ダブルス

後衛は前衛の動き出しを、こっそりと採点しよう

ダブルスの試合、後衛でプレーしている時に、味方の前衛がよく目に入りますよね。

特に、ポーチに出てくれた時、でしょう。

でも、みなさんここで安心しては絶対にダメ。

その動き出し、から何かを感じてフォローしないと、結果的に穴を作って失点してしまうだけ。

こっそりと採点、してみて良いと思いますよ。

 

後衛は前衛の動き出しを、こっそりと採点しよう

 


 

1.しっかりと間に合いそうなら、チェンジへ

前衛の動き出しが早く、しっかりポーチ出来そうな時。

センターを越えてポーチに触れる、ときにはそのままチェンジしていく感じ、が一番。

この判断が遅れると、ストレートへのカバーが遅れますからね。

その場で「決めてくれ!」と願うのは、テニス選手として未熟過ぎる。

もう触れる、と分かった瞬間に、次への動き出しを早めていきましょう。

 

2.もし出遅れたようなら、そのまま動かない

よくあるケースで、「前衛が動いたけど、結果的に触れそうにない」ようなパターンですね。

前衛の動きが目に入って、相手のクロスへのストロークに触れそうにない時には、後衛であるアナタ自身がカバーしないといけない。

客観的に見て、これはピンチですよね。

味方の前衛は、体制を崩して自分のクロスのエリア、に入ってきている。

普通に返球したらやられるだけですので、ここはきっちりと高いボールを使って時間を作らないとまずいことに。

前衛が触れないで、がっかりしている時間なんて無いですよ。

 

3.動き出し、で全てを予測しよう

前衛を見ながら、動き出しで予測をする。

触れる、触れない、の結果を自分で先読みすることがまず大事になります。

「なんだよ!出たなら触ってくれよ!」と、前衛を責めるのは簡単なこと。

でも、実際どうでしょう、そんな言い方をして。

きっと、ますます出てくれなくなるだけ、じゃないですか?

どんどん出てもらって、自分はそのサポートに回る。

これが出来るダブルス、が強いダブルスの後衛の考え方ですね。

 

4.流れを確認してみましょう

リターンで沈めて、前衛がポーチに出るケース。

これも、試合でよくありますよね。

まずはリターンの選手が合っているのか、調子はどうか、も大事なポイント。

今回は攻撃出来る、と判断して作戦を立てています。

クロスにしっかり沈める、そこで前衛を活かすイメージです。

ある程度「沈めたら出る」ということを、打ち合わせ済。

ファーストボレーの進路、に入ってポーチしていくイメージです。

無理せずに、強打しないボレーで充分に相手は慌ててくれます。

最後はサーブを打った選手も加勢してフィニッシュ!

しっかりチェンジも出来てカバー出来ている、良いポイントですね。


T-PRESS YouTube公式チャンネルはコチラ

 



 

5.前衛が安心して動けるのも、後衛次第

私はなるべく、ダブルスでパートナーの前衛には動いてもらいたい。

だから、ハッキリとチェンジしたい、みたいなことを伝えます。

それから、「もし触れなくても、時間稼ぐから諦めないでいこう!」というスタンスですね。

ポーチに出ても結果的に触れないこと、多いじゃないですか。

もちろん、動き出しが遅いのは問題です。

ですが、それもカバーしていくんだという姿勢を、パートナーに見せておきたい。

そうすれば、きっと今よりもっと、前衛はどんどん動いてくれるようになるでしょう。

 

気まずそうにしている前衛、は後衛を信じ切れていない。

しっかりカバーしてあげる、前衛を見ておいてあげること、がまず大事なんです。

触れても触れなくても、しっかりポイント奪取につなげていく。

そのためには、まず動き出しから感じること、が後衛としては大事ですね。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. ダブルス

    強い並行陣は、後衛のポジショニングに秘密有り!

    並行陣で、手堅くプレーしていく。安定感のあるダブルスは、ミスが…

  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「冷静にクロス勝負での実力差」を考えて前衛は動こう

    ダブルスの試合で、アナタが前衛にいるとき。まず冷静になって、ク…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    「ダブルスの試合で求められるストローク」は、シングルスと何が違うのか?を考えてみる

    学生の皆さんは特に、シングルスもダブルスも両方をプレーする、選手の方が…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ミックスダブルス初心者は、まずこう戦おう!」基本となる作戦5つ

    「ミックスダブルス、一緒に出ない?」と誘われること、きっと社会人になっ…

  5. テニス サーブ
  6. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスを強くなりたければ、必ず「上」に強くなる必要がある

    今回は、かなり厳しいお話を少し。どうも皆さん、ちょっと勘違いし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの試合、ここぞの場面で強い選手になるには「プレッシャーの中での自分のプレー…
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    危ないところにこそ、踏み込んでいこう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「思い出せる悔しい記憶」を、アナタは持っているだろうか?
  4. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスにおけるサーブ、「相手から浅いボールを引き出す」ことを合格点に
  5. テニス シングルス

    ストローク

    テニスのストローク、トップスピンの回転は「下向き面で安定させる」ことで試合で使え…
PAGE TOP