戦術

試合の現場で強い手堅さ、とは何か?

テニスの試合の現場で、「この人は粘り強い…」と感じる機会はありますか?

対戦相手だったり、味方のペアだったり。

色々な方とテニスをしていると、みなさんも感じる機会は多いと思います。

その手堅さって、何から感じられるものなんでしょうか?

私はやはり、「迷いのない意志の強さ」だと思います。

技術も大事ですけど、逆に技術だけあっても「手堅さ」が感じられない相手は怖くないと思いますよ。

迷いはボールに宿る

私はずっと、プロの大会含めて審判やラインアンパイアの仕事をする機会が多かったので、感じてました。

迷って打ったショットのボールは、どこか弱い。

意志や意図が感じられないボールは、軽いんですよね。

もちろん、パッと見る球速はそこまで大差ないと思います。

でもサービスラインに弾むボール、ベースラインに弾むボール、試合の流れを見ながら考えると、ボールの重さが違ってくる。

「絶対にこう返すんだ!」と決めているボールは、やはり迷いが無いから強い。

ボールに宿る最後の強さみたいなものは、技量の問題じゃないんです。

「手堅くプレーする」という決めの問題と、あとはそれに即した自分の技量に合ったプレー。

これを大事に育てていくことが、私たち一般のテニスプレイヤーには大事な要素だと思います。

具体的に「手堅くプレーする」とは?

例えばストロークでも、しっかり回転をかけて軌道を高くする。

下がってのハイボレーでも、深く高く返球する。

こういうプレーが試合の現場で強い、ジワジワと相手に効いて来ますよね。

1つのやり方としては、しっかりと下半身の土台を作るというのが大事だと思います。

スタンスを広めに取って、腰を落とす。

目線も落として、目線の高さを変えない。

この当たり前のような姿勢を、練習から意識できるかどうか。

練習だとつい、スタンスが狭くなって腰が高くなるような方が多いでしょう。

手堅くプレーする場面、自分で強い意志を持てたなら「下半身の土台作り」は欠かせない。

その後の楽しみにもつなげるために、ここはしっかり耐えるという決意が大事ですね。

手堅い=最後の楽しみは攻撃

ただ返しているだけ、返球しているだけのテニスでは、試合で勝てません。

手堅いプレーとは言えないでしょう。

ミスを怖がって返すことに集中している相手は、怖くないんですよね。

手堅いプレーの最後には、「攻撃」という楽しみが残っている。

この切り替えが上手い選手こそ、本当に試合の現場で強い選手だと私は思います。

手堅いプレーを見せておいて、その後にしっかり攻撃につなげる。

こういう相手は、絶対に嫌じゃないですか。

攻撃が待っていると思うと、手堅い相手に無理をしてくれる相手も増えてくる。

まさに、狙っている展開ですよね。

ですから、ぜひ手堅いプレーの後にはしっかり攻撃も狙って欲しい。

そのチャンス、きっかけを、手堅いプレーの中から引き出していけるような練習をぜひ、みなさんも意識してみてください。

ずっと手堅く、手堅く…なんて、無理ですから。

自分から切り替え、メリハリのポイントを意識してプレーしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. ※満員御礼【女子ダブルス 八木コーチ レッスン&ゲーム会】1/16(月…
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう

    緊張感高まる試合、の中での決断。勇気が要りますよね。そ…

  2. 戦術

    アナタのテニスウェアは、相手にどう見られているだろう?

    少しでも、気にしたことはありますか?私は、結構気にしています…

  3. 戦術

    コートと喧嘩しちゃ、試合に勝てない

    「あ、この試合は勝ったな」と思う瞬間。色々ありますが、私は相…

  4. テニス 技術

    戦術

    「若手技術」は、試合で使っていかないと育たない

    皆さんは今、育てている技術、ありますか?私は今、ロブをまた一か…

  5. テニス 目

    戦術

    テニスが上手い選手は、試合中に常に何かを狙っている

    試合が強い選手は、まず目が鋭い。すごく何かを狙っている雰囲気、…

  6. 戦術

    上手い人は、逃げるように攻めてくる

    そんなに強いショットで攻められた訳じゃないのに、気が付いたら負けている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 陸上

    フットワーク

    「テニスコートは微妙な広さ」テニスの試合では、ひたすら走り続けても勝てません
  2. テニス 打点

    メンタル

    自分の実績を気にしてるのは、自分だけ
  3. テニス 守備

    ストローク

    ボレーヤーに対してストロークが浮いてしまうのは、「アナタのストロークの回転量」が…
  4. テニス セルフジャッジ

    シングルス

    「相手のミスを引き出すポイント」と「攻撃していくポイント」を分けれてる?
  5. テニス知識

    寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
PAGE TOP