テニス ストローク

ストローク

ドロップショットを有効に使うなら、その前後の動きを徹底して鍛えよう

試合の中で、ドロップショットを使う機会は今後ますます、増えていくでしょう。

プロ選手の試合の中でも、ストローク主体の選手が多い中でいかにこのドロップを混ぜるか、が勝敗を分ける。

でも、実際に試合の中で有効に使えている選手は、少ないように思います。

なぜ・・・でしょうか?

 

ドロップショットを有効に使うなら、その前後の動きを徹底して鍛えよう

 

ドロップショットの精度にばかり、こだわり過ぎ!

皆さん、ドロップショットを使うときにどうですか?

そのショットの精度自体に、高いハードルを設定し過ぎていないですか?

何度も書いてきましたが・・・ドロップショット単体でエースになる、なんてことは理想が高過ぎ。

触らせて、崩すのがまずはドロップショットのゴール地点。

精度にばかりこだわっていても、結果的に打てないか、打っても身体の動きが止まってしまう。

ドロップショットって、結局はその前後の動き、が大事なんです。

 

流れるような動きで、ドロップショットの前後をイメージしよう

まず、基本はしっかり「深く打つぞ!」という構えから、ドロップショットを打つ。

そして打ったら、自分も前に走る・・・のが大事。

なぜなら、ドロップショットはドロップショット、で一番切り返されるパターンが多いから。

打った後にジーッと後ろで待っている人、試合慣れしていないって相手にバレバレですよ。

流れるような動き、こそドロップショットには必要なんです。

 

勝負はネットプレー!の意識でいこう

シングルスでも、使える意識としてはコレです。

ドロップショットを打って、ネットプレーで勝負する。

シングルスコートで、ボレーボレー、そこからまたロブ、のような駆け引きに持ち込む、ことが有効。

この自信があれば、ドロップショットのそれ自体は多少甘くても良いんですよね。

きっと、アナタ自身楽に打てるはずです。

逆に「拾われたら終わり」みたいな感じだと・・・もう、言うまでも無いですね。

 

自分なりに、「型」を作りましょう。

シングルスでもダブルスでも、一連のドロップショットを入れた流れを作ってみる。

そうすることで、きっと試合を動かせるチャンスが増えるはず。

格上相手に挑むには、こういう武器を一つ一つ、丁寧に磨いていくこと。

ぜひ、試してみて下さいね。

 

今回のまとめ

ドロップショットは前後の動きを連動させることで、試合を動かす大きな武器になる!

 

関連記事

  1. ストローク

    テニスの試合では、「どこでラケットダウンさせてる?」を意識するとストロークの安定感がアップ!

    ストロークでトップスピンの回転をかけてボールを打つでしょ?でもトッ…

  2. ストローク

    なかなか教えてもらえない、「ロブを追いかけてしっかり返す」ための注意ポイント4つ

    試合でも練習でも、意外と「ロブで抜かれたときに、追いかけて返球」する機…

  3. ストローク

    テニスの試合でのストローク、「勇気があれば振り抜ける」わけではなく・・・ですよね?

    トップスピンでストロークを打つ時、当たり前だけどトップスピンの回転が掛…

  4. ストローク

    ストロークを打つときに、「スピン回転がかからずアウトばっかり・・・」になってしまう人は、フォロースル…

    ストロークでのスピン回転、しっかりかけることが出来ないと試合でラケット…

  5. テニス 守備

    ストローク

    テニスの試合では、「自分のショットが甘くなる」ことも想定して、素早く切り替えの準備を!

    自分のチャンスで、相手を攻撃していく。テニスの試合ではよくある…

  6. ストローク

    「まだテニスのラリーに慣れない初心者の方」は、バウンド地点への近付き過ぎを止めてみよう

    「テニスを始めてみたけど、全然上達しない・・・」と、悩んでいる方も多い…

最上部レクタングル広告

スカイクレイパー広告枠

  1. シングルス

    シングルスの試合、「リードしているとき」にはセカンドサーブもコースを突いて見せて…
  2. その他

    「テニスの試合は過酷である」真夏の暑さ対策として大切な「汗」について
  3. サーブ

    サーブを打った後に構えるのが遅い人は、「まず利き腕で無い手でラケットのスロートを…
  4. テニス 雨

    その他

    雨の日に練習がオフ!はもったいないからミーティング日和に
  5. テニス メンタル

    ストローク

    改めて考えてみる、「シングルスでのシコラー対策」についての新しい視点
PAGE TOP