戦術

試合の現場で強い手堅さ、とは何か?

目次

テニスの試合の現場で、「この人は粘り強い…」と感じる機会はありますか?

対戦相手だったり、味方のペアだったり。

色々な方とテニスをしていると、みなさんも感じる機会は多いと思います。

その手堅さって、何から感じられるものなんでしょうか?

私はやはり、「迷いのない意志の強さ」だと思います。

技術も大事ですけど、逆に技術だけあっても「手堅さ」が感じられない相手は怖くないと思いますよ。

迷いはボールに宿る

私はずっと、プロの大会含めて審判やラインアンパイアの仕事をする機会が多かったので、感じてました。

迷って打ったショットのボールは、どこか弱い。

意志や意図が感じられないボールは、軽いんですよね。

もちろん、パッと見る球速はそこまで大差ないと思います。

でもサービスラインに弾むボール、ベースラインに弾むボール、試合の流れを見ながら考えると、ボールの重さが違ってくる。

「絶対にこう返すんだ!」と決めているボールは、やはり迷いが無いから強い。

ボールに宿る最後の強さみたいなものは、技量の問題じゃないんです。

「手堅くプレーする」という決めの問題と、あとはそれに即した自分の技量に合ったプレー。

これを大事に育てていくことが、私たち一般のテニスプレイヤーには大事な要素だと思います。

具体的に「手堅くプレーする」とは?

例えばストロークでも、しっかり回転をかけて軌道を高くする。

下がってのハイボレーでも、深く高く返球する。

こういうプレーが試合の現場で強い、ジワジワと相手に効いて来ますよね。

1つのやり方としては、しっかりと下半身の土台を作るというのが大事だと思います。

スタンスを広めに取って、腰を落とす。

目線も落として、目線の高さを変えない。

この当たり前のような姿勢を、練習から意識できるかどうか。

練習だとつい、スタンスが狭くなって腰が高くなるような方が多いでしょう。

手堅くプレーする場面、自分で強い意志を持てたなら「下半身の土台作り」は欠かせない。

その後の楽しみにもつなげるために、ここはしっかり耐えるという決意が大事ですね。

手堅い=最後の楽しみは攻撃

ただ返しているだけ、返球しているだけのテニスでは、試合で勝てません。

手堅いプレーとは言えないでしょう。

ミスを怖がって返すことに集中している相手は、怖くないんですよね。

手堅いプレーの最後には、「攻撃」という楽しみが残っている。

この切り替えが上手い選手こそ、本当に試合の現場で強い選手だと私は思います。

手堅いプレーを見せておいて、その後にしっかり攻撃につなげる。

こういう相手は、絶対に嫌じゃないですか。

攻撃が待っていると思うと、手堅い相手に無理をしてくれる相手も増えてくる。

まさに、狙っている展開ですよね。

ですから、ぜひ手堅いプレーの後にはしっかり攻撃も狙って欲しい。

そのチャンス、きっかけを、手堅いプレーの中から引き出していけるような練習をぜひ、みなさんも意識してみてください。

ずっと手堅く、手堅く…なんて、無理ですから。

自分から切り替え、メリハリのポイントを意識してプレーしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. 戦術

    試合をリードするから自由が生まれる、という発想を

    勝てない試合は、常に苦しい展開。どのゲームでも先行されるし、ゲ…

  2. テニス メンタル

    戦術

    アイツに任せておけば大丈夫!と頼られる選手は、どんな選手ですか?

    練習でも団体戦でも、「アイツに任せておけば大丈夫!」と思われている選手…

  3. テニス ストローク

    戦術

    作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう

    緊張感高まる試合、の中での決断。勇気が要りますよね。そ…

  4. 戦術

    その練習を、疑おう

    みなさんのテニスの練習、最近はどうですか?成長している、自分…

  5. テニス ハードコート

    戦術

    もうすぐ開幕の全米オープン前に確認したい、「ハードコートでのテニス」が難しい理由5つ

    予選が始まり、もうすぐ本戦の開幕を迎える全米オープン。4大大会…

  6. テニス 試合

    戦術

    「勝負に徹する人、そうでない人」の2種類しかいない

    何となく、試合で強い人、練習よりも試合で強さを発揮する人、皆さんの周り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    テニスはなぜ、残酷な競技なのか?
  2. テニス テイクバック

    ストローク

    硬式テニスでの「両手バックハンドの武器を最大限に活かす」為に必要な、グリップを握…
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「追い込まれそうなとき」こそ相手のポジションを確認しよう!
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝てない人には共通点がある」アナタ自身でチェックして欲しい項目5…
  5. テニス 確率

    サーブ

    ダブルフォルトが多い人は、「ファーストとセカンドの差」が大き過ぎ
PAGE TOP