テニス メンタル

その他

試合会場で気になる、「テニス界で応援時に気を付けたいマナー」について考えてみる

試合を観ていると、つい感想としての本音が出てしまうことがあります。

「あの人、サーブは大したことないよね」

「このダブルス、メンタル弱いなー」

こんな会話をしていると・・・ふと気が付くと、アナタの周りが不穏な空気になることも。

そう、口にしていることは全て、自分のテニスに返ってくるのです。

 

試合会場で気になる、「テニス界で応援時に気を付けたいマナー」について考えてみる

 


 

■試合会場では誰が聞いているか、応援しているか分からない

テニスの試合会場には、色々な人がいます。

親御さんであったり、コーチや先生、またはコーチが試合に出ていればそこのスクール生など。

アナタが何気なく発している言葉は、全て聞かれていると考えたほうが良いでしょう。

その気は無くとも、誰かを不快にさせてしまうような発言は、控えなければなりません。

 

■テニス界は狭い、負の評判は一瞬で広まる

テニス界は、本当に狭い。

誰かの陰口を叩くということは、アナタ自身も叩かれていると認識しましょう。

周囲の人はアナタのライバルであり、アナタを成長させてくれる人たちです。

大切にし、感謝する。

そういった言葉は、むしろどんどん発していくようにすると良いでしょう。

不思議と、人を褒めている人は自身のテニスの成長が早いのです。

 

■アナタ自身、応援されたければ「しっかり周りを応援」しよう

応援されたければ、自ら応援する。

これはテニスに限らず、あらゆることに言えると思います。

自分の仲間を応援できるかどうかも、立派なテニスの実力。

テニスの神様は、いつも観ています。

アナタ自身がどういう振る舞いをしているのか、一度引いて客観視してみるのをお勧めします。

 

テニスの試合は勝負ですから、負ければ悔しいし、本気で嫌いになりそうな選手も出てくる。

他人の試合を観ていれば、色々言いたいことも出てくる。

もちろん人間ですから、たまには本音でネガティブなことを話すのもOK。

ただし、それは試合会場以外で、一人になってからでも良いかも知れません。

もっともっと、学生の皆さんには「言葉」を大事にして欲しい。

それはアナタ自身のテニスを、作り上げていくものですから。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの技術は、「人それぞれ、個性的で良い」はテニスコーチの責任放棄だと思う

    日本には「基本を大事にする」という文化が、スポーツ界には根強い。…

  2. その他

    「グリップチェンジの基本は?」テニスの試合で上級者がクルクルラケットを回す理由

    テニスのレベルが上がって来ると、ショットの種類が増えて来る。単…

  3. テニス 感覚

    その他

    「2015年 インターハイ テニス会場」に行って良かった感じたこと5つ

    今回は少し趣向を変えて、開幕した近畿インターハイ会場について。…

  4. その他

    テニスの練習が嫌いな人、試合が嫌いな人

    正直で良いと、私は思いますよ。どちらかの要素があると…

  5. テニス 戦術

    その他

    「テニス部で問題が起きてばかり…」なときは?

    「教えてくれる先生や、コーチがいない」「練習メニューが決まらな…

  6. その他

    力は要らないんだ、と思えたらテニスは上手くなる

    テニスが上手くなる瞬間。それは、突然訪れます。特に、社…

特集記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    世界50位のミーシャ・ズベレフ選手が、マレー選手に勝てた「決断」について
  2. ボレー

    初中級までのボレー、実は打点前過ぎる
  3. テニス ボレー

    ボレー

    全国のシコラーの皆さん、シコラーだからこそネット出ましょう!
  4. テニス シングルス

    その他

    他人と比べられたくない、という人はテニスに向いていない
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣で速いボールに腰が引けてしまう人は、低い態勢のまま前に出よう
PAGE TOP