テニス メンタル

リターン

「ダブルスの試合で、相手の並行陣を崩す!」為に必要な、リターン側の前衛の役割5つ

安定したネットプレーを得意にするダブルスプレイヤーは、並行陣で挑んでくることが多いですよね。

特にサーブからネットを取られる流れに乗せてしまうと、あっという間に試合が進んでゲームセットということに。

テンポの良いサービスゲームを崩すリターンゲームに必要なのは、どんな作戦でしょうか?

 

「ダブルスの試合で、相手の並行陣を崩す!」為に必要な、リターン側の前衛の役割5つ

 


 

1.クロスリターンを沈めた後のファーストボレーを仕留める

クロスへリターンを沈めることができる人は多い。

それでもその次のボールを仕留めにいけるペアがいないのは、とても残念なこと。

沈めることができればリターン側の前衛はどんどんネットに詰めてきます。

相手が「上」打って繋いでくるボールを仕留めにいかなければ、状況はどんどん不利になります。

クロスに沈めることは、リターンをするプレイヤーの責任。

リターン側の前衛はそれを信じて、前にチャージしていきましょう。

 

2.ファーストボレーをストレートへ誘うフェイントを入れる

1.でしっかりとプレッシャーをかければ、サーバーは当然ストレートへ展開するようになります。

そのタイミングを逃さず、ストレートへ誘うようにフェイントを入れましょう。

ポーチに行くと見せかけて、ストレート、つまり元いた場所に戻って相手のボールを仕留める。

ポイントは、ストレートに呼び込むときにも必ず前に詰めながらボールを捕えにいくこと。

よく、待っていることが「ストレートケア、呼び込むこと」という意識の人がいますが、それは違います。

前に行ってネットに近づかなければ、攻撃的なボレーができません。

 

3.後衛の選手がラリーの中で崩して、前衛が前で決める

後衛の選手がストローク、ロブを積極的に展開できれば、前衛はそれを仕留めるように動かなければいけません。

ストレートロブを触らせたり、またセンターへ沈めるボールを打った時には、リターン側も前衛が触りにいかなければもったいないのです。

後衛、つまりリターン側の選手にチャンスボールがきた際には、どう展開していくのか得意なパターンを作っておくと良いでしょう。

ショートクロス、ストレートへのスピンロブを触らせるのか・・・息の合った攻撃ができるよう、しっかり練習しておきましょう。

 

4.いつでもロブボレーの準備をしておく

前衛は、相手の前衛から攻撃される場面も多くなります。

特にサーブが強烈でリターンが甘くなった際には、まず守備を優先して構えなければなりません。

その際に、相手並行陣も弱点である上を使えるように、ロブボレー、ロブハーフボレーを打てるように準備しておきましょう。

相手は攻撃しているときには、上を使った反撃に弱い。

自分たちが並行陣で攻撃していく際にも、注意が必要です。

 

5.素早く攻撃的、守備的なポジションにも移れるようにする

前衛は、ポジショニングが8割、と言っても良いでしょう。

ラリーの中で、どれだけ細かいポジションチェンジ、調整がでいるかが勝負です。

上のレベルの試合になると、前衛もお互いに読み合いの心理戦。

攻撃的なポジションが必要だと感じた際には、ネットすれすれまで、しっかり前に動けるように。

ボールを打っていないときの動きで、差が出るのがテニスの実力です。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!

    リターンで攻撃したい、でも相手のサーブが・・・遅いしよく分からない回転…

  2. テニス リターン
  3. リターン

    スライスサーブを強打でリターン、もう崩壊寸前です

    対戦相手のサーブ、そんなに強そうじゃない。でも、なかなかブレイ…

  4. テニス ストローク

    リターン

    ダブルスの試合で踏み込んだリターンの後は、必ずポジショニングをハッキリさせよう!

    ダブルスの試合、に限らず・・・ですが、踏み込んだリターン、必要ですよね…

  5. テニス シングルス

    リターン

    デュースサイドを手堅く、アドバンテージサイドで冒険

    これは、私がシングルスの試合で考えていること。リターンをずっと…

  6. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスで、スライスのリターンが有効なコース5つ

    ミックスダブルスで、有効なリターン。それは、スライスを上手く使…

特集記事

  1. テニス 練習

    メンタル

    嫌いな練習ほど、真剣にやって早く終わらせてみたら?
  2. テニス テイクバック

    ストローク

    両手バックハンドストロークでは、「ボールをインパクトしたときのラケット面」をしっ…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    40-0の場面からは、3本連続ポーチで良いと思う
  4. テニス サーブ

    リターン

    しっかり肩が入ったサーブのフォームからは、センター狙いの可能性大
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの連続性は、「バックボレーの後の構え直し」のスピードにかかってくる
PAGE TOP