テニス ストローク

ストローク

ドロップショットを有効に使うなら、その前後の動きを徹底して鍛えよう

試合の中で、ドロップショットを使う機会は今後ますます、増えていくでしょう。

プロ選手の試合の中でも、ストローク主体の選手が多い中でいかにこのドロップを混ぜるか、が勝敗を分ける。

でも、実際に試合の中で有効に使えている選手は、少ないように思います。

なぜ・・・でしょうか?

 

ドロップショットを有効に使うなら、その前後の動きを徹底して鍛えよう

 

ドロップショットの精度にばかり、こだわり過ぎ!

皆さん、ドロップショットを使うときにどうですか?

そのショットの精度自体に、高いハードルを設定し過ぎていないですか?

何度も書いてきましたが・・・ドロップショット単体でエースになる、なんてことは理想が高過ぎ。

触らせて、崩すのがまずはドロップショットのゴール地点。

精度にばかりこだわっていても、結果的に打てないか、打っても身体の動きが止まってしまう。

ドロップショットって、結局はその前後の動き、が大事なんです。

 

流れるような動きで、ドロップショットの前後をイメージしよう

まず、基本はしっかり「深く打つぞ!」という構えから、ドロップショットを打つ。

そして打ったら、自分も前に走る・・・のが大事。

なぜなら、ドロップショットはドロップショット、で一番切り返されるパターンが多いから。

打った後にジーッと後ろで待っている人、試合慣れしていないって相手にバレバレですよ。

流れるような動き、こそドロップショットには必要なんです。

 

勝負はネットプレー!の意識でいこう

シングルスでも、使える意識としてはコレです。

ドロップショットを打って、ネットプレーで勝負する。

シングルスコートで、ボレーボレー、そこからまたロブ、のような駆け引きに持ち込む、ことが有効。

この自信があれば、ドロップショットのそれ自体は多少甘くても良いんですよね。

きっと、アナタ自身楽に打てるはずです。

逆に「拾われたら終わり」みたいな感じだと・・・もう、言うまでも無いですね。

 

自分なりに、「型」を作りましょう。

シングルスでもダブルスでも、一連のドロップショットを入れた流れを作ってみる。

そうすることで、きっと試合を動かせるチャンスが増えるはず。

格上相手に挑むには、こういう武器を一つ一つ、丁寧に磨いていくこと。

ぜひ、試してみて下さいね。

 

今回のまとめ

ドロップショットは前後の動きを連動させることで、試合を動かす大きな武器になる!

 

関連記事

  1. ストローク

    「超ディフェンシブ粘りストローク」はメンタルだけでは無理!テニスの試合で使えるようになるには?

    シングルスの試合の中で「粘り」の要素は、大きな武器になる。「なかな…

  2. テニス 練習

    ストローク

    テニス初心者の方にありがちな、「ストロークで肘が後ろに残る形」を修正しよう

    テニスで「手打ち」と呼ばれる現象。そのほとんどは、肘から先の腕…

  3. ストローク

    ストロークのラリーで、「ベースライン上からのハーフバウンド」でのライジングショットは、もはや必須技術…

    ベースラインから下がり過ぎないことの重要性は、何度か書かせて頂きました…

  4. ストローク

    「バウンドの高さに合わせたテイクバック」で、テニスのストロークはより正確になる!

    ストロークの弾道が安定しないと悩む人、原因の一つは準備の精度。「早…

  5. テニス リターン

    ストローク

    コントロールの良いストロークを継続するには、3種類の打点だけまずマスターしよう

    ストロークのコントロール、良い人と悪い人の差はどこにあるのか。…

最上部レクタングル広告

スカイクレイパー広告枠

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「スライスの山なりなボール」は、意外とストロークの返球で苦戦する
  2. テニス メンタル

    メンタル

    独創的で自分勝手でも、「テニス選手としてなら生きていける」は大きな勘違い
  3. その他

    朝一番のテニスの試合で、「しっかり身体が動けるように」意識したい4つの準備とは?…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブは、「絶対にファーストサーブより遅く打たないといけない」というルー…
  5. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合ですぐに足が疲れてしまう人は、「つま先を使い過ぎて負担が大きい」のか…
PAGE TOP