テニス サーブ

サーブ

スピンサーブで回転量が足りない人は、「肘の位置を高く打ち終わる」と改善されます!

スピンサーブの回転量は、そのままサービスキープの安定感に直結する。

特にセカンドサーブでしっかり回転量のあるサーブを打てると、リターンからの攻撃を抑制出来て効果的ですよね。

ですが、スピンサーブをしっかり打ち切るのは難しい。

改めて、肘の位置に着目して、スピンサーブの打ち方を見直していきましょう!

 

スピンサーブで回転量が足りない人は、「肘の位置を高く打ち終わる」と改善されます!

 


 

■良いスピンサーブは、肘の位置が高く打ち終わる!

サーブを打ち終わったときの、肘の位置、意識したことはありますか?

キレのある良いサーブは、打ち終わったときに肘の位置が高い。

力いっぱいラケットを振り回そうとして腕全体を振っても、なかなかイメージ通りの軌道にはならないのです。

肘を高く、しっかり肘から先の手首の動きでラケットを振り切る。

そのキレのあるサーブの原動力をしっかり意識しましょう。

まずは下半身の動きと、手首の返しを連動させていくことが第一です。

 

■手首を外側返して、手のひらが外に向くようにする

肘を高い位置で終わる、ためにはそこまでの加速度が大事です。

動作をしっかり上で終わるために、そこまでの動作は速く準備して打ち終わる。

手のひらを外に向けていく動作が完了したら、それ以上は腕全体を動かさない。

そうすることで、コンパクトに打ち終わるサーブが身に付くでしょう。

あまりピンと来ない人は、まずはラケットを持つ腕が下に降りて来ないように「上でフィニッシュする」ことを意識しましょう。

■肘から先はリラックスした状態を保って、ダランとしておく

肘から先は、本当にリラックスしてOK。

ボールを打った後は、脱力してダラーンとするくらいで、ちょうど良いでしょう。

ただしそれは、ボールが当たった後、です。

そこまでしっかり加速して、急に腕の動きを止めることで瞬間的にパワーを発揮出来るのです。

 

サーブが上達すると、スマッシュも上手くなる。

初心者の方で多いのが、腕全体を振ってしまう人。

これだとなかなかキレのあるサーブ、特にスピンの回転量は得られません。

ぜひ意識して、練習してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    中級者から上級者への壁、そこには必ず「サービス力」がある

    サービス力、つまりはサーブの力、ですね。これについて、考えてし…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    明日からサーブのコントロールを良く出来る、一瞬の瞑想の儀式とは?

    サーブを打つ前に、不安になってそのままフォルトしてしまう。毎回…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    深くても安定感のあるサーブは、コートへの入射角が違う

    これ、実は気付いている方少ないと思います。「なんで、サーブは回…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝ちたければ、「サービスごとのポイント獲得率」をしっかり意識しましょう

    試合に強い選手は、数字に強い。試合内容で自分が把握している数字…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    風が強く吹く中で、「サーブを安定させる」ために必要なコツ4つ

    強風の中での試合、テニスなら多いですよね。これが苦手だと、アナ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブが入らなくて、負けた」という言い訳、何回目?

    厳しいようですが、こういう言葉、試合後には便利です。何だか、ま…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    サーブ&ドライブボレーは、現代テニスの必勝形
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを安定させたいなら、「打ち終わりで、ラケットを持たない腕を胸の前に」を…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、シンプルにまず「相手のどこを狙っていくか」を確認して試合に入…
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    サインプレー、はリズムを作る為に必要
  5. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合が上手くいかないのは、いつもと景色が違い過ぎるから
PAGE TOP