テニス ダブルス

ダブルス

テニスでは、「前衛にも複数のポジション」があることに、気付いた選手から試合が上手くなる

自分がダブルスの前衛のポジションにいるとき、どのくらいの「パターン」を持っていますか?

ハッキリ、前に詰める?

ロブを警戒?

大事なのは、何パターンも自分の中でポジションを持っておく、ということです。

 

テニスでは、「前衛にも複数のポジション」があることに、気付いた選手から試合が上手くなる

 

■ネット近くでボールに触ってこそ、本物の「ポーチボレー」

決定力が無い前衛は、ネットから遠い。

もちろん、ロブも警戒しますから無理は出来ない場面もありますが、思い切ってネット近くに詰めるポジション、が決定力の礎になる。

自信が無い人ほど、ネットから遠い位置でボレー、ポーチをしてるんですよね。

これではもったいないし、ダブルスで後衛がいくら頑張っても報われない。

相手からすると、何も脅威に感じないのです。

 

■ロブが多い相手には、当然ポジションを下げる

ポーチに出て相手を警戒させると、当然ロブも増える。

相手がロブを打って来そうなポイントでは、積極的にポジションを後ろにするのも前衛の役目。

その上げ、下げ、は自分で判断してペアと共有しておくこと。

全てが当たる訳ではありませんが、大事なのはアナタ自身が複数のポジションを前衛で使う、ということです。

 

■守備だって、ポジショニングには複数パターンがある

攻撃だけではなく、守備でもポジショニングは大事。

相手が打って来る、特に相手前衛が打とうとしているときには、前衛のアナタが守備する機会も増える。

ドロップボレーを使ってくる相手なのか、基本に忠実に足元に打ってくるような相手なのか。

その相手に応じて、ポジションも変わってきますよね。

毎回同じような形、で守っていても毎回相手は変わる。

その性格、戦い方に合わせてポジションを変えていくのは当然のことです。

 

細かい部分ですが、小さい工夫が1球の返球率を高める。

毎回同じ、で勝てるほどテニスの試合は甘くない。

勝てるペア、前衛の選手は、本当に細かく変えている。

まずは自分で感がて、工夫してみる。

そこに正解、不正解はありません。

実行すること、それ自体が成功なのです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これは絶対、ダブルスでやっちゃダメ!」自分が前衛のとき、後衛が打つ瞬間を見ること

    「えっ、これってダメなの?」と聞かれることがよくありますが、基本的にダ…

  2. ダブルス

    雁行陣でも並行陣でも、「後衛を信じてポーチに飛び込んでいく」勇気が前衛には必要です

    よく、「良いダブルスとは、どんなダブルスですか?」と聞かれます。色…

  3. ダブルス

    「ダブルスの試合で、相手前衛が気になる!」ときには、しっかりストレートに打って足止めを

    ダブルスで前衛が気になる、気にしないようにと思えば思うほど気になって、…

  4. ダブルス

    もしもテニスに「3人制のトリプル」という種目があったら‥と考えてみる

    テニスはシングルスかダブルス。戦う人数は1人か2人、なスポーツです…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ミックスダブルス必勝法は、「男女でのラリーをどう戦うか」に隠されている

    ミックスダブルスで、勝率が悪いペアの原因は何なのか。きっと、勝…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ロブでつないでくるダブルスには、ドライブボレーとドロップショットで仕掛けて崩そう

    ダブルスの試合で、ポワーンとただ後ろからつなげてくるような相手、います…

特集記事

  1. ピラティスポール
  2. テニス 凌駕
  3. テニス サーブ
  4. テニス 水分補給
  5. テニス 暑さ対策
  1. テニス 気付き

    練習メニュー

    練習中のボールの拾い方一つでも、「ラケットワークの練習になる」ことを忘れない
  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    「ダブルスでスマッシュが重なりそう!」なときには、前衛優先の考えでシンプルに
  3. ボレー

    「パートナーのサーブが遅い!」だからこそポーチに出れる、逆転の発想とは?
  4. 練習メニュー

    「部活の練習の雰囲気を変える!」勝てるチームが実践している、競争原理に基づく工夫…
  5. テニス メモ

    メンタル

    「苦しみながら勝った試合」こそ、テニスノートに記して自分の財産にしていこう
PAGE TOP