テニス メンタル

ダブルス

ダブルスの試合、後衛は前衛の動き出しをこっそりと採点しよう

ダブルスの試合、後衛でプレーしている時に、味方の前衛がよく目に入りますよね。

特に、ポーチに出てくれた時、でしょう。

でも、みなさんここで安心しては絶対にダメ。

その動き出し、から何かを感じてフォローしないと、結果的に穴を作って失点してしまうだけ。

こっそりと採点、してみて良いと思いますよ。

 

ダブルスの試合、後衛は前衛の動き出しをこっそりと採点しよう

 

1.しっかりと間に合いそうなら、チェンジへ

前衛の動き出しが早く、しっかりポーチ出来そうな時。

センターを越えてポーチに触れる、ときにはそのままチェンジしていく感じ、が一番。

この判断が遅れると、ストレートへのカバーが遅れますからね。

その場で「決めてくれ!」と願うのは、テニス選手として未熟過ぎる。

もう触れる、と分かった瞬間に、次への動き出しを早めていきましょう。

 

2.もし出遅れたようなら、そのまま動かない

よくあるケースで、「前衛が動いたけど、結果的に触れそうにない」ようなパターンですね。

前衛の動きが目に入って、相手のクロスへのストロークに触れそうにない時には、後衛であるアナタ自身がカバーしないといけない。

客観的に見て、これはピンチですよね。

味方の前衛は、体制を崩して自分のクロスのエリア、に入ってきている。

普通に返球したらやられるだけですので、ここはきっちりと高いボールを使って時間を作らないとまずいことに。

前衛が触れないで、がっかりしている時間なんて無いですよ。

 

3.動き出し、で全てを予測しよう

前衛を見ながら、動き出しで予測をする。

触れる、触れない、の結果を自分で先読みすることがまず大事になります。

「なんだよ!出たなら触ってくれよ!」と、前衛を責めるのは簡単なこと。

でも、実際どうでしょう、そんな言い方をして。

きっと、ますます出てくれなくなるだけ、じゃないですか?

どんどん出てもらって、自分はそのサポートに回る。

これが出来るダブルス、が強いダブルスの後衛の考え方ですね。

 

4.前衛が安心して動けるのも、後衛次第

私はなるべく、ダブルスでパートナーの前衛には動いてもらいたい。

だから、ハッキリとチェンジしたい、みたいなことを伝えます。

それから、「もし触れなくても、時間稼ぐから諦めないでいこう!」というスタンスですね。

ポーチに出ても結果的に触れないこと、多いじゃないですか。

もちろん、動き出しが遅いのは問題です。

ですが、それもカバーしていくんだという姿勢を、パートナーに見せておきたい。

そうすれば、きっと今よりもっと、前衛はどんどん動いてくれるようになるでしょう。

 

気まずそうにしている前衛、は後衛を信じ切れていない。

しっかりカバーしてあげる、前衛を見ておいてあげること、がまず大事なんです。

触れても触れなくても、しっかりポイント奪取につなげていく。

そのためには、まず動き出しから感じること、が後衛としては大事ですね。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合、厳しいリターンこそストレートに展開していこう

    ダブルスの試合、上級者の方であればぜひ、意識して欲しいポイント。…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜアナタのダブルスは勝てないのか?」を考えると、試合中にペアに謝ることの無意味さに行き着く

    「ダブルスの試合、どうしても勝てないんです。。」というお悩みの声を、た…

  3. テニス ストローク

    ダブルス

    困ったときのロブ頼みの癖を直さないと、ダブルスの試合では絶対に上にいけない

    ダブルスの試合、一般やベテランの皆さんの試合を観ていると感じること。…

  4. テニス ミス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合、「実際に使っている9割はシングルスコート」という事実について

    ダブルスの試合、まずアナタ自身がシングルスと違うと考える点はどこですか…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで試合では、一人狙いで8割のポイントを獲れる

    ダブルスの試合、大事なのは「一人狙い」。あえて、このポイントに…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    Iフォーメーションが難しいと感じるなら、「ただポジションを戻すだけ」でも、充分効果はある!

    ダブルスのフォーメーションプレー、やってみたいけど難しい・・・と感じて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 練習

    ストローク

    ラリーの中で「ストローク戦からボレー戦へ」テンポが変わるテニスに対応するには?…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    正面に来たボレーを、「バックハンドでさばく」ことで生じるメリット5つ
  3. テニス 準備

    練習メニュー

    球出し練習で上手くなる人は、そもそも発想からして違う
  4. テニス 守備

    ストローク

    テニスの試合では、「自分のショットが甘くなる」ことも想定して、素早く切り替えの準…
  5. テニス 評価

    日々の雑記

    感動は人を変え、またその人が次の感動を紡いでいく
PAGE TOP