テニス 雨

メンタル

「マナー違反ギリギリの行為」で対戦相手を惑わそうとしても、結果的に自分たちの首を絞めるだけ

「サーブを打とうとしたら、相手ペアの前衛がサービスエリアに入ってきて邪魔してくる」

「ファーストサーブをフォルトしたら、チャンス!とか言ってくる」

こういった行為についてのご意見も、たくさんアンケートで頂きました。

私自身、草トー会場で見ていても、「ちょっと酷いな・・・」と思うような選手、ペアは実際にいます。

でも、そんな相手にも私たちは試合で対戦し、勝っていかないといけない。

腹を立てて負けていくのが、一番悔しいですからね。

ここは、冷静になって対策を考えましょう。

 

「マナー違反ギリギリの行為」で対戦相手を惑わそうとしても、結果的に自分たちの首を絞めるだけ

 

1.サービスエリアに入って来る前衛、の対策は・・・?

ダブルスの試合で、皆さんも見た経験あるんじゃないでしょうか。

対戦相手の前衛が、サーブの選手を惑わそうとしてサービスエリアの中に入って来る。

少しでもメンタルを乱して、フォルトを誘おうという魂胆が見え見えですよね。

この対策、私なら思い切って「相手が入って来ている場所を狙う」ことで対応します。

要はセンターへのサーブ、をしっかり打ち切るということですね。

 

2.味方に邪魔されている、とリターンの相手に思わせる

逆の立場で、どうでしょう。

リターンする立場で、味方が前をうろちょろ動いて、しかもその場所近くにサーブが入って来る。

リターンしようとしても、その前衛がまず邪魔、じゃないですかね?

私だったら、そう感じます。

リターンする選手が邪魔と感じるように、あえてセンターを狙って「仲間割れ」を誘ってみる。

もちろん、そんなことで崩れていくようなことは無いペアがほとんどでしょうが・・・確実に、雰囲気は悪くなってくるでしょう。

相手の邪魔をするつもりが、味方のリズムを崩しているようなペア、結構多いですよ。

センター付近をうろちょろする相手には、遠慮なくセンター、に打っていくことが一番大事です。

 

3.相手を乱そうとする相手には、毅然と対応しよう

結局、こういう選手は自分で自分を信じられない人たち、なんです。

自分の実力が無いと分かっているから相手を乱そうとする。

それも、プレーや配球、テニスの実際のプレーでは出来ないから、こういったオフプレーでのマナー違反ギリギリの行為に及んでしまう。

そう考えると、すごく「可哀そう」に私の目には映ります。

もちろん、勝とうと必死なのは良いことなんですが、やり方が間違ってますしね。

本当に強いペアに、そういう惑わしは全く効果無いですよ。

自分たちで、自分たちの首を絞めるだけです。

 

4.効果が無いと感じたら、諦めるのも早い人たち

実際に試合を観ていると、相手を乱す動きが効かないと見るや、諦めるのも早い。

自分たちに策が無い・・・んですよね。

色々小細工することに熱心になると、自分たちを鍛えて成長させていく、試合で使える武器を増やすという発想が乏しくなる。

諦めるのが早い、から粘りも身に付かない。

マナー違反ギリギリの行為を繰り返していると、一緒に練習する仲間もいなくなりますしね。

対戦相手も、良い印象を持たないままに評判は一気に拡がる。

結果的に首を絞めて苦労するのは、自分たちですよ。

 

「でもやっぱり・・・負けたら悔しい!」と思うのは、当然です。

でも、その経験は絶対に次に活かせるはず。

毅然とした対応が出来ないのは、厳しいかも知れませんがアナタの準備不足。

マナー違反ギリギリの行為、だけでは、なかなかレフェリーも呼べないし動けないでしょう。

試合を勝っていく、には乗り越えていくべき壁、です。

「あぁ、またやってるな・・・」くらいに思えるように、自分を強く持って試合に臨みましょう!

 

【読者のみなさんへ】

お時間のある方は、ぜひ3ヶ月に1回実施させて頂いておりますアンケートにご協力下さい。

(※数分で終わる内容です!)

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス 格上相手

    メンタル

    テニス界では、意外と「努力を周りに見せたい人」ばかり

    なぜか・・・テニス界にはこういう人が多い。そして、こういう周り…

  2. テニス 戦術

    メンタル

    実力はあるのに試合に勝てない人は、序盤に〇〇を見せておこう

    試合の中で、皆さんはどんなプレーで序盤、入っていくイメージを持ってます…

  3. メンタル

    「順調に試合を運べていると感じたら、危ない」試合を勝ち切れない人は、最後の最後に隙だらけ

    どんなスポーツの試合にも、逆転は付き物。自分が逆転する側になる…

  4. テニス 戦術

    メンタル

    試合では、良いポイントを3つ続けるのが大変なんです

    私は審判台の上から、思っていたこと、気付いたことがあります。試…

  5. テニス 指導

    メンタル

    「勝ちたい」ではなく、「勝たないといけない」までもっていこう

    テニスの試合に出ていると、負けず嫌いで勝気な人が多い。これって…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    ダブルスの試合、ビビリはパートナーに伝染する

    試合中に、急に恐怖に襲われる。何をやっても出来ない、入らない、…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ボレー

    相手ストロークをボレーするときは、「シンプルに同じ軌道」で返球出来ればOK
  2. テニス 居場所

    ストローク

    アナタのドロップショットを、今すぐ0式に変える方法とは?
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「ファーストサーブはスーパーセカンドサーブ」テニスの試合、サービスゲームで意識し…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「緊張感の中で・・・」テニスの試合で実力を発揮する為に、必要なイメージとは?
  5. その他

    昔体育の授業が苦手だったらかと言って、テニスも苦手とは限らない
PAGE TOP