テニス メンタル

メンタル

緊張しないように、という時点で既に緊張している

試合でみなさんは、緊張しますか?

人により差はあると思いますが、少なからず、緊張する場面はあるはず。

この場面で、どういうパフォーマンスを発揮出来るのか。

緊張感との向き合い方って、大事ですよね。

 

緊張しないように、という時点で既に緊張している

 

1.緊張感に怯えてはいけない

アナタ自身、こういう経験は無いですか?

緊張しないように、しないように・・・・と意識して、余計に緊張してしまう。

気付いたらもう、サーブも打てないくらいにパニックになってしまって、終盤で訳が分からないままに試合終了。

誰しもが、通る道だと思います。

こういう背景って、「緊張」と上手く向き合えていないからだと私は思いますよ。

どこかで、逃げている、避けている。

そんなことないですか?

 

2.緊張せずに試合を終える、なんて絵空事

出来れば、こうでありたい。

緊張しないで、良いリードを保って試合を終えたい、と考える。

でも、そんな淡い期待が命取りになるのは明らかです。

試合では、緊張感が高まるのが当たり前。

誰だって、ブレイクポイントでのセカンドサーブは緊張します。

その緊張を、避けようと思ってはいけない。

普段から、そういう場面で自分がどういうサーブを打てるのか、プレーが出来るのか。

これが大事ですからね。

 

3.練習から、プレッシャーという負荷を与えていこう

緊張するのは、ミスが怖いから。

失点すると試合に大きな影響を及ぼす場面で、人は後ろ向きになって緊張する。

ミスが怖い、逃げ出したいという気持ちになる、ような準備が練習から出来ているかどうか、ですね。

練習から、どんな工夫が出来るでしょうか。

30-40のセカンドサーブ、を想定してしっかり練習する。

そういう場面で打てるショットが、自分の実力ですからね。

緊張感、を受け止めるだけの準備をしておきましょう。

試合では、嫌でも緊張しますから、絶対に。

 

4.スリルを楽しめる選手、になろう

私たちは、なぜ試合に出るんでしょうか?

賞金で食べている訳でもないのに・・・楽しいから?こんな緊張の連続が?

でも、どこかで「スリルが楽しい」という意味で、試合を楽しんでいることはあると思います。

私自身も、そうです。

この緊張感、ミスしたら負け、みたいなスリルが楽しいじゃないですか。

スリルを楽しむ、ような感覚になっていけば、きっと緊張感をコントロール出来るし楽しめる。

きっと、アナタ自身もっとこの感覚を持って良いと思います。

試合って、ハラハラドキドキ、が楽しいじゃないですか。

 

もちろん、緊張感に押しつぶされて負けて、眠れないくらいに悔しい試合もあるでしょう。

でもそれが、テニスの試合です。

緊張を受け入れて、準備する。

避けようとしている時点で、もう緊張に負けているような気がします。

アナタは、どうですか?

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    一度の成功体験にしがみ付いている人ほど、面倒臭い人はいない

    成功体験、大事です。ですが、世の中にはそれを上手く活かせない人…

  2. テニス 打点

    メンタル

    格上相手に勝ち切るメンタルは、「競る前に終わらせる」くらいの強気な部分が欲しい

    もし、アナタが大事な試合で勝ち進んだとしましょう。まさに、上位…

  3. テニス 疲れ

    メンタル

    みんな誰しもが、試合5分前になると「現実主義者」になるのがテニスです

    テニスの試合前、みなさんも経験無いですか?よく分からない、急に…

  4. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合では「アンフォーストエラー」よりも「フォーストエラー」に着目しておきたい、その理由につい…

    プロテニス選手の試合の数値で、「アンフォーストエラー」という言葉が出て…

  5. メンタル

    試合の中で「最後にラケットをどれだけ伸ばせるか」は、技術よりも日々の習慣でしかない

    テニスの試合の中で、「諦めない」ということは本人にしか分からない。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスというスポーツの怖さを、もう一度確認しておきましょう

    何度か書いてきたテーマですので、またか・・・と思う方もいるでしょう。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に名前負けしてしまうのは、結局「自分が可愛くて、守りたい」から
  2. テニス ポジショニング

    ストローク

    何気なくウォーミングアップでやってるけど、「良いショートラリーと、悪いショートラ…
  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で有効なのは、実は「フォアハンド側への連続攻撃」です
  4. スマッシュ

    「とにかく決定力のあるスマッシュが打ちたい!」なら身に付けたい腕と手首の返し方
  5. ダブルス

    ダブルスの試合で「相手の繋ぎのボール」を潰せば、勝機は見えてきます!
PAGE TOP