サーブ

安定感のあるスピンサーブを身に付けたいなら、「ボールを捉えてから手のひらを外側に」返していくこと

安定感のあるサーブ、皆さんはどんなイメージですか?

きっとネットの高い位置を通って、ググッと変化して落ちて入る。

この軌道を実現する為には、手のひらを外側に返していくようなスピンサーブが必要です。

硬式テニスならではのこの回転、基本さえ身に付ければ誰でも打てるはずです。

 

安定感のあるスピンサーブを身に付けたいなら、「ボールを捉えてから手のひらを外側に」返していくこと

 


 

■サーブの基本的なグリップを再確認しよう

ストロークの持ち方、とサーブの持ち方は異なります。

ラケット面を地面と90度、の形で上から自然に握るように持ってみて下さい。

そこから手のひらを、どう動かしていくのかが問題

なかなか言葉で説明するのが難しいのですが、一言で言えば手のひらを返していきながら、ボールに当てる。

この感覚は、ぜひ失敗しながら覚えていって欲しいです。

 

■ボールが当たる瞬間に手のひらを外側へ向けてみよう

ボールを自然に投げるときに、アナタの手のひらはどうなっていますか?

きっと投げる瞬間、ボールが手から離れる瞬間に前を向いて、その後少し外側を向いていくはず。

ボールを投げる動作、素振りでやってみて下さい。

しっかり肩を入れて、サーブのコースを隠すイメージで。

リラックスして遠くに投げよう、と思うと自然にこの動きになるはずです。

 

■スマッシュでも使える自然なラケットワークになる!

サーブの持ち方、コンチネンタルグリップだと、手のひらとラケット面がほぼ同じ面の向きになる。

ですので、手のひらを外側に返していけば自然にラケット面も外側を向いていく。

繰り返しになりますが、ボールが当たる瞬間、にまさに外側に向いている途中、くらいに当たると良いスピン回転がかかります。

この感覚をぜひ、身に付けて欲しい。

コツとしては、少し早めに外側に向けていくくらいの意識でちょうど良い。

ぜひ、早過ぎるくらいのタイミングで、試してみて下さい。

 

「何だかこね回しているみたいで、良い回転がかかっているのか分からない・・・」と言う方も、いるでしょう。

最初はそれでOK。

しっかり回転をかけるためには、まず手のひらをしっかり外側へ返す、という意識が大事なのです。

そして打点は身体の前、ですね。

これが出来ないと、いつまでたっても「羽子板」のようなサーブになってしまう。

この夏にぜひ、良いスピンサーブを身に付けていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    速いサーブを打つパートナーなら、リターンの球筋は割れていく

    速いサーブを打って、相手がリターンする。その時のリターンって、…

  2. サーブ

    視点を置く順番を決めれば、サーブを打つメンタルは整えられる

    サーブを打つ時に、精神的に弱くなってしまう人。きっと、こういう小さ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスにおけるサーブ、「相手から浅いボールを引き出す」ことを合格点に

    不思議なことに、テニスの大会に出ると「ファーストサーブは、リターンが返…

  4. テニス リターン

    サーブ

    セカンドサーブからでもプレッシャーをかけるためには?

    試合の中で、「セカンドサーブを叩かれる」と心が折れそうになる。…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「年齢や男女問わず、試合で使えるスライスサーブ」は、トスの高さを少し低めに調整しよう!

    スライスサーブ、と聞くとどんなイメージですか?「左利きの人が得…

  6. サーブ

    サービスゲームの40-30でポーチに出ておく、ことがその先にもつながっていく

    ダブルスの試合で、サービスゲームをなかなかキープ出来ないペア。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    重たいスライス、を打つにはグリップを握り込む動きが鍵になる
  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    イレギュラーバウンドに弱い人は、試合で勝てない
  3. テニス 観察眼

    戦術

    弱点は磨くというより、上手く隠せるようになると試合に勝てる
  4. テニス ストローク

    ストローク

    苦手意識があるショットほど、準備と打点が遅れていく
  5. テニス メンタル

    メンタル

    格上選手に向かっていけない、テニスというスポーツは不思議
PAGE TOP