その他

「知らないうちに、やってるかも・・・」テニスの試合会場で見かける、マナー違反な行為5つ

テニスの試合会場では、いつもの練習とは違う独特の雰囲気で包まれています。

目の前の試合に勝ちたい、ライバルに負けたくないといった気持ちを抑えられなくなると、どうしても熱くなってしまうのがテニスの試合。

それが間違った方向にいって、「マナー違反」という行為になってしまっては、本当にもったいない。

改めて、なかなか教えてもらえない「テニスの試合で、これはマナー違反になってしまう」という部分、確認しておきましょう。

 

「知らないうちに、やってるかも・・・」テニスの試合会場で見かける、マナー違反な行為5つ

 

テニス マナー

 

1.サーブのトスを何度もやり直す

プロ選手の試合でも起きる問題ですが、風邪が強い日などはトスアップが乱れがち。

もちろん、やり直し自体はOKなんですが、それを1ポイント、1ゲームに何度も・・・となると、これはテニスの試合においては、マナー違反となります。

多くとも、1度のポイントでやり直しは3回までくらいが目安。

そしてゲーム全体の中では、なるべくトスのやり直しは少なくするように心がけていきましょう。

低いトス、クイックサーブも使えるようにしておくと便利です。

 

2.相手がサーブを打つときに、ファーストサーブとセカンドサーブの間を空けてしまう

アナタがリターンをする際に、相手がファーストサーブをフォルトする。

その後のセカンドサーブまでは、なるべく間を空けないように配慮してあげるのが、テニスにおいて必要なマナーになります。

ボールを避けたりするのに時間を要するのは、仕方が無い。

遠くに飛んで行ったボールは、すぐに拾いにいくのではなく、まずはセカンドサーブを速く打たせてあげること。

あまりに間が空いてしまうと、ファーストサーブからのやり直しを求められるケースもあるので、注意しましょう。

 

3.ボールを毛羽立たせる

あまり見ない光景かも知れませんが、ニューボールでの試合開始からすぐに、ボールを擦って毛羽立出せる行為を行う選手がいます。

特に粘りが身上のプレースタイルの選手に多いようですが、これははっきりしたマナー違反になります。

ボールはラリーの中で自然に劣化する以外は、もちろん手を加えてはいけません。

 

4.セルフジャッジが遅い・分かり辛い

正しいジャッジが出来ない、汚いというのは論外ですが、セルフジャッジが伝わり辛いのもマナー違反の部類に入ります。

セルフジャッジでは、声とジェスチャーの両方で大きなアクションを、ボールがバウンドしたのと同時に行う必要があるのです。

遅いと、それだけ相手は不信感を持ってしまいますし、正しいジャッジにも疑いの目を向けられることにもなりかねません。

かなり意識しないと直りませんので、改めて自分の声量とジェスチャーを周囲の人に評価してもらいましょう。

 

5.過度なガッツポーズや相手を挑発する行為

学生の試合だけでなく、大人の試合でも同じです。

ガッツポーズを相手に向けて行う行為は、基本的には威嚇行為になります。

また、大声を出すこと、これ自体は悪いことでは無いのですが、せめてインプレー中には相手の妨害にならないように、配慮する必要があります。

特に相手が打っている瞬間に声を出すこと、これは選手だけでなく観客の皆さんもマナー違反になりますので、今一度注意するように意識してみて下さい。

 

テニスは少し、ずるがしこいくらいが勝てる・・・とよく聞きます。

勘違いして欲しくないのですが、頭を使うことと、マナーに違反することは全く意味がことなります。

相手のメンタルをかき乱すことは、テニスの作戦と戦術でもって行われるべきであって、テニスのプレー以外の部分では常にフェアであることを心がけましょう。

マナー違反がひどい選手は、当然練習相手も失います。

もしかしたら相手がイライラしてくれてその試合だけは勝てるかも知れませんが、成長できる未来を捨てるような行為だけは、謹んで欲しい。

「自分は大丈夫!」と思っている人も、ふと立ち止まって、考えてみて欲しいテーマです。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「強い選手になりたければ、強い選手と一緒に過ごす時間を作る」ことがテニス選手にとっては大事

    ふと気が付けば、自分の周りはどこか「自分と似たような」仲間ばかり。…

  2. その他

    「試合に出続けながら苦しもう」スペインテニス界のトーナメント事情

    スペインのバルセロナで練習していた時、月に3大会ほどのペースで大会に出…

  3. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての洞察力を養うには、「日頃から相手の立場で考える」癖を付けるのが一番効果的

    試合の中で相手を観察し、洞察して試合の勝ちにつなげる。その為に…

  4. テニス ラケット

    その他

    「自分よりテニスが上手い人たちとの練習」で、意識して欲しい5つのこと

    テニスをやっていれば、たくさんの人との出会いがあります。もちろ…

  5. その他

    「練習中、新しい事にトライしてる?」練習環境を見直すとテニスはもっと強くなる!

    都内の中学校へボランティア部活レッスンで行ってきた。一日、子供達と…

  6. その他

    テニスの試合では、「自分がやられて嫌なプレー、は大抵相手も嫌がる」ことを意識して実践してみること

    「自分がやられて嫌なことは、人にやってはいけません」と、小さい頃言われ…

特集記事

  1. ピラティスポール
  2. テニス 凌駕
  3. テニス サーブ
  4. テニス 水分補給
  5. テニス 暑さ対策
  1. テニス メンタル

    リターン

    「ブロックリターンが使えると、試合にリズムが作れる」相手に決めらるのはOK、と割…
  2. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスで相手2人が下がる「2バックの陣形」になったときに、必要な意識4つ
  3. メンタル

    「目標に到達するには・・・?」テニスの試合で必要なのは具体的なイメージ
  4. その他

    テニスのストロークの安定感をアップする為に、「使ってない軸足ありませんか?」とい…
  5. テニス フットワーク

    シングルス

    「走れないからシングルスの試合には出ない?」そんな人ほど、ダブルスの試合も走れて…
PAGE TOP