テニス リターン

サーブ

安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由

「なかなかサーブが上達しません・・・」

というお悩みの声を、アンケートでもたくさん頂きました。

良いサーブ、の定義も色々あると思いますが、私が考える良いサーブはやっぱり「試合に勝てる」サーブ。

そう考えると、より効率的に、どんな場面でも安定感のあるサーブが欲しい。

お勧めするのは、少し低めのトスアップからのサーブ、です。

 

安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由

 

1.体力を温存できる

ボールを高く上げるのと、低く上げるの、どちらが体力を使うか。

当然、高く上げる方がパワーを使う。

たかが数十cmの差かも知れませんが、何度も繰り返しトスアップしていくとそれが大きな差になる。

そもそも、利き腕でない腕を使うトスアップは、思っている以上に体力を使うことを覚えておきましょう。

 

2.風や太陽光の影響を受けにくい

低めのトスは、まず風の影響を受けにくい。

すごく風が強い日には多少は影響あるでしょうが、高いトスより低いトスは最小限の「誤差」で済む。

風で何度もトスをやり直していると、リズムも生まれにくいですよね。

それから、上を向いている時間が長いと、太陽光も身体にダメージを与える。

目の疲労が溜まると、試合中の頭痛の元にもなる。

上を向いている瞬間は、例えサングラスをかけていたとしても短いに越したことは無いでしょう。

小さい差ですが、長い試合ではこれが大きな差になっていくのです。

 

3.前方向のトスアップがやりやすい

攻撃的なサーブは、必ずトスを前に上げる。

そしてしっかりコートを足で蹴って、ボールに力を伝えていくのが基本です。

高いトスアップは、どうしても自分の真上に上げてしまいがち。

低めのトスなら、ポンと身体の前、コートの内側に上げて身体ごとジャンプして合わせていきやすい。

ぜひ、一度試してみて下さい。

 

4.クイックサーブにも応用出来る

相手リターンのタイミングをずらす裏ワザ、クイックサーブも実は打てるのが低いトス。

焦って打つのではなく、いつもの低いトスを、トスが頂点に到達する前に打つだけでOK。

実はあまり、変わらないんですよね、普段のトスが低めの人は。

だからこそ、低めのトスに慣れておく。

それだけで、試合で使える隠し武器が一つ、アナタは手に入れることが出来るのです。

 

何となく、高いトスの方がパワーが出そうな気がする。

そんな人、多いように思います。

錦織選手のサーブ、あれが良い意味で理想です。

プロ選手の中でも、低めのトスで上手く相手のタイミングを外していますよね。

体格に劣る選手は、戦い方次第。

サーブはその最たるもの、なのです。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう

    サーブのレベルアップをしたい、しかも安定感もそのままに。こう考…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合では、「低いトスでのサーブ」を身に付けると、風が強い日でも安定する!

    サーブに悩んでいる人で、フォームについてはあれこれ考えるけど、トスの高…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブのポイント奪取率こそ、試合の結果を左右する

    以前に、セカンドサーブがお互いのレベルを測る一つの基準になる、という記…

  4. テニス サーブ
  5. サーブ

    「サーブは入れるだけじゃ物足りないでしょ?」テニスの試合で勝つ為に、ポワーンサーブから脱却しよう

    サーブというのは、プレーの中の最初の一本。だからこれが入らないと、…

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス ストローク

    ストローク

    片手打ちバックハンドストロークは、「インパクト時にラケットを持つ腕を真っ直ぐ」に…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに出てストロークを沈められるのが嫌なら、「ネットにベタ詰め」を一度経験して…
  3. テニス 戦術

    ボレー

    硬式テニスのボレーは、「ラケット面をしっかり作る」からコントロールできる!
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは苦手意識があるショットほど、準備と打点が遅れていく
  5. テニス ボレー

    ロブ

    「スマッシュが怖くて、試合でロブを使えない・・・」人は、ロブを打つタイミングがお…
PAGE TOP