テニス サーブ

サーブ

明日からサーブのコントロールを良く出来る、一瞬の瞑想の儀式とは?

サーブを打つ前に、不安になってそのままフォルトしてしまう。

毎回同じような気持ち、メンタルで打てない・・・人は、こんなの試してみてはどうでしょうか?

なかなか、日常だと起きていて目を閉じる、という行為はしないですよね。

サーブの前に瞑想、効果抜群です。

 

明日からサーブのコントロールを良く出来る、一瞬の瞑想の儀式とは?

 

ボールを下に3回突いて、1秒間目を閉じる

やり方は簡単。

サーブを打つ前に、まず3回ボールを下に突いて、一瞬目を閉じる。

1秒間、眼を閉じて瞑想に入ります。

と言っても、一瞬ですけどね。

サーブを打つ前に、アナタ一人の時間を作って周りとの接触を遮断する。

この世界観を安定して作れれば、きっとサーブは安定するはずです。

 

トスアップの動作開始と共に軌道をイメージ

瞑想中は、しっかり軌道をイメージ。

そしてその後眼を開いて、トスアップと同時にその脳裏に焼き付いたサーブの軌道をイメージし続ける。

その軌道に、後はサーブを乗せていくだけ。

イメージ出来ますか・・・?

その場で、エアサーブ打ってみて下さい。

素振りから、このボールを突く、瞑想の動作も入れてみる。

何だか自分が良いサーブを打てるイメージ、沸いて来ないですか?

 

自分のサービスゲームは、自分で世界観を作る

サーブって、相手が準備出来ているかを確認できれば、後はアナタの好きにして良い。

好きなタイミングで打って良い、その空間はアナタが支配して良い。

なんだか周りに合わせるように、サーブを打っている人いませんか・・・?

それってちょっと、もったいない。

そんな人はほとんど、リズムが悪くてフォルトも多い。

強い人って、サービスゲームに雰囲気があるじゃないですか。

そこをしっかり、意識してみて下さい。

 

雰囲気作りは、実力次第?

でも・・・それって、すごく時間かかりませんか?

先に形から入って、それに実力が付いて来る。

これが上達が早い人の、テニスにおける発想です。

今回のまとめ

サーブを打つ前に瞑想を入れて、サービスゲームに雰囲気を作っていこう

 

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストで遅いサーブを打つ、勇気を持とう

    試合の中で、速いサーブにリターンで合わせるのが上手い人は多い。…

  2. テニス 確率

    サーブ

    ダブルフォルトが多い人は、まず「ファーストとセカンドの差」を小さくしていく努力から始めてみましょう

    テニスの試合でダブルフォルトが多い人の特徴として、「差」があり過ぎる人…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    下からラケットを回すサーブ、私はあまりお勧め出来ません

    試合でもよく見る、この下からラケットを回してくる、大きなフォームで打つ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「セカンドサーブが、どうにも安定しない・・・」大事な試合で入らなくなったときの緊急対応策5つ

    大事な試合こそ、セカンドサーブの精度が試合を分ける。学生や一般…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「セカンドサーブが、どうしても安定しない」試合で全く入らなくなったときの、緊急対応策5つ

    セカンドサーブが入らずに、気が付けば0-30、0-40・・・。…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    上級者の方ほど変えるのが難しい技術、それこそが「サーブ」です

    試合で恐らく、上のレベルになるにつれて重要度を増すショット。そ…

特集記事

  1. テニス 戦術

    練習メニュー

    「普通にクロスでストロークラリーを練習」していても、試合で勝てません。必要なのは…
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣をロブでチェンジなら、後衛は早く打点に入らないと
  3. テニス メンタル

    サーブ

    「左利きはサーブに有利?」その発想は、右利きのアナタをも使える戦略です
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    部活でのラリー練習が、「ミスばかりで全く続かない」チームが意識すべきこととは?
  5. テニス メンタル

    その他

    自分のマッチポイントでは、「攻撃的にいくか?守備的にいくか?」はしっかり考えてお…
PAGE TOP