テニス 部活

メンタル

対戦相手のテニスと人格は、切り離して考えることが一番

テニスの試合って・・・正直、「ムカつく相手」とも試合しないといけない。

それが身内の選手だったり、態度やマナーが悪い選手だったり、色々だと思いますが。

そんな時に、アナタ自身いかに感情をコントロールするのか、が大事になってきます。

何も準備、視点が無いと、ただコート上での自分のパフォーマンスが落ちるだけ。

それだと、やっぱり悔しいじゃないですか。

どんなに腹の立つ相手でも、テニスはどうなのか?

実際のテニス、に着目するには、こういう視点が大事でしょう。

 

対戦相手のテニスと人格は、切り離して考えることが一番

 

1.テニスと人格を、切り離す

私はいつも、こう考えています。

「すごく嫌な奴だけど、テニスは正直なんだよな・・・」とか、そんな感じ。

「声出してきて威勢が良いけど、テニスは守備的で冷静だな・・・」とか。

その人の人格とテニスを分けて、自分の中で処理していく。

そして、あくまで戦っているのは相手の「テニス」です。

性格や人格と戦う訳じゃない。

その人のテニス、と戦うという姿勢が大事だと思いますよ。

 

2.テニスを客観視すれば、やるべきことが見えてくる

人間、感情が先に立つと全てがおかしくなる。

用意していた戦術、技、が出せなくなってしまうのは本当にもったいないですね。

相手の力に、力で対抗していこうという気持ちを抑える、には「テニス」と向き合うこと。

相手のテニスには、何が有効なのかを冷静に考える。

自分のやるべきことに気付く、冷静になるには、何かを変えていかないと厳しいですよ。

 

3.相手の人格を否定しても、始まらない

タイプが2つに分かれると思います。

自分が普段、嫌っている、正直話もしたくないような人に、試合で「強いタイプ」と「弱いタイプ」。

あえて言いましょうか。

日本人のほとんどの方が、「弱いタイプ」だと思います。

自分が嫌いな人とは、もう試合すらしたくない。

勝っても嬉しく無いし、負けたら最高に悔しい。

そんな感覚、皆さんも経験したことありませんか?

でも、試合での対戦相手は選べませんからね・・・。

「弱いタイプ」を自覚出来たなら、テニスと人格を切り離しましょう。

テニスを倒すことに、何の感情も要らないはずですから。

 

4.メンタルが強い人は、視点を変えられる人

別に、どこかの寺で厳しい修行をしなくても大丈夫。

揺らがないメンタル、試合に強い気持ちは、視点を変えるだけで身に付きます。

これは、断言出来ます。

私自身、すごく自信も無いし小心者ですが、試合では「視点を変える」ことで結果的にメンタルが強い人、になれる。

「いやー勝負強いですねー」と試合後に言われても、視点を変えているだけなんだけどな・・・と。

こういう意識、大事だと思いますよ。

明日からでも、メンタルが強い人、には誰でもなることが出来るはずです。

 

私も・・・正直、います、苦手な人。

嫌いとまでは言えなくても、「この人には負けたく無いな・・・」という人。

だからこそ、よりテニスを見る。

つい、嫌いな人格の部分に意識が向きがち、ですからね。

テニスの世界って、狭いですから。

嫌な相手がいても、きっとこの先もずっと、試合をする可能性は高いと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. メンタル

    2-5ダウンの場面でも、「3セットマッチなら次のゲームは大事」その理由について

    3セットマッチ、皆さんの中で経験したことがある方はどの程度いるでしょう…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    結果を出せるテニス選手になりたければ、「うろたえ癖」を解消する必要があります

    テニスの審判やレフェリーの活動していたときに感じたのが、試合に強い選手…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    2-5でチェンジコート、ほぼアナタの負けは決定ですか?

    私たちの試合で多いのは、1セットマッチ。ほとんどが、この形式で…

  5. テニス ボレー

    メンタル

    「クレーコートでの試合が苦手・・・」な人に意識して欲しい、試合前の準備と覚悟とは?

    最近ではオムニコートがだいぶ増えてきましたが、元々日本に多かったのはク…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の中で「40-0、0-40でリードしても、ゲームを獲り切ることが出来ない・・・」人が意識…

    ポイント差がつくと、安心している訳ではないのにどこか気が抜けてしまう。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スライス

    スマッシュ

    「50cm以内のアウトのロブ」はスマッシュを打つ!で、試合に挑もう
  2. テニス 練習

    ストローク

    力んでストロークがアウトする人は、呼吸をコントロールして打てばコートに収まる
  3. テニス 準備

    戦術

    浅いボール、ストロークで振り切れてますか?
  4. テニス 環境

    メンタル

    テニスの試合では、「良い形でポイントを獲った」その後のポイントこそ重要です
  5. テニス ポーチ

    戦術

    試合の中で相手のブロックアウトを狙うのは、バレーボールだけじゃなくテニスも同じ
PAGE TOP