テニス サイト

テニス知識

セルフジャッジのカウントコール、一番自然なタイミングはいつ?

皆さん、出場されている試合はセルフジャッジの試合が多いはず。

その中で、サーバーなら「カウントコール」も大事な仕事ですよね。

でも、そんなときにコールする「タイミング」まで意識出来てますか?

これがしっかり出来ている人は、ちょっと「お!」と個人的になってしまいます。

もちろん、良い意味で・・・です。

 

セルフジャッジのカウントコール、一番自然なタイミングはいつ?

 

1.カウントコールは、サーブを打つ直前?

普通、最初に習うときはこうだと思います。

サーブを打つ直前、にカウントをコールする。

もちろん間違いでは無いのですが・・・本当に打つ「直前」にコールしていると、何が起きると思いますか?

もし間違っていると相手が気付いたときには、もうサーブを打ち始めているかも知れない。

サーブを打つ自分自身も、集中している時にコールしたカウントに指摘を喰らうと、ちょっとリズムが崩れますよね。

ですので、私のオススメは「サーブを打つポジションに入る、少し前」にコールすること、です。

カウントをコールした後に、自分で頭を整理することも出来ますしね。

 

2.審判有りの試合を観てみると・・・?

皆さん、ウィンブルドンの試合を観ていると、気付くと思います。

カウントコールは、そのポイントが「終わった直後」にコールされています。

サーブを打つ前はもう選手が集中モードに入っているので、あまり邪魔をしたくない。

ポイントはもう決まっている訳ですから、ポイントが終わった時点でそのカウントでコールする。

セルフジャッジではここまで早くコールする必要は無いと思いますが、あまりサーブを打つ直前、まで引っ張らない方が良い。

お互いにカウントの確認の意味を込めてのコール、ですから、お互いがリラックスした状態の時の方が良いでしょう。

 

3.カウントコールは相手に伝わるように、が基本!

これも、一種のコミュニケーションだと思います。

気持ち良くお互いで試合を進めていく、上での呼吸を合わせていく。

セルフジャッジのコールには、その意味合いも込められていると私は思います。

リターン側の選手も、カウントをコールされたら軽くうなずく、ハイ、と返事をする。

この掛け合いが出来ている試合は、ほとんど揉めることは無いしお互いに気持ち良くジャッジもクリーンになる傾向にあります。

カウントコールのタイミング、受け答えも大事なマナー。

皆さん、ぜひ意識してみて下さい。

 

良い選手は、カウントコールも上手い。

カウントコール一つで、その選手の品格まで漂うのがセルフジャッジです。

相手を思いやる、自分も気持ち良く試合が出来る。

細かい部分ですが、カウントコールのタイミング、見直してみても良いと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス タオル

    テニス知識

    テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

    テニスの試合前、しっかり作戦を考えたい・・・ときに、こんなタオルがある…

  2. テニス サーブ

    テニス知識

    スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

    スピンサーブは、「屈強な男性が打つサーブ」というのが、一昔前のテニスで…

  3. テニス バナナウェイト

    テニス知識

    素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

    私自身、素振りの経歴には自信があります。元々、一人で研究したり…

  4. テニス アディダス

    テニス知識

    アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッコイイ

    以前に書かせて頂きましたが、私は足の甲が広い典型的な日本人ぽい足型。…

  5. バボラ ピュアドライブ

    テニス知識

    テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器になる

    私が大学に入ったころ、2001年くらいの頃は不思議な光景がテニスコート…

  6. テニス 名著

    テニス知識

    テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

    「いつも、どこからネタを仕入れてるんですか?」というご質問を、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップ系のミスは、試合で一切気にしなくて良い
  2. テニス 練習

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリー練習、「実戦の試合を想定して」大事な要素とは?
  3. テニス マナー

    その他

    「ボール、いきまーす」で、対戦相手にボールを渡すときのマナー、しっかりできていま…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「ミスの後のアクション」こそ、勝つ為には大事
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「コートに叩き付けて相手に触らせないスマッシュ」を、最低限ネット近くでは打てるよ…
PAGE TOP