ダブルス

ダブルスのリターン側の前衛も、相手のファーストとセカンドに合わせてポジションを変えよう

ダブルスのリターン側の前衛、この動きがしっかり出来ている選手は間違いなく試合に強い。

4人の中で、実は一番役割があやふやになってしまうのがこのポジション。

相手のサーバーの実力、並行陣か雁行陣か・・・で、かなり役割も変わってくる。

まずは基本を確認して、しっかり守備力を重視。

そして場合によっては、並行陣にプレッシャーをかける動きを身に付けていきましょう!

 

ダブルスのリターン側の前衛も、相手のファーストとセカンドに合わせてポジションを変えよう

 


 

■サーバーのサーブ力でポジションを調整、がまず基本

男子ダブルスの試合で、かなり強力なサーブを持つペアと対戦するとき。

そんなときには、リターンの選手だけでなく前衛の選手も、後ろに下がってしまうのも有りです。

2人でベースラインに立って、まずはリターンを入れる。

前衛に捕まってもそこから粘るプレーでラリーを継続していくことが出来ますので、守備力が高い陣形と言えますね。

セカンドサーブになったらサービスラインくらいまで移動して、リターンから攻撃していくことも意識したい。

このファーストとセカンドで位置を変える、というのはダブルスの前衛の基本です。

 

■相手が並行陣を得意にしているサーブ&ボレーヤーなら、役割が大!

相手が並行陣を得意とする、サーブ&ボレーを仕掛けてくる相手であれば、しっかり前にポジションを取りたい。

味方ペアのリターン、しっかり足元に沈めていけるようであれば、ファーストボレーを攻撃していきましょう。

この息は、しっかりリターン側と合わせていけるよう練習しておきましょう。

前衛であるアナタのプレッシャーが無いと、サーブ&ボレーでどんどん攻撃的に押し込まれてしまいます。

リターン側の選手だけに任せておくのは、非常に危険です。

 

■相手ペアに、はっきり違うポジションを見せておく

相手ペアには、しっかりと「守備位置を変更している」ことをアピールしましょう。

「何か考えているな・・・ここは守備的にきたな・・・」という意識付けは、大事です。

いつも同じようにプレーする、ポジションも変えないなんて、もったいない話です。

テニスは基本的に、どこに立っても良い。

特にセカンドサーブのときにはサーバー側より優位に立てる、そのつもりでポジションを考えて試していきましょう!

 

リターン側の前衛の仕事は、まずサーバーにプレッシャーをかけること。

先ほど書いたようなサーブ&ボレーにはもちろん、ポジションを変えるだけでも、結構サーブ側は嫌なもの。

「セカンドサーブだし、攻撃されるな・・・」と思ったら、ダブルフォルトしてくれるかも知れません。

そんな心理戦、まずはポジショニングから仕掛けてみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    実力で劣る後輩を引っ張るダブルス、に必要な要素4つ

    ダブルスの試合、アナタ自身後輩を引っ張っていく試合もあるでしょう。…

  2. ダブルス

    ミックスダブルスに必要な、センターセオリーの考え方

    ミックスダブルスの試合、みなさんどう戦いますか?上手く女性を狙…

  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ストレートアタック、にこそスライスを使おう

    ダブルスの試合で、相手の前衛を狙う。この必要性は何度も書いてき…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスのパートナー選びは、実力より信用に尽きる

    ダブルスのパートナー、みなさんはどんな人と組んでますか?そのき…

  5. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルスの試合中に後輩を勇気付ける、先輩の一言集

    先輩とダブルスを組んで、試合に出る。学生ならよくあるシチュエー…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    「女ダブはこういうもの」が、アナタを弱くする

    女性の読者のみなさんの中には、熱心にダブルスに出ていらっしゃる方も多い…

特集記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ダラダラ並行陣、ハイ卒業!
  2. その他

    あるレベルからは、「自分の色を出していけないテニス選手」は淘汰される
  3. テニス サーブ

    ボレー

    今一度、基本から見直したい、「ファートボレーがグダグダになってしまう人」の改善策…
  4. テニス チャンス

    戦術

    「このゲームを取れば勝ち、」のゲームで、準備しておくべき4つの具体策
  5. テニス メンタル

    メンタル

    試合が終わっても、アナタのテニス選手としての仕事は終わってはいない
PAGE TOP