テニス ストローク

ストローク

重たいスライス、を打つにはグリップを握り込む動きが鍵になる

重たいスライスを使って、相手を追い込んでいきたい。

そう考えているシングルスプレイヤーの方、は多いと思います。

片手でもしっかり、ボールに力を加えて滑る、重たいスライスに変えていくにはどうすれば良いのか。

グリップを握り込むタイミング、だけでかなり改善されると思いますよ。

 

重たいスライス、を打つにはグリップを握り込む動きが鍵になる

 


 

1.スライスで伸びを加えるには?

しっかり高い位置から、上から抑えること。

それに加えて、グリップを握り込むタイミングも大事、になります。

結構、スライスでボールが飛ばない、伸びない人って、握るタイミングが早いと思うんですよね。

ギリギリまで、脱力してゆるゆるの状態でラケットを支えるだけ。

ボールを打つ、まさにその瞬間に小指からギュッと握る感じ、のタイミングで打ってみて下さい。

これだけで、かなり勢いのあるボールが打てるはず。

腕を速く振る、よりもこのグリップを握り込むタイミング、の方が大事です。

 

2.お腹、おへそに近づけるようにフォロースルー

自分のお腹、に近づけるように、ラケットを前に出していく。

こうすると、クロス方向にも自然に良いスライスが打てるでしょう。

準備した状態、テイクバック時には少し身体からラケットを離して、空間を作っておく。

その空間を少しずつ小さくするようにして、身体に近づけていくようにして前に出していく。

すると、どうでしょう。

自然と、良いスライス回転がかかっていく、と思いますよ。

 

3.フラット気味に当てる、でちょうど良い

重たいスライスって、みなさんどういう軌道をイメージされますか?

きっと、ある程度速度がある、直線的なボールだと思います。

切り過ぎたスライスは、回転量は多いけど遅い、山なりな感じですよね。

これもドロップ系のショットで使えますが、分厚く追い込んでいくようなスライスではない。

フラット気味、回転量は少ないくらいで良いでしょう。

しっかりグリップを握り込みながら、相手のボールに負けないように押し出してあげる。

この意識、大事ですね。

 

4.振り出しを早くすれば、打点も前に確保出来る

せっかく良い準備、グリップの握り込みが出来ていても、打点が遅くなったら意味がない。

振り出しを早くすれば、きっと全ての問題は解決されます。

スライスの苦手な人って、ラケットの振り出しが遅いんです。

遅いから、パワーを持っていない状態でラケットに当たり、ボールに負けてしまう。

振り出しを早く、相手のボールを前でつぶすくらいの意識、で打っていきましょう!

 

握り込むタイミングをしっかり意識すれば、全ての準備も早くなります。

使いたいのは、利き手の小指ですね。

この小指をギュッと握る、そのタイミングでボールに伸びを与えるイメージで。

ぜひ、普段のストローク練習から、スライスを混ぜていってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. ストローク

    「侮るなスライス」テニスの試合で、相手にプレッシャーをかけ続ける粘りを取り入れよう!

    スライスとトップスピン。試合中、君のストロークはどっちをよく使…

  2. テニス ポジショニング

    ストローク

    大坂選手のキレ味鋭いバックハンド、最高に現代風だから参考になる

    全米オープンでも躍進が続く、大坂なおみ選手。試合の全てをチェッ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「最先端のビッグサーバー対抗術」錦織選手の戦い方に観る、テニスの試合での攻略法4つ

    錦織選手の初優勝で幕を閉じた、ATP男子のシティオープン。ビッ…

  4. テニス 風

    ストローク

    風下からは強めに打つ!だけで、テニスの試合運びは楽になる

    風が強い日、アナタはテニスの試合でどんなことを心がけますか?風…

  5. ストローク

    フォームを固めると、テニスは上手くなるのだろうか?

    以前に、頂いたご質問の中で「なかなかフォームが固まりません・・・」とい…

  6. テニス ストローク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. フットワーク

    「ボールをよく見るためには?」テニスの基本の部分を見直すには?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    闘志を見せない相手には、必ず奥底に隠している強さがある
  3. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの展開方法は、横の動きだけだとワンパターンになるので注意が必要
  4. ストローク

    今一度考えて欲しい、「速くて低いストロークと、山なりで深いストローク」は、どちら…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    なぜ、ダブルスのボレーが決定打にならないのかと言えば、アナタのショットがワンパタ…
PAGE TOP