テニス メンタル

テニス知識

初心者でもテニスの試合に出て恥をかかない、「カウントの数え方とコールの仕方」について

テニスの試合は、ほとんどの試合がセルフジャッジで選手自身で試合を進めていく。

初心者の方にとっては、特にシングルスだと結構不安になりますよね。

まず速いボールがしっかり、インかアウトか見えるか・・・よりも、大事なことがあります。

しっかりカウントを相手と共有する、しっかり数えるということ。

改めて、一緒に確認しておきましょう。

 

初心者でもテニスの試合に出て恥をかかない、「カウントの数え方とコールの仕方」について

 


 

■試合に熱くなっても、頭は冷静にカウントのことを考えておく

テニスの試合、セルフジャッジではしっかりカウントを自分たちで数える。

ゲームごとの数を示すボードは置いてあるケースもありますが、ほとんど無いと思っていたほうが良いでしょう。

自分たちの頭の中で、しっかりカウントを数えながら試合を進めていかないといけないのです。

これは、自分だけで数えていてもダメ。

相手としっかり、「今、同じカウントの認識」を確認しながら進めないといけません。

 

■カウントコール、ゲーム数コールは大きな声ではっきりと

相手に聞こえる声でカウントをコールする、この癖はしっかり付けて下さい。

小さい声で自分に聞こえるように言っても、相手は聞き返してくれたりしません。

それで「違った認識」でプレーしていくことが、一番多いトラブルの元。

コツとしては、サーブを打つ直前ではなく、ポジションに付いて相手と目が合ったくらいでコールする。

サーブを打つ前、だと忘れてしまう可能性もありますので、意識して少し早めにコールすると良いでしょう。

 

■相手のカウントコールには、「ハイッ」と小さく返事してうなずく

これが出来るだけで、非常に気持ち良く試合が進行出来ます。

お互いに、「今のカウント、合ってるよ」というコミュニケーションになりますし、安心出来る。

特に男性の方はこういったやり取りが苦手な方が多いのですが、ぜひ一度やってみて下さい。

声を出すことで、テニスの試合の緊張も少しほぐれて良いプレーができるはずです。

 

初心者の方はルールを覚えるのも大変だと思います。

本で読んだりするのも良いですが、まずは試合を練習でどんどんやりましょう。

その中で大事なのは、しっかりカウントを共有する、そのコミュニケーションをとること、ということは覚えておいてください。

これから厳しい試合をたくさんしていく中でも、この基本は大事です。

気持ちよく試合が出来れば、きっとテニスの輪が広がる。

それは即ち、アナタ自身が強くなっていく、ということなのです。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス知識

    テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

    もうすぐ、ゴールデンウィークも終わり。この連休が終われば、もう…

  2. テニス 練習

    テニス知識

    自己流テニスで上達して来た人は、どこかで技術を削ぎ落とす作業を

    まず、私自身、自己流テニスに私は大賛成です。そもそもテニス、ス…

  3. テニス知識

    テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

    「普段、ネタはどこから仕入れてますか?」と、お寿司屋さんみたいなご質問…

  4. テニス

    テニス知識

    夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

    これから涼しくなる季節、「ランニングして体力付けるぞ!」と思っている方…

  5. テニス ラケット

    テニス知識

    【保存版】テニスのストリングについて、必要な知識を用語別にまとめてみました

    テニスラケットとストリング。ラケット選びには人一番気を遣う選手…

  6. テニス スコアシート

    テニス知識

    テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせない

    普段の練習試合から、しっかりと記録を残すこと。これは、何より勝…

特集記事

  1. テニス ボレー

    サーブ

    「自分のサーブがどれだけ曲がっているのか」を把握すれば、サーブは格段に安定感を増…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    40-0の場面からは、3本連続ポーチで良いと思う
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブでビビってしまう人は、トスを自分から打ちにいくこと!
  4. 練習メニュー

    「バランスボールを使ったトレーニング」は、自宅でも簡単にできてテニスの上達にはピ…
  5. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で主導権を握りたければ、「自分がどう打つのか、を相手が打った瞬間に判…
PAGE TOP