これはむしろ、マナーと言っても良いと思います。

グッと距離が近くなりますし、自然と緊張感もほぐれていく。

アナタから優しく、下から手を差し出してみて下さい。

 

3.サーブ&ボレー、リターンダッシュは「やるかどうか」伝える

いきなりのコンビプレー、は難しくても、「前に行くかどうか」は伝えておいた方が良い。

これはサーブ、リターンを打つ選手が前衛の選手に伝えておくと、前衛の選手は戦いやすくなります。

いきなり前、にパートナーが出て来るよりも、心の準備が出来る。

並行陣になる、ことが分かれば、自分の上にもロブが来る可能性が高くなりますしね。

この一声、は大事です。

 

4.センターをしっかり意識して守る

初めて組むペアは、どうしてもポジションの距離が離れがち。

ここだけ意識すれば、そう簡単にセンターを抜かれることは無いでしょう。

初対面のペアは、守備力がどうしても低下しがち。

攻撃は個人のスキルで結構いけるんですけどね。

まずはしっかり2人の距離を近づけて、センターの守備を徹底していきましょう。

 

ダブルス上手は、コミュニケーション上手。

初対面の人と組んでも、しっかり試合を作って勝っていける。

アナタ自身、こういった力があるとダブルスにも自信が付いて来るし環境も広がっていく。

社会人の方だけでなく、ぜひ学生の皆さんも意識してみて下さいね。

 

今回のまとめ

相手が打つ瞬間に次の攻撃、をイメージする癖を付けよう!

 

関連記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「相手に追い込まれそうなとき」こそしっかり相手のポジショニングを確認しておけば反…

    テニスの試合は、相手に攻撃されて「追い込まれていく」ときに、その人の実…

  2. ダブルス

    「ポーチされないクロスショット」テニスのダブルスの試合では逆転の発想で勝てるようになる!

    ダブルスが苦手だった。いつまで苦手って思ってただろう。とにかく…

  3. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で「前衛が動いてリターンをストレートへ誘う」為の心得え5つ

    ダブルスの試合で、前衛の役割とは何でしょうか?ポーチを決めるこ…

  4. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「リターンでストレートを抜かれるのは前衛の責任?」という疑問について

    ダブルスで、前衛がストレートを抜かれる。リターンのときに、よく…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「ミスしないで・・・」とアドバイスした時点で、ミスへの序章が始まる

    ダブルスのペアで試合中、皆さんどんな「声かけ」が多いですか?味…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合、「ペアがコートの外へ追い出された」ときに必要な守備的なポジショニングとは?

    ペアで連携した守備ができるようになると、ダブルスは強くなるし面白い。…

スカイクレイパー広告枠

  1. その他

    「知らないうちに、やってるかも・・・」テニスの試合会場で見かける、マナー違反な行…
  2. ダブルス

    【試合前・保存版】ダブルスの試合で、ペアと確認しておくこと5つ
  3. サーブ

    サーブを打つ時に、「大きく胸を張って反る動き」は本当に必要か考えてみた
  4. その他

    なぜここまで「準備」の大切さを説くかと言えば、単純に誰でも出来ることだから
  5. テニス 不器用

    フットワーク

    接戦の試合は勝って良し、の後にどうすれば楽に勝てたかを考える癖を
PAGE TOP