テニス ダブルス

ダブルス

テニスでは、「前衛にも複数のポジション」があることに、気付いた選手から試合が上手くなる

自分がダブルスの前衛のポジションにいるとき、どのくらいの「パターン」を持っていますか?

ハッキリ、前に詰める?

ロブを警戒?

大事なのは、何パターンも自分の中でポジションを持っておく、ということです。

 

テニスでは、「前衛にも複数のポジション」があることに、気付いた選手から試合が上手くなる

 

■ネット近くでボールに触ってこそ、本物の「ポーチボレー」

決定力が無い前衛は、ネットから遠い。

もちろん、ロブも警戒しますから無理は出来ない場面もありますが、思い切ってネット近くに詰めるポジション、が決定力の礎になる。

自信が無い人ほど、ネットから遠い位置でボレー、ポーチをしてるんですよね。

これではもったいないし、ダブルスで後衛がいくら頑張っても報われない。

相手からすると、何も脅威に感じないのです。

 

■ロブが多い相手には、当然ポジションを下げる

ポーチに出て相手を警戒させると、当然ロブも増える。

相手がロブを打って来そうなポイントでは、積極的にポジションを後ろにするのも前衛の役目。

その上げ、下げ、は自分で判断してペアと共有しておくこと。

全てが当たる訳ではありませんが、大事なのはアナタ自身が複数のポジションを前衛で使う、ということです。

 

■守備だって、ポジショニングには複数パターンがある

攻撃だけではなく、守備でもポジショニングは大事。

相手が打って来る、特に相手前衛が打とうとしているときには、前衛のアナタが守備する機会も増える。

ドロップボレーを使ってくる相手なのか、基本に忠実に足元に打ってくるような相手なのか。

その相手に応じて、ポジションも変わってきますよね。

毎回同じような形、で守っていても毎回相手は変わる。

その性格、戦い方に合わせてポジションを変えていくのは当然のことです。

 

細かい部分ですが、小さい工夫が1球の返球率を高める。

毎回同じ、で勝てるほどテニスの試合は甘くない。

勝てるペア、前衛の選手は、本当に細かく変えている。

まずは自分で感がて、工夫してみる。

そこに正解、不正解はありません。

実行すること、それ自体が成功なのです。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスにおいて「ポーチからのアングルボレー」が打てない前衛は怖くない

    ダブルスの試合では、いかに前衛が積極的にポーチに出て絡むかが大事なポイ…

  2. テニス サーブ

    ダブルス

    「どんなサーブなら、ポーチに出てくれるんだよ・・・」というペアの確執は、乗り越えるべき壁

    私は高校時代、ダブルスで勝てない時にはペアとこんな感じでした。…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「試合中に雰囲気がすぐ悪くなるペア」の特徴4つ

    ダブルスの醍醐味はコンビネーション。長くペアを組んでいるペアは…

  4. テニス ストローク

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、ストレートロブからのチェンジ後は「前衛はセンターに絞る!」のが基本です

    ダブルスの雁行陣で試合を進めていると、前衛がロブで抜かれたときに少し変…

特集記事

  1. テニス
  2. テニス フットワーク
  3. テニス
  4. テニス トレーニング
  5. テニス 防寒
  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「長いラリーは自分のペース」と思えるようになると強くなった…
  2. テニス 守備

    シングルス

    シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバッ…
  3. テニス ボレー

    サーブ

    「自分のサーブがどれだけ曲がっているのか」を把握すれば、サーブは格段に安定感を増…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で有効な「ワイドへのスライスサーブをしっかり打てるようになる」為に必…
  5. ボレー

    ダブルス上級者を目指すなら、「リターンからのチェンジプレー」も対戦相手に積極的に…
PAGE TOP