テニス サーブ

リターン

ファーストサーブがボディに来る時は、先にフォアかバックか決めておこう

試合で意外と多い、ボディへのサーブ。

でもその対策は、いつも何となく、になってはいませんか?

ダブルスの試合では、このリターンは必須です。

ボディへのサーブは、プロ選手の試合から一般、学生のみなさんの試合まで、とにかく使用頻度が多いサーブ。

であれば、しっかりリターンも磨いておかないといけませんよね。

今あるアナタの技術で、必ず対応出来るはずです!

 

ファーストサーブがボディに来る時は、先にフォアかバックか決めておこう

 

1.ボディへのサーブ、すごく多い!

そもそも、サーブだけじゃないんですが、ボールって何かの「目標物」に向かって飛んでいくことが多い。

打つのが人間ですからね、何かを狙う時に、目にハッキリ見える方が打ちやすい。

だからこそ、ボディへのサーブってすごく多いんです。

本人が狙ってなくても、自然と飛んでいくケースが多い。

まずはこの自覚をしっかり持つこと。

「このレベルの相手なら、ボディへのサーブは狙えないな・・・」なんて思っていると、自然にボディに飛んでくるサーブをリターン出来ないですよ。

 

2.なぜ、ボディへのサーブはリターンが難しいのか?

一つは、打点が近くなること、ですね。

ラケットを振るスペースが無いと、テニスではコントロールが難しい。

身体の近くに飛んで来るボールをさばくのには、それなりの準備と技術が要ります。

しかも、サーブですからある程度スピードと威力があるから、難しい。

微妙にスライス、スピンと変化しますしね。

この変化と威力に対応出来るには・・・どうすれば良いでしょう?

私は、「決断力」だと思いますよ。

 

3.ボディへのサーブ、フォアかバックか決めて待とう!

私はいつも、決めています。

右利きですが、デュースサイドならフォアハンド、アドバンテージサイドならバックハンド。

出来るだけクロス方向に打ちやすいショット、で選択しているつもりです。

相手がセカンドサーブになれば、アドバンテージサイドはフォアハンドで回り込むことも多い。

このあたりは、相手のサービス力を観察してからですね。

大事なのは、ボディへのサーブをどちらのショットで打つのか?を決めておくこと。

どうしたって、ボディへのサーブは多いんです。

先に決めて待っていた方が、絶対に有利ですよ。

 

4.身体を避けながらラケットを残すのがコツ

コツとしては、これをお勧めします。

身体は逃がすけど、ラケットは残す。

その残したラケットで、しっかりインパクト面を作って、丁寧にクロスに返球する。

ただ、相手前衛が動いて来るダブルスのようなときには、ストレートロブの角度を作っておくことも大事ですね。

身体と一緒にラケットまで逃げてしまうと、リターンが出来ない。

速いサーブは怖い時もありますが、しっかりラケットは残すことを意識すると意外と返球出来ると思いますよ。

 

5.セカンドサーブは、回り込んで待とう!

もしアナタが中級者、相手もさほどサーブが強くなさそうであれば・・・思い切って、フォアで回り込むのが得策。

コースを狙って来ない相手は、自然とボディ近くへのサーブが増える。

だったら、その場で待っているよりもフォアハンド側で回り込む姿勢、で待った方が良いと思いませんか?

アナタが待ち構えているところに、サーブを打ってもらう。

ちょっとポジションを変えるだけで、まさに「良い感じのところに、球出ししてくれるサーブ」になってくれる。

これくら、強気の意識で良いと思いますよ。

 

ボディへのサーブは、意外と多い。

繰り返しますが、この事実にしっかり気付いて、対策を練る。

うやむやにしていると、結局中途半端なリターンが増えてブレイク出来ない。

決断力、はレベルに関わらず誰でも持てる「武器」なはずです。

リターンにこそ、その決断力は活かされる。

ぜひ、思い切った動きを取れるリターナーに、皆さんもなって下さい!

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス 練習

    リターン

    女性の速いサーブ、試合では要注意な件

    試合の中で、返球し辛いボール。それって、こういうサーブじゃない…

  2. テニス 練習

    リターン

    「セカンドサーブを叩ける」相手には、ペアで息を合わせて!

    ちょっとしたコツですが、ダブルスの試合での声の掛け合い方について。…

  3. リターン

    サーブのプレッシャーが無い、レベルは3回戦まで

    みなさんも、トーナメントを勝ち進んでいくと感じるはず。3回戦く…

  4. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスで、スライスのリターンが有効なコース5つ

    ミックスダブルスで、有効なリターン。それは、スライスを上手く使…

  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンミスが多い人は、「自分の脇が空き過ぎている」ケースが多いので要チェック!

    リターンミスを減らしたい、減らせばブレイクのチャンスが拡がる。…

  6. テニス 守備

    リターン

    横に曲がるスライスサーブ、リターンでの対策は?

    最近、個人的につかんだ感覚。みなさんの参考になるかも知れないの…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニス選手として、「試合での敗戦を、活かせる人と活かせない人」の違い5つ
  2. その他

    人の意見を聞き過ぎても、強くはなれない
  3. テニス メンタル

    その他

    「何が何でも、この試合に勝ちたい」と口にして、実践出来ている人は少ない
  4. テニス リターン

    練習メニュー

    「現状維持は後退である」という強い意識を持って挑もう
  5. リターン

    ダブルス上級者を目指すなら、「リターンからのチェンジプレー」も対戦相手に積極的に…
PAGE TOP