テニス メンタル

メンタル

緊張しないように、という時点で既に緊張している

試合でみなさんは、緊張しますか?

人により差はあると思いますが、少なからず、緊張する場面はあるはず。

この場面で、どういうパフォーマンスを発揮出来るのか。

緊張感との向き合い方って、大事ですよね。

 

緊張しないように、という時点で既に緊張している

 

1.緊張感に怯えてはいけない

アナタ自身、こういう経験は無いですか?

緊張しないように、しないように・・・・と意識して、余計に緊張してしまう。

気付いたらもう、サーブも打てないくらいにパニックになってしまって、終盤で訳が分からないままに試合終了。

誰しもが、通る道だと思います。

こういう背景って、「緊張」と上手く向き合えていないからだと私は思いますよ。

どこかで、逃げている、避けている。

そんなことないですか?

 

2.緊張せずに試合を終える、なんて絵空事

出来れば、こうでありたい。

緊張しないで、良いリードを保って試合を終えたい、と考える。

でも、そんな淡い期待が命取りになるのは明らかです。

試合では、緊張感が高まるのが当たり前。

誰だって、ブレイクポイントでのセカンドサーブは緊張します。

その緊張を、避けようと思ってはいけない。

普段から、そういう場面で自分がどういうサーブを打てるのか、プレーが出来るのか。

これが大事ですからね。

 

3.練習から、プレッシャーという負荷を与えていこう

緊張するのは、ミスが怖いから。

失点すると試合に大きな影響を及ぼす場面で、人は後ろ向きになって緊張する。

ミスが怖い、逃げ出したいという気持ちになる、ような準備が練習から出来ているかどうか、ですね。

練習から、どんな工夫が出来るでしょうか。

30-40のセカンドサーブ、を想定してしっかり練習する。

そういう場面で打てるショットが、自分の実力ですからね。

緊張感、を受け止めるだけの準備をしておきましょう。

試合では、嫌でも緊張しますから、絶対に。

 

4.スリルを楽しめる選手、になろう

私たちは、なぜ試合に出るんでしょうか?

賞金で食べている訳でもないのに・・・楽しいから?こんな緊張の連続が?

でも、どこかで「スリルが楽しい」という意味で、試合を楽しんでいることはあると思います。

私自身も、そうです。

この緊張感、ミスしたら負け、みたいなスリルが楽しいじゃないですか。

スリルを楽しむ、ような感覚になっていけば、きっと緊張感をコントロール出来るし楽しめる。

きっと、アナタ自身もっとこの感覚を持って良いと思います。

試合って、ハラハラドキドキ、が楽しいじゃないですか。

 

もちろん、緊張感に押しつぶされて負けて、眠れないくらいに悔しい試合もあるでしょう。

でもそれが、テニスの試合です。

緊張を受け入れて、準備する。

避けようとしている時点で、もう緊張に負けているような気がします。

アナタは、どうですか?

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおける経験値は、テニスを初めてからの時間の長さは関係無い!

    私は、改めて最近感じることがあります。テニスは経験が必要?…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「周りの人に、自分のテニスを言葉で説明できる」ようになると、アナタの未来は明るく拓ける!

    自分のテニスについて、しっかり「言葉」にすることはできますか?…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「勝ちに徹するテニスが、楽しいと思えない」のは、自分が本気になるのが怖いからです

    今回アンケートを実施させて頂く中で、厳しいご意見もたくさん頂きました。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「チャンスをチャンスと思えるか」ポイントに繋げる為の、心の準備について

    テニスはディフェンスが重要。ある程度試合に出ていると、誰もがそ…

  5. メンタル

    「良いフォームは自分で開発出来なきゃなきゃダメ!」テニスの試合で苦しいときに実力を発揮できる為に

    テニス上達のためには良いフォームを身に付けないといけないんだけど、どう…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「負け癖」が付いている選手は、結局何かを変えることが出来ない人がほとんど

    テニスの試合、勝ったり負けたりの繰り返し。でも、不思議なことに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. ストローク

    ネットプレイヤーに対するストロークの基本、「足元に沈めたら前をケアする」をとにか…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    イレギュラーバウンドが多いテニスコートでは、「意識してオープンスタンス」を多めに…
  3. テニス ロブ

    メンタル

    「メンタルが強くなって試合に勝てるようになる」よりも、「試合に勝っていく中でメン…
  4. テニス ロブ

    練習メニュー

    テニスコートを効率良く使って行う、「2対1のボレー対ストローク」の練習メニュー
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝ちたければ、「対戦相手の個性を掴む能力」に磨きをかけましょう
PAGE TOP