ダブルス

ダブルスのリターン側の前衛も、相手のファーストとセカンドに合わせてポジションを変えよう

ダブルスのリターン側の前衛、この動きがしっかり出来ている選手は間違いなく試合に強い。

4人の中で、実は一番役割があやふやになってしまうのがこのポジション。

相手のサーバーの実力、並行陣か雁行陣か・・・で、かなり役割も変わってくる。

まずは基本を確認して、しっかり守備力を重視。

そして場合によっては、並行陣にプレッシャーをかける動きを身に付けていきましょう!

 

ダブルスのリターン側の前衛も、相手のファーストとセカンドに合わせてポジションを変えよう

 


 

■サーバーのサーブ力でポジションを調整、がまず基本

男子ダブルスの試合で、かなり強力なサーブを持つペアと対戦するとき。

そんなときには、リターンの選手だけでなく前衛の選手も、後ろに下がってしまうのも有りです。

2人でベースラインに立って、まずはリターンを入れる。

前衛に捕まってもそこから粘るプレーでラリーを継続していくことが出来ますので、守備力が高い陣形と言えますね。

セカンドサーブになったらサービスラインくらいまで移動して、リターンから攻撃していくことも意識したい。

このファーストとセカンドで位置を変える、というのはダブルスの前衛の基本です。

 

■相手が並行陣を得意にしているサーブ&ボレーヤーなら、役割が大!

相手が並行陣を得意とする、サーブ&ボレーを仕掛けてくる相手であれば、しっかり前にポジションを取りたい。

味方ペアのリターン、しっかり足元に沈めていけるようであれば、ファーストボレーを攻撃していきましょう。

この息は、しっかりリターン側と合わせていけるよう練習しておきましょう。

前衛であるアナタのプレッシャーが無いと、サーブ&ボレーでどんどん攻撃的に押し込まれてしまいます。

リターン側の選手だけに任せておくのは、非常に危険です。

 

■相手ペアに、はっきり違うポジションを見せておく

相手ペアには、しっかりと「守備位置を変更している」ことをアピールしましょう。

「何か考えているな・・・ここは守備的にきたな・・・」という意識付けは、大事です。

いつも同じようにプレーする、ポジションも変えないなんて、もったいない話です。

テニスは基本的に、どこに立っても良い。

特にセカンドサーブのときにはサーバー側より優位に立てる、そのつもりでポジションを考えて試していきましょう!

 

リターン側の前衛の仕事は、まずサーバーにプレッシャーをかけること。

先ほど書いたようなサーブ&ボレーにはもちろん、ポジションを変えるだけでも、結構サーブ側は嫌なもの。

「セカンドサーブだし、攻撃されるな・・・」と思ったら、ダブルフォルトしてくれるかも知れません。

そんな心理戦、まずはポジショニングから仕掛けてみませんか?

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    手堅いボレーでしぶといダブルス、どうやって崩す?

    ダブルスの試合で、みなさんがぶち当たる壁。それは、手堅い並行陣…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    苦しい時こそ、動ける前衛に

    ダブルスの試合で、今年こそしっかり強くなりたい。結果を出したい…

  3. テニス 練習

    ダブルス

    シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ

    ダブルスの試合、シングルスが強い選手同士が組むとどうなるか。私…

  4. ダブルス

    ポーチに出ないと発生する、ダブルスでのデメリット5つ

    ダブルスの前衛は、動きましょう!これが、私からずっと発し続け…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの練習をより実戦的に行う為に、すぐに出来るアイデア5つ

    ダブルスの練習、意外とバリエーションが少なくてマンネリ化しがちですよね…

  6. テニス ストローク

    ダブルス

    ストレートアタック、にこそスライスを使おう

    ダブルスの試合で、相手の前衛を狙う。この必要性は何度も書いてき…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    ストレートアタック、にこそスライスを使おう
  2. テニス 練習

    ストローク

    「壁打ちでストロークを磨く」テニス独特の練習法を有効にする4つのコツ
  3. テニス コントロール

    メンタル

    強い相手との対戦こそ、まず自分をコントロールしないと試合にならない
  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分が何をしたいかよりも、「何を求められているか」について考えれば、まだまだテニ…
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスにおいて「ポーチからのアングルボレー」が打てない前衛は怖くない
PAGE TOP