テニス 戦術

ストローク

両手バックハンドストローク、の人こそ片手のスライスも練習しよう

昨日の夜、錦織選手の試合を観戦していた方も、多かったんじゃないでしょうか・・・。

ジョコビッチ選手との試合、1回戦とは思えないくらい両者の打ち合いでしたね。

その中で、私はあるパターンに注目して観ていました。

そう、お互いが得意にする、あの展開ですね。

 

両手バックハンドストローク、の人こそ片手のスライスも練習しよう

 


 

1.両手バックハンドストローク、はもはや武器

少し前まで、プロ選手でもバックハンドを苦手にしている選手はたくさんいました。

狙われると辛いから、前に出るサーブ&ボレーヤーも多かったですしね。

ボールを飛ばす、のもかなり苦労している感じだったのが、今はどうでしょうか。

昨日の錦織選手、ジョコビッチ選手共に、前に踏み込んで高い打点で両手バックハンド、もはや強力な武器ですよね。

相手を支配出来るし、しっかりとウィナーが取れる。

こういうバックハンド、がもはや現代テニスのスタンダード。

それにプラスアルファで、ぜひみなさんも参考にして欲しいポイントがあります。

 

2.なぜ、片手バックハンドスライスが必要なのか?

もちろん、浅いボールを打つ為です。

展開していくドロップショット、しっかり試合でも多く使えるかどうか。

昨日の2人の試合を観ていると、特にジョコビッチ選手は上手く入れてきてましたよね。

高い打点で打ち込む、両手でテイクバックをして・・・スッとスライスに切り替える。

このショット、難しいようですがまずは片手スライス、が打てるかどうかが大事。

両手バックハンドのスピン、フラット系のストロークばかりを練習していると、なかなか試合でサッと使えない。

片手スライスのバックハンド、の必要性をもっとしっかり考えて欲しいんです。

 

3.ショートラリーから、しっかりスライスを入れる

この意識、すごく大事です。

ウォーミングアップから、しっかりスライスを入れる。

バックハンド、は両手のスピンと片手のスライス、をいつでも繰り出していけるようにしておくことが大事、です。

普段からしっかりスライスを使う意識が強く持てていると、試合でも自然に出て来るはず。

どちらかと言えば、スライスって「どうしようもない時の守備」にしか、使わないイメージじゃないですか?

それだと、クレーコートでドロップショットを使うなんて、夢のまた夢ですよ。

 

4.しっかりした構え、から片手スライスを打てるようになろう

実際、試合では「追い込まれてからスライス」は、みなさん打てる。

でも、昨日のジョコビッチ選手のように、しっかり構えた状態から浅いスライスを打つ、のって意外と難しいんですよ。

だからこそ、しっかり打てるように練習しておかないとダメ。

両手でテイクバックして、から片手スライスを打つ、のは女性でも出来るはず。

学生のみなさん、にもお勧めの基本テクニックです。

 

改めて、このドロップショットが打てないと、シングルスの試合は厳しいなと感じました。

前に引っ張り出す、ことでチャンスも広がるし、後ろに下がれないですからね。

前を使わないと、どんどん粘られてアナタ側が苦しくなるだけ。

しっかりと使えるように、片手スライスを意識して練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. ストローク

    相手は必ず、ラリー中に隙を見せる

    強い相手になかなか勝てない。そう感じているみなさん、もっと相…

  2. ストローク

    鋭い振り抜きの為に必要な、シンプルな基本

    鋭く振り抜いて、ストロークで狙う。この技術を磨くには、ある基…

  3. テニス メンタル
  4. テニス ストローク

    ストローク

    深いボールに振り遅れる人は、「ターンの速さ」の改善で強くなれる!

    試合に強い選手は、ストロークが安定している。安定感があるように…

  5. テニス フットワーク
  6. テニス リターン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. リターン

    相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!
  2. スマッシュ

    スマッシュのコースは「どのタイミングまで変更可能か?」を覚えておくと試合で使いや…
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    ラリーの球出し改革、全てが良い方向に
  4. リターン

    リターンはボレー、で意識改革を
  5. テニス 言葉

    ボレー

    ネットに詰めて、相手のいないところに落とすから決まる
PAGE TOP