テニス ダブルス

ダブルス

初対面の人とペアを組むときに、意識したいコミュニケーション4つ

社会人の方やスクールで頑張る皆さん、の中には、初対面の方とダブルスペアを組むケースも多いと思います。

「まぁ、初めてだしいきなり勝つのも・・・」と思ってしまいますか?

確かに難しいことも多いですが、初めて組むからこそしっかりしたプレーが出来ると、「また組みたい!」とアナタ自身思ってもらえるはず。

これって、テニスを上達させていく上ですごく大事なことなんです。

 

初対面の人とペアを組むときに、意識したいコミュニケーション4つ

 


 

1.ペアの良いところを見つけて伝える

いきなり初対面でペアを組む訳ですから、お互いに緊張しますよね。

自信も無くなる、こともあるでしょう。

だからこそ、ペアの相手の良い所を探して口に出す、伝えてあげる。

「リターンすごく安定してますねー」みたいな一言、だけですごくダブルスが楽に戦える。

試合の中で前向きなことを言ってあげれば、アナタも言ってもらえて乗っていけるはずです。

 

2.ラリーの中でポイントを獲った後は、手でタッチ

これ、恥ずかしがらずにやった方が良いです。

男女関係無く、良いポイント、ラリーが長くなったポイントの後にはハイタッチ、基本です。

これはむしろ、マナーと言っても良いと思います。

グッと距離が近くなりますし、自然と緊張感もほぐれていく。

アナタから優しく、下から手を差し出してみて下さい。

 

3.サーブ&ボレー、リターンダッシュは「やるかどうか」伝える

いきなりのコンビプレー、は難しくても、「前に行くかどうか」は伝えておいた方が良い。

これはサーブ、リターンを打つ選手が前衛の選手に伝えておくと、前衛の選手は戦いやすくなります。

いきなり前、にパートナーが出て来るよりも、心の準備が出来る。

並行陣になる、ことが分かれば、自分の上にもロブが来る可能性が高くなりますしね。

この一声、は大事です。

 

4.センターをしっかり意識して守る

初めて組むペアは、どうしてもポジションの距離が離れがち。

ここだけ意識すれば、そう簡単にセンターを抜かれることは無いでしょう。

初対面のペアは、守備力がどうしても低下しがち。

攻撃は個人のスキルで結構いけるんですけどね。

まずはしっかり2人の距離を近づけて、センターの守備を徹底していきましょう。

 

ダブルス上手は、コミュニケーション上手。

初対面の人と組んでも、しっかり試合を作って勝っていける。

アナタ自身、こういった力があるとダブルスにも自信が付いて来るし環境も広がっていく。

社会人の方だけでなく、ぜひ学生の皆さんも意識してみて下さいね。

 

今回のまとめ

相手が打つ瞬間に次の攻撃、をイメージする癖を付けよう!

 

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスにおいて「ショートクロスはあくまで見せ球」、センターへの突き球と組み合わせて並行陣を崩す

    学生の皆さんのダブルスを観ていると、並行陣に対してショートクロスで攻撃…

  2. ダブルス

    「相手のファーストボレーが深い・・・」ダブルスのサーブ&ボレーヤーに有効な対策とは?

    ダブルスの試合も上のレベルになると、手堅いサーブにサーブ&ボレ…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「隙が無いダブルスを崩す為に」必要なセンターセオリーと連続攻撃について

    ダブルスで2人が横に並ぶような陣形、並行陣やダブルバックの陣形のダブル…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルス弱者としての仕事を全うせよ!」テニスの試合で勝ちたければ、割り切ろう

    ダブルスの試合をする時、明らかにレベル差がある場合って弱い方を狙うのは…

  5. ダブルス

    強いダブルスのペアを倒すなら、「あえての〇〇」の勇気が大事

    ダブルスの試合、こんな経験はありませんか?「相手ペアは、実力差…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    Iフォーメーションが上手く機能しない人は、「前衛の態勢が低くなり過ぎている」かも知れません

    ダブルスで、「Iフォーメーション」にトライしている皆さん、ポイントにつ…

特集記事

  1. リターン

    テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる…
  2. テニス ストローク

    ダブルス

    初めてペアを組んでの試合なら、この3つだけは確認しておこう
  3. テニス ダブルス

    戦術

    「普通の選手なら、やらないプレー」だけど、アナタなら出来ることはありますか?
  4. テニス セオリー

    その他

    テニスの試合の現場で、「セオリーにこだわり過ぎる人」は、セオリーに甘えて負けてい…
  5. シングルス

    ダウンザライン方向に山なりなボール、を使えばシングルスの試合で有効打に
PAGE TOP