サーブ

実は、少し低い打点の方がサーブは回転をかけやすい

試合でサーブが入らない。

入っても、簡単に叩かれてしまう・・・と、悩んでいる人は多いと思います。

私自身が、この悩みを解消した方法、みなさんのヒントにもなればと思い書いてみたいと思います。

やり方はすごく簡単。

サーブで良い、と思われていることに疑問を持って、自分で考えてみれば道は見えて来るはずです。

 

実は、少し低い打点の方がサーブは回転をかけやすい

 


 

1.サーブの打点、低めが良い!

私自身、これを最近すごく感じています。

実は、サーブの打点は少し低いくらいが良い。

「なるべく高いところで」というのは、私はあまりお勧めできません。

もちろん、頭よりは高い位置で打ちますが、伸び切ったような打点で打っても力は入りません。

それに、回転をかけることも出来ない。

だったら、打点の高さを少し低くする、方が試合向きのサーブが打てると思いませんか?

 

2.試合で使えるサーブは、上に打ち上げていくサーブ

何度か書いて来ましたが、上から抑えるようなサーブは入らない。

しっかり、上にボールを打ち上げる、山なりのサーブが試合では使えるサーブになります。

そう考えると、少し低い位置に打点を作って、そこからラケットを振り上げる、下半身を使って上に伸びていく。

こういうサーブ、の打点の方が回転がかけやすい。

力も入るし、当たった後にラケットが上に抜けていく感じがあるんですよね。

試合でサーブが入らない時って、無理に打点を高くしようとして、伸び切って前につんのめっているような感じ、だと思います。

 

3.腕はしっかり、上に振ることが大事

ただ、打点を低くすると、問題が出て来ます。

それは、フォーム全体が小さくなってしまうこと。

これでは、良いサーブは打てない。

ですから、打点は少し低めでも、腕をしっかり伸ばして振ること、は大事です。

打点で打った後、に大きく伸びていく感じですね。

この伸び、が無い人はなかなかサーブが安定しない。

振り切れないので、回転もかからないのでフォルトが増えていくだけでしょう。

 

4.ボールを捕らえる時点では、ラケットヘッドは横向き

サーブを打つ打点、ではまだラケットは立っていない。

特に、スピンサーブはそうですね。

打点ではまだラケットは少し寝た状態で、そこからボールを捕らえて、一気にラケットが起き上がっていく。

このラケットが起き上がる動き、で良い回転がかかるんです。

サーブをリラックスして打てる人は、しっかり脱力してラケットの先が下に落ちてくれますからね。

この一瞬の脱力、があるからこそ、低めの打点が活きて来る。

ぜひ、併せて意識してみて下さい。

 

良い打点=高い打点、だと無理が出て来る。

良いサーブは、回転がしっかりかかって山なりのサーブ、ですからね。

これを成し遂げる為には、アナタ自身打点の高さを探していかないと。

その時にきっと、「低め」という要素は、アナタ自身のキーワードになるはずです。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    自分のセカンドサーブに、型が無いと思いませんか?

    みなさんが試合の中で、「無いと困るもの」って、何でしょう?私は…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    実は、右利きのサーブだって強力なんです

    サーブは左利きが有利。それって、誰が決めたことでしょう?…

  3. テニス ダブルス

    サーブ

    センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する

    サーブはセンターに。テニスの試合に出ていると、いかにこれが有効…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブ、セカンドサーブ関係無く「同じサーブを2回打つ」という作戦について考えてみる

    テニスの試合にたくさん出ていると、こういう相手と対戦する機会もあります…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    何度でも言いますが「サーブを見直さない限り」、アナタに未来は開けない

    一番難しい、だけど一番試合で使うサーブ。これって、一つの技術と…

  6. テニス 攻撃

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス マナー

    戦術

    挑発的な人、の方がテニスの試合は強い
  2. テニス ドロップショット

    メンタル

    「打たれる」から「呼び込む」に意識の変えることでテニスは強くなる!
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    サーブ側の前衛は、短距離選手のイメージで
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合の1ポイント目、いきなりネットダッシュ!
  5. フットワーク

    相手の隙を突くには、忍び足が欠かせない
PAGE TOP