テニス 試合

その他

「知らないうちに、やってるかも・・・」テニスの試合会場で見かける、マナー違反な行為5つ

テニスの試合会場では、いつもの練習とは違う独特の雰囲気で包まれています。

目の前の試合に勝ちたい、ライバルに負けたくないといった気持ちを抑えられなくなると、どうしても熱くなってしまうのがテニスの試合。

それが間違った方向にいって、「マナー違反」という行為になってしまっては、本当にもったいない。

改めて、なかなか教えてもらえない「テニスの試合で、これはマナー違反になってしまう」という部分、確認しておきましょう。

 

「知らないうちに、やってるかも・・・」テニスの試合会場で見かける、マナー違反な行為5つ

 

1.サーブのトスを何度もやり直す

プロ選手の試合でも起きる問題ですが、風邪が強い日などはトスアップが乱れがち。

もちろん、やり直し自体はOKなんですが、それを1ポイント、1ゲームに何度も・・・となると、これはテニスの試合においては、マナー違反となります。

多くとも、1度のポイントでやり直しは3回までくらいが目安。

そしてゲーム全体の中では、なるべくトスのやり直しは少なくするように心がけていきましょう。

低いトス、クイックサーブも使えるようにしておくと便利です。

 

2.相手がサーブを打つときに、ファーストサーブとセカンドサーブの間を空けてしまう

アナタがリターンをする際に、相手がファーストサーブをフォルトする。

その後のセカンドサーブまでは、なるべく間を空けないように配慮してあげるのが、テニスにおいて必要なマナーになります。

ボールを避けたりするのに時間を要するのは、仕方が無い。

遠くに飛んで行ったボールは、すぐに拾いにいくのではなく、まずはセカンドサーブを速く打たせてあげること。

あまりに間が空いてしまうと、ファーストサーブからのやり直しを求められるケースもあるので、注意しましょう。

 

3.ボールを毛羽立たせる

あまり見ない光景かも知れませんが、ニューボールでの試合開始からすぐに、ボールを擦って毛羽立出せる行為を行う選手がいます。

特に粘りが身上のプレースタイルの選手に多いようですが、これははっきりしたマナー違反になります。

ボールはラリーの中で自然に劣化する以外は、もちろん手を加えてはいけません。

 

4.セルフジャッジが遅い・分かり辛い

正しいジャッジが出来ない、汚いというのは論外ですが、セルフジャッジが伝わり辛いのもマナー違反の部類に入ります。

セルフジャッジでは、声とジェスチャーの両方で大きなアクションを、ボールがバウンドしたのと同時に行う必要があるのです。

遅いと、それだけ相手は不信感を持ってしまいますし、正しいジャッジにも疑いの目を向けられることにもなりかねません。

かなり意識しないと直りませんので、改めて自分の声量とジェスチャーを周囲の人に評価してもらいましょう。

 

5.過度なガッツポーズや相手を挑発する行為

学生の試合だけでなく、大人の試合でも同じです。

ガッツポーズを相手に向けて行う行為は、基本的には威嚇行為になります。

また、大声を出すこと、これ自体は悪いことでは無いのですが、せめてインプレー中には相手の妨害にならないように、配慮する必要があります。

特に相手が打っている瞬間に声を出すこと、これは選手だけでなく観客の皆さんもマナー違反になりますので、今一度注意するように意識してみて下さい。

 

テニスは少し、ずるがしこいくらいが勝てる・・・とよく聞きます。

勘違いして欲しくないのですが、頭を使うことと、マナーに違反することは全く意味がことなります。

相手のメンタルをかき乱すことは、テニスの作戦と戦術でもって行われるべきであって、テニスのプレー以外の部分では常にフェアであることを心がけましょう。

マナー違反がひどい選手は、当然練習相手も失います。

もしかしたら相手がイライラしてくれてその試合だけは勝てるかも知れませんが、成長できる未来を捨てるような行為だけは、謹んで欲しい。

「自分は大丈夫!」と思っている人も、ふと立ち止まって、考えてみて欲しいテーマです。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. その他

    「こんな奴とはテニスの練習をしたくない!」と感じてしまう人の特徴4つ

    普段練習している仲間でも、「正直コイツとはあまり練習したくないな・・・…

  2. その他

    テニスの試合で対戦していて、「あまのじゃくタイプ」の選手と分かれば怖くない

    対戦相手で、アナタはどの程度特徴を掴んでいるでしょうか?タイプ別で…

  3. テニス 打点

    その他

    テニスの試合で自分の武器を使いたければ、「武器を使えるポジショニング」を意識していこう

    試合で強引な攻撃ばかりしている人は、大抵3回戦あたりで負けていく。…

  4. その他

    「笑っちゃうくらい面白い」とテニスの試合で感じれるようになれば・・・。

    「笑いながらプレーしてるね。」よくそう言われる。確かにテニスの…

  5. テニス 新入生

    その他

    なぜこの時期に、「新入生の本音の声」を真剣に聞くことが、大事なのか?

    4月に入り、部活やサークルにも少しずつ新入生、が増えてきたと思います。…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでしっかり、「ラケットダウンさせてからボールを捉える」ことが出来れば、自然にスピン回転はか…

    ご質問をたくさん頂く中で、一番多いのがストロークでお悩みの方が多いです…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合で使うエネルギーは、「その都度使い切らないと、実力のMAX値」は絶対…
  2. テニス メンタル

    サーブ

    本当にサーブが強い選手とは、1発がある選手じゃなくて「ファーストサーブが崩れない…
  3. 戦術

    試合で使える戦術は、「攻撃は守備的に、守備は攻撃的に」がキーワード
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「試合中に雰囲気がすぐ悪くなるペア」の特徴4つ
  5. テニス ストローク

    戦術

    身体的なハンディがあるなら、考えるテニスが身につくはず
PAGE TOP