テニス サーブ

サーブ

スピンサーブは高い軌道じゃないと、高く弾まないのは当たり前

スピンサーブをしっかり高く、弾ませて相手を追い込みたい。

そう考えている人は、まず原則の部分から確認しておきましょう。

グリップや打ち方も大事ですが、まずこの基本から、ですね。

 

スピンサーブは高い軌道じゃないと、高く弾まないのは当たり前

 


 

1.高い軌道のサーブって、嫌いですか?

どうも、若い皆さんはこの傾向があるようです。

低く速い方が良いサーブ、と思っている方がまだまだ多いようです。

でもそのサーブ、安定して入りますか?

試合の大事な場面で、頼りになりますか?

本当に頼りになるのは、軌道が高くネットミスの心配がない、そして高く弾むようなサーブです。

 

2.軌道が高いから、ボールが弾む!

重力がかかって、良い反発力が生まれるのは高い軌道。

回転の質、ももちろん大事ですが、回転だけではボールは弾まない。

軌道をしっかり高く、ネットの2メートルくらいは上、を通すサーブを意識してみて下さい。

最初は、フォルトしてOK。

その軌道から、どうやって回転をかけてボールを縦に変化させていくかを考える。

最初から入れにいくようなサーブ、は未来が無い。

サーブは山なりで高い軌道、だから高く弾む試合で使えるサーブになるんです。

 

3.理想は相手のバックハンド側に高く弾むサーブ

皆さんも試合で、これをやられると辛いですよね。

バックハンド側にキックする、弾むサーブ。

これを打つ、試合で使うことをいつもイメージしましょう。

サーブは、バックハンドの高い位置でリターンさせる、と考えると試合で戦いやすい。

ダブルスでも大活躍、前衛のポーチを引き出せるサーブになるはずです。

 

抽象的な話になってしまいましたが、サーブの軌道は意識次第。

ネットはきっと、アナタが思っている以上にサーブで障害になります。

それも、試合の大事な場面で・・・。

乗り越えるには、軌道の発想から変えること。

重力を味方にして、バックハンドを狙えるサーブを磨いていきましょう!

 

今回のまとめ

バックハンドに弾むサーブは、高い軌道のイメージから!

 

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブで回転量が足りない人は、「肘の位置を高く打ち終わる」と改善されます!

    スピンサーブの回転量は、そのままサービスキープの安定感に直結する。…

  2. テニス ストローク

    サーブ

    ダブルスの試合で、「センターにサーブを打ちたいなら、センター寄りに立つ」基本を、もう一度見直そう

    サーブをしっかりセンターに打ちたいけど、狙っても失敗ばかり・・・な人。…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    【保存版】テニスの試合でのセカンドサーブに悩む方へ贈る人気のTOP7記事

    テニスの試合、やってて辛いのがダブルフォルト。セカンドサーブを…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    試合の後半のサーブは、「バック側を警戒させて、フォア側で仕留める」コース取りでいこう

    サーブをどこに打って、攻撃していくべきか・・・。相手の様子や自…

  5. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは軸足でコントロール」することでテニスの試合で安定感が生まれます

    サーブのコース、どこを狙うのが好き?デュースサイド(右サイド)…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブ、セカンドサーブ関係無く「同じサーブを2回打つ」という作戦について考えてみる

    テニスの試合にたくさん出ていると、こういう相手と対戦する機会もあります…

特集記事

  1. メンタル

    試合の中で「最後にラケットをどれだけ伸ばせるか」は、技術よりも日々の習慣でしかな…
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    「後ろ足体重で引き付けるストローク」からの展開力を身に付けよう
  3. メンタル

    ゲーム差が開いていけば、必ず集中力は切れるもの
  4. テニス スライス

    戦術

    相手をしっかり崩しているのに、「決められない」のはなぜ?
  5. テニス 環境

    練習メニュー

    アナタのテニスが成長していけば、「周りの成長に繋がる」から良い循環が生まれる
PAGE TOP