テニス ストローク

ダブルス

雁行陣でドロップショットを打たれたら、どちらの選手が拾うのが良い?

ダブルスの試合、まず基本は雁行陣。

初心者の方も、最初に習ってやってみるのはこの陣形、ですよね。

後衛がベースライン、前衛がネット近くに立つこの陣形。

もちろん弱点は、後衛の前のスペースと前衛の後ろのスペース。

今回は、後衛の前のスペースの守り方について考えてみましょう。

 

雁行陣でドロップショットを打たれたら、どちらの選手が拾うのが良い?

 

1.雁行陣の弱点、気付いてますか?

意外と、危機感が薄いように思います。

後衛の前のスペース、前衛の横に大きく空いた場所。

ここに浅いボールやアングルショットを打たれると、雁行陣は弱い。

相手も、意図せずドロップ気味のショットを打って来たりしますからね。

相手のボールは浅いと、ストロークラリーの中で急にピンチ!になったりする方、いませんか?

この後衛の前のスペース、のボールをどう処理するのか?は、しっかり考えておかないとダメ。

今回は、一つの基準を示しておきたいと思います。

 

2.前衛より前にバウンドするなら、前衛が取りに行こう!

これが、私の考えです。

前衛よりも前にバウンドする、かなり浅い位置に落ちるボールは、もう前衛が触りに行った方が良い。

後衛の選手が、よほど足が速ければ届くでしょうが、普通の選手なら難しい。

前衛の選手が追いかけて、後衛は逆サイドをケアするようにチェンジしましょう。

バウンドする地点によって、前衛が素早く判断すること、が大事。

間違っても、2人で追いかけるようなことはしないように。

しっかりと分担して、素早くチェンジしましょう。

前衛よりも後ろにバウンドするような軌道なら、しっかり後衛が前に走って打つ。

そのまま、並行陣に持ち込むくらいの覚悟で、アプローチしていきましょう。

 

3.後衛の選手は、「浅さ」を見極め辛い

実は、後衛の選手は結構これが出来ない、ことが多いです。

相手が打った瞬間、にボールの深さを判断するのは結構難しいですよね。

「これは浅い!」と思ったら、前衛からしっかり動いていく。

後衛は、前衛が反応しないなら、自分!という感じでも良いでしょう。

声を出しても良いですが、前の選手が後ろの選手に声を出すのは結構難しいですからね。

しっかり、このあたりをペアで話し合っておくこと、が大事です。

雁行陣にとっての泣き所、はチャンスでもあるのですから。

 

4.雁行陣の弱点、はそのままチャンスになる!

きっと、この発想がアナタのダブルスを強くします。

雁行陣の浅い場所、に打たれたボールから、しっかり攻撃していくこと。

これが出来れば、試合には強くなる。

前衛が触るなら、しっかり相手前衛を攻撃する。

後衛の選手が触るなら、クロスへ展開して並行陣、前にプレッシャーをかけていく。

この基本が、しっかり出来ているかどうか。

弱点のままなのか、それを武器に出来るのか。

この違いは、マイナスからプラス、ですから大きいですよ。

 

雁行陣でプレーするペアのみなさんも、きっとここから崩れているペア多いと思います。

後衛の前のスペースを使われて、前におびき出されたような感じ、から攻撃される。

弱点は、少し変えれば攻撃の起点になる。

このことは、ぜひ覚えておいて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    「格上ペアにも諦めない!」テニスのダブルスで大切なポイント4つとは?

    大会にエントリーすれば、避けて通れないのはシード選手・競合ペアとの対戦…

  2. テニス 団体戦

    ダブルス

    ダブルスの試合、ペアで会話するなら対戦相手についてが基本

    ダブルスをどう戦うのか、についてペアと相談する。ポイント間でも…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスのパートナー選びは、実力より信用に尽きる

    ダブルスのパートナー、みなさんはどんな人と組んでますか?そのき…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルス並行陣を検討中のアナタへ」テニスの試合で強みを発揮するのはディフェンス力

    「ダブルスで並行陣を教えたいんだけど・・・」という質問を受けた。…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「自分で決めるより、パートナーが決める方が嬉しい」と思えるように

    ダブルスの試合が上手い選手は、この感覚を持っている。「パートナ…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    2バックで粘るダブルスは、「深いセンターへのボレーとアングルボレー」を組み合わせて崩そう!

    私が学生時代に経験して、衝撃だったこと。それは、体育会テニス部…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 客観視

    フットワーク

    「テニスの試合で、手抜きは悪いこと?」自分の体力をコントロールするには意識改革が…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で一番疲れるのは、セカンドサーブであることを証明する5つの事実
  3. テニス テイクバック

    ストローク

    「片手バックから両手バックへ」テニスの技術は終わり無き模索の連続です
  4. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを勘違いしている人は、「頭の後ろでボールをこすってばかり」だから入ら…
  5. テニス 部活

    メンタル

    対戦相手のテニスと人格は、切り離して考えることが一番
PAGE TOP