テニス リターン

サーブ

安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由

「なかなかサーブが上達しません・・・」

というお悩みの声を、アンケートでもたくさん頂きました。

良いサーブ、の定義も色々あると思いますが、私が考える良いサーブはやっぱり「試合に勝てる」サーブ。

そう考えると、より効率的に、どんな場面でも安定感のあるサーブが欲しい。

お勧めするのは、少し低めのトスアップからのサーブ、です。

 

安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由

 


 

1.体力を温存できる

ボールを高く上げるのと、低く上げるの、どちらが体力を使うか。

当然、高く上げる方がパワーを使う。

たかが数十cmの差かも知れませんが、何度も繰り返しトスアップしていくとそれが大きな差になる。

そもそも、利き腕でない腕を使うトスアップは、思っている以上に体力を使うことを覚えておきましょう。

 

2.風や太陽光の影響を受けにくい

低めのトスは、まず風の影響を受けにくい。

すごく風が強い日には多少は影響あるでしょうが、高いトスより低いトスは最小限の「誤差」で済む。

風で何度もトスをやり直していると、リズムも生まれにくいですよね。

それから、上を向いている時間が長いと、太陽光も身体にダメージを与える。

目の疲労が溜まると、試合中の頭痛の元にもなる。

上を向いている瞬間は、例えサングラスをかけていたとしても短いに越したことは無いでしょう。

小さい差ですが、長い試合ではこれが大きな差になっていくのです。

 

3.前方向のトスアップがやりやすい

攻撃的なサーブは、必ずトスを前に上げる。

そしてしっかりコートを足で蹴って、ボールに力を伝えていくのが基本です。

高いトスアップは、どうしても自分の真上に上げてしまいがち。

低めのトスなら、ポンと身体の前、コートの内側に上げて身体ごとジャンプして合わせていきやすい。

ぜひ、一度試してみて下さい。

 

4.クイックサーブにも応用出来る

相手リターンのタイミングをずらす裏ワザ、クイックサーブも実は打てるのが低いトス。

焦って打つのではなく、いつもの低いトスを、トスが頂点に到達する前に打つだけでOK。

実はあまり、変わらないんですよね、普段のトスが低めの人は。

だからこそ、低めのトスに慣れておく。

それだけで、試合で使える隠し武器が一つ、アナタは手に入れることが出来るのです。

 

何となく、高いトスの方がパワーが出そうな気がする。

そんな人、多いように思います。

錦織選手のサーブ、あれが良い意味で理想です。

プロ選手の中でも、低めのトスで上手く相手のタイミングを外していますよね。

体格に劣る選手は、戦い方次第。

サーブはその最たるもの、なのです。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう

    サーブのレベルアップをしたい、しかも安定感もそのままに。こう考…

  2. サーブ

    「切れ味鋭いスライスサーブをゲットせよ」テニスの試合で相手をコート外に追い出す為に

    試合の時、手堅いポジションでがっちり守ろうとしている相手を崩さないとい…

  3. サーブ

    テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある

    皆さんも、経験無いですか?相手リターンがすごく後ろに下がってい…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのときのトスアップの腕、しっかり最後まで活用すれば安定感がアップ!

    サーブで見落とされがちな大切な技術に、トスアップの腕の使い方があります…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    テニスはなぜ、残酷な競技なのか?

    テニスって、残酷な競技。私は、何度か書いて来ましたが、その要素…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブのポイント奪取率こそ、試合の結果を左右する

    以前に、セカンドサーブがお互いのレベルを測る一つの基準になる、という記…

特集記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、「クロスロブ」の精度を上げていこう
  2. リターン

    ブレイクバック、から乗っていける選手になろう!
  3. 戦術

    教科書テニスでは、この先もずっと3回戦止まり
  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスの試合の中で、「スマッシュを打つときの反応が遅くなる」5つの要因と解決方法…
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの後衛の選手、センターに戻り過ぎてない?
PAGE TOP