スマッシュ

決定力の無いダブルスペアが、変えるべきこと

ダブルスで、大事なポイントが取れない。

相手の粘りに屈してしまうペアは、今年まず何を変えていきましょうか。

私は、ポイント間での「ある準備」だけだと思います。

試合の中で、勝てるペアは実践しているシンプルな決めごと。

男子ダブルス、女子ダブルス、ミックスダブルス。

全てに共通する大事なポイント、です。

 
 

相手のロブを、どうするのか?

考えたくない、ですか?

相手がロブを上げて来る。

これは、ダブルスの試合なら必ずあるケースです。

特に、良いサーブが入ったり、攻撃が上手くいっている時に。

この時に、ロブをどうするのかをペアで決めておく、話しておく。

これが出来ないペアは、相手に逃げ道を与えてしまうんです。

前衛、の上をどうする?

雁行陣でも、並行陣でも。

前衛の上に上げられるであろうロブを、どうするのか。

基本的に前衛が打つのか、ペアがカバーするのか。

カバーするペアは、フォアハンド?バックハンド?

この判断は、どっちの声掛けから?

この辺りを整理しておくだけで、必ず結果は変わります。

相手のロブが、好物になる

こうなってしまえば、もうダブルスとして強いです。

ロブについて準備しているから、あとは食べてしまうだけなんですよね。

美味しく、相手のロブを頂く。

これを繰り返していると、スマッシュにも自信が生まれて来る。

そうなると、「ロブを上げさせれば、大丈夫だな」と思えるようになる。

そうなれば、もうアナタ自身ダブルスで結果が出ているはずです。



前衛に決定権を持たせよう

方針も、前衛が決める

私は、これがお勧めです。

前衛の選手が、この準備をリードしていく。

本人の調子、プレーの意欲、全てを加味して自分で決めるし、声掛けも前衛から。

なぜなら、ダブルスのペアは前衛に攻撃の優先権があるから。

この大前提のもとに、アナタ自身プレーしていく、ペアをリードしていく姿勢だが大事です。

自分で決めるから、しっかり動ける

「前衛の上は、自分で打つ!」と決めたなら。

きっと、しっかり動けますよ。

今までスマッシュが打てない、ロブを任せている人は、テニス自体が他人任せだから。

自分で決めていない、決定する勇気を表に出していないだけですから。

ペアでポイント間に決める、それだけでダブルスの決定力は変わります。

結論、スマッシュは強い

これが、私の持論です。

女子ダブルスでも、そう。

スマッシュは強い、だから打った方が良い。

後衛に任せていくスタイルなら、相当前衛は前を潰すかポーチに出る形、でしょう。

スマッシュを打って来ないダブルスペア、強そうに感じますか?

プレッシャーを感じますか?

きっと、相手はどんどんロブを上げて来る、逃げてOKのスタイルで楽にプレー出来るはず。

そうなってしまうと、もう勝てる試合も勝てません。

   

お勧めの練習法

1/2の確率で、ロブリターン試合

練習試合、この縛りでやってみましょう。

半分はロブ、でリターンする。

全部リターンだと、相手は前に来ないし意味が無い。

半分ロブ、だけでもかなりロブが多い相手、として良い練習になります。

コミュニケーションを練習すること

これが、一番の目的です。

自分のペアと、ロブをどうするのかを決めて、試合に入る。

サーブ側のペアとしては、試合で必要なことです。

このルーティーンに慣れること、が大事。

とにかく、試合ではロブが来ますからね。

「男子ダブルスには、必要無いな・・・」という方へ

本当に、必要無いですか?

試合でしっかり、相手のロブをポイントにつなげることが出来ているなら、何も言いませんが。

意外と、スマッシュミスしたり、ペアで連携ミス、あると思いますよ。

男子ダブルスこそ、こういう地味に見える設定練習、大事です。

相手のロブを打ち抜ければ、試合はもう勝ったようなもの。

しっかり、ペアとのコミュニケーション練習、しておきましょう。



決定力って、要は決断力。

決めて、断つ。

自分の弱い心を断つ、のがテニス選手としての成長です。

ダブルスペアでの決定力は、相手のロブをどうするのか、をしっかり決めて共通認識を持つこと。

そこから全ては、変わり始めます。

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう

    風が強い日のテニスの試合。結構、慎重になって逆にミスが多くなる…

  2. テニス 練習

    スマッシュ

    スマッシュのコース、「迷ったら逆クロス方向へ」で決めて打ち切るようにすれば振り切れます!

    試合の中で大事な場面、スマッシュを打てるチャンスが巡ってきた・・・。…

  3. テニス スライス

    スマッシュ

    バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう

    最近、バドミントンの日本勢の躍進がすごいですよね。近しいテニス…

  4. スマッシュ

    スマッシュのコースを隠したいなら、相手に背中を向けて構えよう

    スマッシュをしっかり決め切る、そのために打つコースを隠したい。…

  5. テニス サーブ

    スマッシュ

    身体を後ろに傾けて打つスマッシュ、が実は9割

    スマッシュを試合の中で打つイメージ、皆さんはどんな「身体の使い方」を想…

  6. テニス サーブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニスの素振りは、高い打点で行うことが大事
  2. テニス ボレー

    メンタル

    緊迫した試合終盤に、参加できるかどうか?が肝になる
  3. テニス メンタル

    戦術

    普段の練習で「綺麗なテニスコート」だけに慣れていると、いざ本番のコートでは苦戦す…
  4. その他

    「技術が足りない」という発想は、いかにも日本人らしい
  5. ストローク

    「スライス中毒に要注意!」テニスの試合で陥りやすいストロークの落とし穴
PAGE TOP