ダブルス

前衛がポーチに動いても、「期待しない」ことが大事

目次

ダブルスの試合で、自分が後衛でプレーしている時に。

良いタイミングで前衛がポーチに!ナイス!

でも、ちょっと待って下さい。

まだ何も決まっていないし、アナタ自身が喜ぶのが早すぎる。

こういう人は、最後に自分のところにボールが来て、ミスになる。

とにかく、後衛でプレーしている時には「疑っておく」くらいでちょうど良いでしょう。

 
 

「出たけど触れなかった」なんて、ざら

ですよね、試合では。

前衛が動いたけど、「やっぱお願い!」となるかも知れない。

もしかしたら、相手のショットがネットに当たってコードボールになるかも知れない。

そう、前衛が動いても油断出来ないのが試合です。

つい、後衛に立っていると「よし!やっと出たか!」と思ってしまうじゃないですか。

その感情を持った時点で、黄色信号。

そのまま簡単に前衛がポーチを決めてくれる、と思ったら大間違いです。



前衛が動いても、心は動かない

味方の前衛が動いても、冷静に。

チェンジするのか、それともクロスに触れなかったボールを、自分がカバーするのか。

とにかく、味方の前衛が動いた時点でサポート役に徹しましょう。

前衛が動いたけど触れない、ような場面はピンチですからね。

しっかり時間を確保しないといけない、ゲームメイクが求められます。

「なんだよ!決めろよ!」と怒っていても、何も始まらないですよ。

前衛をコントロールするのは、アナタ自身です。



「ちゃんと決めろよ!」と、態度に出したら・・・?

前衛は、どうなりますか?

「もう、邪魔しないよ・・・出ないよ・・・」となるだけ、じゃないですか。

しっかりカバーして、疑いながら気持ち良くプレーしてもらう。

これが、試合に勝てる後衛のスタンスです。

味方を信じつつ、でも疑っておく。

飛び出しても、触れないかもしれない、そうなったら自分がカバーするんだと。

こういう意識でプレー出来れば、後衛として前衛を活かすことが上手くなっていきます。



ミックスダブルスは、特に注意

よくあるのが、男性がポーチに動いて触れなかったケース。

女性の方が期待する気持ち、はすごく分かります。

でも、試合ですから何が起こるか分からないのがテニス。

ネットに当たってコードボールになったら、男性でも触るのが難しいでしょう。

ポーチに動いて、安心しない。

後衛として、しっかり後方から支援していく形、を貫きましょう。

   

つい、期待しちゃいますけどね。

前衛がポーチに出ても、決まるかもしれないし、決まらないかもしれない。

そもそも、触れないかもしれない・・・と、思っておいて損は無いです。

失敗しても動く前衛、であり続けてもらうために。

アナタに必要なのは、プレーで励ましてどんどん積極的に動いてもらうこと、でしょう。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. テニス関連の記事は note へ
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの攻撃の型は、「どちらか1人を崩して決める」がほとんど

    ダブルスの試合、みなさんが得点する時。ほとんどが、こういう形だ…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    チャンスを決めた前衛は、そのチャンスを作り出した後衛を全力で褒めてみよう

    ダブルスの試合、なぜか「この人と組んでいると、調子が良い」という人、い…

  3. ダブルス

    速いボールでは、なかなか前衛を活かせない

    ダブルスの試合で、一見上手そうなのに勝てないペア。きっと、なか…

  4. テニス ガット

    ダブルス

    「社会人テニスのダブルスでも、ぜひ身に付けて欲しいIフォーメーション」は試合でとても有効!

    「Iフォーメーション」と聞いて、アナタはどんなことをイメージしますか?…

  5. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ポーチが上手い選手が意識している、5つのコツ

    ダブルスの試合で、ポーチに出て決める。カッコ良いですよね、ダブ…

  6. テニス サーブ

    ダブルス

    何回もサーブのトスアップをやり直すと、味方の前衛はリズムを取り辛くなる

    サーブのトスアップ、皆さんは試合中何回くらい「やり直し」をすることがあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 体力

    練習メニュー

    「テニスの練習って、ギターの練習に似てるかも知れない」と思った話
  2. その他

    テニスの試合に必要な、「深視力」を養おう
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    「これであなたもディフェンス力UP!!」テニスの試合では構え直すことで強くなる
  4. テニス 計算

    戦術

    デュースが続いた後のピンチ、はどういう意識で乗り切ろう?
  5. その他

    テニス関連の記事は note へ
PAGE TOP